ブログトップ
仏大統領「日本のいない安保理はばかげている」
仏大統領「日本のいない安保理はばかげている」

 【パリ=佐々木類】欧州歴訪中の安倍晋三首相は12日夜(日本時間13日未明)、パリ市内の大統領府でシラク大統領と会談した。

 安倍首相は国連安全保障理事会の改革について「主要国の考えを聞きなが柔軟に具体案を検討したい」と表明し、日本の安保理常任理事国入りに支持を求めた。シラク大統領は「日本のいない安保理はばかげている。日本の安保理入りを強く支持する」と述べた。

 また、両首脳は自由や民主主義、法の支配といった基本的価値観を共有した両国が、戦略的パートナーとして国際社会の諸課題に協力して取り組むことで一致した。

 安倍首相は北朝鮮の核・ミサイル開発、拉致問題について「断じて容認できない。国際社会が一致して圧力をかける必要がある」と強調。シラク大統領は「日本の立場を完全に支持する。拉致問題については日本の思いと怒りを(フランスも)共有する。全面的に協力していく」と応じた。

 しかし、欧州連合(EU)内で中国に対する武器禁輸の解除が検討されていることに関連し、安倍首相は解除に反対する日本の立場に理解を求めたが、解除に前向きとされるシラク大統領は回答を避けた。

 両首脳は日本と北大西洋条約機構(NATO)の関係強化の動きに関連し、日仏両国や日EUの対話を緊密に行っていくことを確認した。

(2007/01/13 09:40)
[PR]
by unkotamezou | 2007-01-13 09:40 | 政治 行政 立法