ブログトップ
<   2010年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧
京大生が支那人強盗を取り押さえる

 27日午前3時10分ごろ京都市左京区岡崎円勝寺町のコンビニに男が押し入り「強盗や金を出せ」と男性店員(23)を包丁で脅した。

 店員はアルバイトの京大生で男がカウンター内に入りレジに手を伸ばしたすきに後ろから飛び付いて取り押さえた。店長(24)が包丁を取り上げ川端署に引き渡した。同署は強盗未遂容疑で男を現行犯逮捕した。

 店員の京大生は長崎県出身。どうせ殺されるならお金を取らせないよう抵抗しようと思ったと話した。

 同署によると逮捕されたのは京都市北区大宮東脇台町中国籍で自称アルバイト朱亦寧容疑者(38)。同署に対し借金が返せなくてやったと話しているという。

平成二十二年一月二十七日午後一時九分

京大生が支那人強盗を取り押さえる
[PR]
by unkotamezou | 2010-01-27 13:09 | 事件 犯罪 司法
ハイチ大地震の被災者に千羽鶴を

「家族を失った人たちに1人じゃないことを伝えたい」

 ハイチ大地震で被害を受けた人たちに、千羽鶴を贈って元気になってもらおうという動きが、インターネットの会員制コミュニケーションサイトミクシィで広がっている。呼びかけ人の会員の元にはすでに全国から鶴が多数寄せられており、今後、非政府組織などを通じて被災地に送られることが検討されている。

 清瀬市のアクセサリー作家、中村ゆりさん(34)は今月中旬、長男の風汰くん(4)と一緒に、ハイチの地震被害者たちに心を込めて千羽鶴を折った。羽の部分には、復興と回復への思いを込め、ローマ字で自分たちの名前を書いた。

 中村さんは地震が起きた直後、日本赤十字社を通じて現地に義援金を送った。しかし、テレビでは毎日、多くの人々が倒壊した建物のがれきの下に取り残され、食料を求める人々の様子が映し出される。「日本にいて、何も助けられない自分がもどかしかった」という。

 そんなとき、参加しているミクシイの会員が、鶴を折ってハイチに送ろうとしていることを知った。「これなら日本にいる自分にもできる」。そう思った中村さんは早速、千羽鶴活動に参加することにした。

 近所の友人らに声をかけて鶴を集め、近く呼びかけ人でワクワククリエーターのみぃやさん(21)大阪府吹田市の元に送る意向だ。

 みぃやさんは今年初旬、兵庫県淡路市の北淡震災記念公園を訪ねたとき、海外の人たちが手形を寄せてくれていたことに感銘を受けた。その直後にハイチで地震が起き、ミクシイ上で友人に何かができないか問いかけたところ、千羽鶴のアイデアをもらったという。

 折り紙は7・5センチ四方のものに統一し、思いを伝えるため、1人1つの鶴に限定して募集していることを今月15日、日記に書いたところ、全国から多くの反響が寄せられた。そこで、みぃやさんはすぐに友人に協力を呼びかけ、事務局が関東や中部など全国に5支部を設置した。

 「食糧不足の中で、千羽鶴を集めても、しようがないとの批判もあった。でも被害者の中には、家族を失って悲しんでいる人が多くいる。そんな人たちに国は離れているけれど、鶴を贈ることで、1人じゃないよという気持ちを伝えたかった」と、みぃやさん。

 集められた鶴は糸でつなげて千羽鶴にし、ハイチの情勢が落ち着いたころに、非政府組織などを通じて現地に届けたい意向だ。

平成22年1月26日11時37分

ハイチ大地震の被災者に千羽鶴を ミクシィで広がる支援の輪
[PR]
by unkotamezou | 2010-01-26 11:37 | 事故 災害
「平城京セレブのデザート」古代の乳製品「蘇」が人気

 平城遷都1300年を迎えた奈良県で奈良時代の味覚を楽しみたい。そんな要望に応え、葛城市の酪農家でつくる農事組合法人「ラッテたかまつ」で古代の乳製品「蘇」が生産されている。また、蘇を使ったキャラメルの新商品もラインアップされた。

 蘇は、古代の貴族がデザートや薬用に食したとされ、文武天皇4(700)年には作られていたことが文献資料で確認されている。平城京跡(奈良市)から出土した木簡などから、全国から献上されていたことも知られている。

