ブログトップ
<   2008年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
高校生の「国際物理五輪」、日本代表三人が金・銀・銅獲得

 世界の高校生が物理分野の知識と思考力を競う「国際物理オリンピック」がベトナム・ハノイで開かれ、日本代表5人のうち3人が金銀銅の各メダルを獲得した。

 27日夜、発表された。大会は82か国・地域の計370人が参加。20日から物理の理論と実験の試験に取り組んだ。

 日本代表の受賞者は次の通り(敬称略)。▽金=灘高3年・村下湧音(18)▽銀=筑波大付属駒場高3年・松元叡一(18)▽銅=広島大付属福山高3年・吉田周平(18)

20年7月28日11時19分 読売新聞

高校生の「国際物理五輪」、日本代表3人が金・銀・銅獲得
[PR]
by unkotamezou | 2008-07-28 11:19 | 教育 學問 書籍
日本代表全員が数学五輪で金銀銅、「化学」は全員が銅

 世界の高校生などが参加した「国際数学オリンピック」と「国際化学オリンピック」の結果が21日、発表された。

 スペイン・マドリードで開かれた数学五輪では、日本代表6人全員がそれぞれ金メダル2個、銀3個、銅1個を獲得。ハンガリー・ブダペストでの化学五輪でも、4人全員が銅メダルを獲得した。

 参加者は数学五輪が97か国・地域の535人、化学五輪は66か国・地域の257人。メダルは成績順に上位の一定割合で配分。数学は筆記試験の上位47人が金、次の100人が銀、次の120人が銅を受賞。化学も筆記と実験でほぼ同様に上位6割が受賞する。

 日本の受賞者は次の通り(敬称略)。

 数学▽金=灘高3年・関典史(18)、筑波大学付属駒場高2年・副島真(16)▽銀=灘高3年・浅野知紘(17)、同2年・今村志郎(16)、開成高2年・保坂和宏(17)▽銅=筑波大学付属駒場高2年・滝聞太基(16)

 化学▽銅=灘高3年・東星一(17)、同・福井識人(18)、駒場東邦高2年・小沢直也(17)、仙台第二高3年・鈴木裕太(17)

20年7月21日22時14分 読売新聞

日本代表全員が数