 そんな古代の高級品を気軽に味わってもらおうと、ラッテたかまつ代表の高松久仁子さん(63)が、奈良文化財研究所飛鳥資料館などが文献資料から推定した製法で復元した。「ミルクを煮詰めるシンプルな製法ですが、仕上げに苦労しました」と高松さん。

 蘇はチーズにもたとえられるが熟成の工程がなく、発酵食品特有のクセはない。ミルクを凝縮した自然の甘味が広がり、上品な余韻が残る。

 昨年秋から4センチ角(700円)を販売しているが、一口サイズ4個入りも発売予定。蘇が入った最中アイス(1個300円)や今冬の新商品「大和茶の蘇入り生キャラメル」(7粒入り500円)も。大和盆地を見渡せる牧場近くの「山の喫茶店 夢ラッテ」で販売している。問い合わせは、ラッテたかまつ(電話 0745 62 3953) 。

平成22年1月25日15時53分

「平城京セレブのデザート」、古代の乳製品「蘇」が人気
[PR]
by unkotamezou | 2010-01-25 15:53 | 歴史 傳統 文化
Bento 格好いい 弁当がパリで人気

 食事を楽しむ文化が根強いパリで、日本製弁当箱に料理を詰める Bento が「格好いい」と注目されている。手弁当派が増えている背景には、健康志向や経済性がある。さらにフランスでは日本の漫画が大人気で、弁当が登場する場面の多さからか、書店にまで弁当箱コーナーが特設される盛り上がりようだ。

 パリ中心部にある日本漫画専門の書店 komikku。フランス語版が並ぶ一角に、日本から輸入した弁当箱の売り場がある。色とりどりのプラスチック製弁当箱が並んでいたのはカギ付きのショーケース。客が求めると、店員が高級品を扱うように大切に取り出し、使い方を説明する。

 価格も割高。パリで人気の高いキャラクターの「ハローキティ」が描かれた弁当箱は、円換算で日本の三倍以上の四千五百円前後もする。

 「パリジュンク堂書店」も弁当箱コーナーを特設した。「フランスには機能的でかわいい弁当箱がないので、ニーズに応えて置いています」と日本人の店員。

 ネット上では、日本の漫画やアニメで弁当が登場する場面を集めたフランス人のブログがある。好きな人のために作る、友人と学校で食べる、親の手弁当に涙する…。確かに弁当のシーンは多い。日本の漫画を読んでいるうちに「Bento を食べたい」と思うフランス人が増えるというのもうなずける。

 人気のすそ野は広い。フランスの女性誌 Elle も Bento はサンドイッチより格好よくて健康的と特集。ご飯やパスタ、スープ、サラダを使った弁当用献立を紹介している。

 ところで、フランスにはそもそも弁当はないのだろうか。NHK語学番組の講師や文化アドバイザーを務めるフランス人、ジェニファージュリアンさん=東京在住=に尋ねると「密閉容器にサラダなどを入れる『ガメル』という習慣はある。昔はそれとパンが肉体労働者の昼食。数年前までは『ダサイ』と感じる人も多かった」との答えが返ってきた。

 それが昨年、フランス発の「料理学校がガメルクラスを開講」「一割五分の人が職場にガメル持参」とのニュースを聞き、驚いたという。

 なぜ今、弁当なのか。自身も半年前から夫の弁当作りを始めたというジュリアンさんは「安心安全を気遣う健康志向はパリも日本も同じ。世界的不況の中で外食するより節約したいという気持ちも変わらない。その上でおいしく楽しく食べるには、手弁当が一番と考える人が増えたのでしょう」とみる。

平成22年1月23日(土)17:30

BENTO 格好いい 日本製弁当箱 パリで人気 漫画、健康志向が影響?
[PR]
by unkotamezou | 2010-01-23 17:30 | 自然 生活 社會 医療
緑提灯 保育園でも掲げます 国産食材五割超の証し

 「日本の農林水産業を応援しよう」と、食材の5割以上を国産にしている飲食店などの軒先に下げられている「緑提灯」。賛同する全国2500余りの店舗や施設の中に幼稚園保育園計5カ所が含まれている。東日本の保育園で唯一、緑提灯を掲げる「扇の森保育園」(埼玉市西区)は「保護者や園児に国産食材の良さを説明するきっかけになっている」といい、赤提灯ならぬ緑提灯を掲げる園が増えそうだ。

 緑提灯は、元農林水産省職員で、中央農業総合研究センター所長の丸山清明さん(62)が飲み仲間らと発案。平成17年から賛同店などへ配り始め、現在は1万円程度の実費で提供している。国産地場産の使用率を店側の自己申告により星の数で示し、最高は使用率9割以上の五つ星。

 扇の森保育園は19年夏、支那産の冷凍枝豆から基準値以上の農薬が検出されたとの報道を受け、園での食事に使う野菜や米の9割以上を国産や自家栽培に切り替えた。昨年10月に緑提灯の存在を知り、すぐに入手したという。栄養士の渡辺怜子さん(31)は「緑の提灯は目を引くので、興味を持った保護者に国産の良さを説明するきっかけになる」。長女と長男を預ける母親(34)は「仕事が忙しくて冷凍食品に頼りがちだけど、園で安心なものを食べさせてくれてありがたい」と歓迎する。

 このほか、自前の田畑を持つ鹿児島、福井、福岡県の保育園と鳥取県の幼稚園が緑提灯を掲げる。丸山さんは「保育園の参加は全く想像しなかった。改めて食べることの大切さを教えられた」と話す。緑提灯を掲げる店や施設は21日現在で計2533カ所あり、畳店や生花店、建設会社もある。問い合わせは事務局の水島明さん (090-3540-5403) へ。

平成22年1月22日12時24分

緑提灯 保育園でも掲げます 国産食材5割超の証し
[PR]
by unkotamezou | 2010-01-22 12:24 | 産業 經濟
都立校で国史が必修科目へ

 東京都教育委員会は一部の都立高校で早ければ平成23年度から、現在、選択科目となっている日本史を必修科目とする方針を決めた。都教委は最終的にすべての都立高校への導入を目指している。

 現行の学習指導要領では「地理歴史」のうち、必修科目は世界史だけで、日本史と地理については選択科目。平成25年度からの新学習指導要領でも必修は世界史のみとなっている。ところが、都立高校の半分ではすでに校長判断で日本史を必修科目となっており、都教委はこれまで文部科学省に対して日本史を必修化するよう要望する一方、独自に日本史の必修化を目指していた。

 都教委は「国際社会に生きる日本人としてのアイデンティティーを形成するため、発達段階に応じた日本の歴史を学ばせる必要がある」としている。

 日本史の必修化はこれまでに神奈川県と横浜市が導入を決めている。

平成22年1月22日7時57分

都立校で日本史が必修科目へ
[PR]
by unkotamezou | 2010-01-22 07:57 | 教育 學問 書籍
台湾有情 ここは日本?

 筆者一面コラム「東亜春秋」(十二月九日付)で台湾の若者の日本語レベルの高さを紹介したところ、戦前の日本語教育を受けた世代を中心とする日本語サークルが先週末催した忘年会に招待された。出席者は百三人にのぼったが、全員が日本語だけを話す宴会場では、まるで東京に一時帰国したような錯覚にとらわれた。

 旧暦の台湾では二月十四日が元旦。ひと足早い忘年会の招待主は「友愛グループ(張文芳代表)」。「美しく正しい日本語を台湾に残そう」と平成四年に台北で発足したサークルだ。

 台湾人7人と賛助会員の日本人3人でスタートしたが、今や約160人にのぼる。

 月例会のため自前の教材を作り、昼食を含めて4時間も朗読や文章表現、漢字などの勉強を続けている。

 平均年齢は75歳と高齢だが、今年も入会者が4人と会員数は増える一方。戦前生まれの高齢者人口が先細りの中で、友愛グループの盛況ぶりは日本人としてうれしい限りだ。

 忘年会では綾小路きみまろのライブビデオを上映したが、日本人しか分からないはずの夫婦の微妙な会話や中高年への風刺に爆笑が絶えない。「そうだ、この人たちは日本人として生まれ育ったんだ!」と腑に落ちる思いがした。

 日本語世代が若者の日本語の土台でもある。大学生の日本語コンテストでは、おじいさん、おばあさんとの日本語のやりとりをテーマにしたスピーチもあった。日本語世代の一層の活躍を祈りたい。(山本勲)

平成二十二年年一月二十一日(木)午前八時五分

【外信コラム】台湾有情 ここは日本?
[PR]
by unkotamezou | 2010-01-21 08:05 | 歴史 傳統 文化
ハイチ大地震「医療」貢献で存在感示せ

 「西半球の最貧国」といわれるハイチの大地震から1週間が経過した。現地の惨状は、都市を直撃する直下型地震の破壊力のすさまじさとともに、貧困による脆弱な社会基盤が災害の大きな拡大要因であることを見せつけている。

 瓦礫に埋もれた人の救出がいまも続く一方で、道路は寸断され、水も食料も被災者になかなか届かない。治安や衛生状態の悪化は目を覆うばかりで、感染症の流行も懸念されている。疲弊した人たちの生命は、さらに脅かされている状態だ。

 ハイチには「山の向こうには山がある」という古い諺がある。悲惨な現実を乗り越えたとしても、その先にはより厳しい試練が待っているだけだという。その諺を地で行くような現実の中で唯一、見いだしうる希望があるとすれば、それは国際社会が強い支援の意思を継続的、具体的に示していくことだろう。

 大統領府まで崩れ、国連の平和維持部隊も大きな打撃を受けるという困難の中で、各国の支援チームが続々と現地入りし、救援活動を続けている。

 日本からも国際緊急援助隊の医療チームが派遣され、すでに活動を開始している。その空輸を担当した自衛隊機は帰路、現地から米国への避難民輸送にも役立てられた。さらに自衛隊の医療チームの追加派遣も決まっている。

 経済界とNGO、政府が協力して緊急援助を進める国際人道支援組織日本プラットフォームも参加NGOが初動調査に入るなど活動を開始した。

 初動の動きは必ずしも鈍くなかったのに、日本の存在感が希薄だったのは政治の指導力が欠けていたからだろう。人道的に重大な危機に際し何よりも大切なのは、指導者が真っ先に支援の意思を示すことだ。この1週間を振り返ると、政権交代によって、そのアピール力はむしろ劣化したのではないかと感じられる。

 中米のハイチは地理的にも政治的にも米国との関係が深い。緊急支援も当然、米国の圧倒的な人員と物量が中心を担うだろうが、災害現場のニーズは多様である。さまざまな枠組みを生かし、刻々と変わる現場の要請に対応できる柔軟な活動が求められる。

 その面では、保健医療分野の日本チームの能力は定評があるだけに、政治の指導力の不在を補って余りある貢献を期待したい。

22/01/21 08:03

ハイチ大地震 「医療」貢献で存在感示せ
[PR]
by unkotamezou | 2010-01-21 08:03 | 自然 生活 社會 医療
ハイチ大地震「医師として多くの仕事がある」最後に安否が確認された邦人

 「ハイチには医師としてやらなければならない仕事がたくさんある。今はなおさらだ」。大地震に見舞われたハイチで、同国生まれの在留邦人で最後まで安否が確認されなかった整形外科医、小田ムックアカさん(31)が18日、共同通信の取材に応じた。

 首都ポルトープランスの大病院で地震直後から負傷者らの手当てを続ける小田さんは、母親が日本人、父親がハイチ人で、国籍は日本だ。

 12日の地震発生時は友人宅にいたが、自宅に帰って父親の無事を確認し、すぐに病院に駆けつけた。2日間寝ないで働き、その後も毎日、朝から夜まで患者の治療に当たる。

 現地の日本大使館は地震で損壊し閉鎖中だったため、無事を伝えられなかった。17日夜、大阪府富田林市に住む母親フクコさんにようやく電話が通じたという。

22/01/19 11:41

ハイチ大地震 「医師として多くの仕事がある」 最後に安否が確認された邦人
[PR]
by unkotamezou | 2010-01-19 11:41 | 自然 生活 社會 医療
ハイチ大地震 「まったく人手が足りない」日本医療隊の闘い始まる

 「患者があふれ、まったく人手が足りない」-。ハイチ大地震の被災地に派遣された日本の国際緊急援助隊医療チームは18日、首都ポルトープランス西方のレオガンで医療活動を始めた。殺到する重傷者、命を落とす患者、泣き叫ぶ子どもたち。劣悪な環境と限られた装備の中で、日本の医師と看護師の闘いが始まった。

 汚れた包帯を外すと、男性の左足首から下は完全に砕けていた。傷口にわっとハエがたかる。野戦病院のようなテント内は猛暑だ。隣のベッドでは子供の頭の裂傷を消毒しながら医師が「かわいそうだが、これぐらいしかしてやれない」。別の看護師は「先生、この男性を先にお願い。ショック状態です」と声を張り上げた。

 治療のかいなく男性の1人が死亡。妻とみられる女性が「オーッ、オーッ」と泣き叫んだ。

22/01/19 11:08

ハイチ大地震 「まったく人手が足りない」 日本チームの闘い始まる
[PR]
by unkotamezou | 2010-01-19 11:08 | 自然 生活 社會 医療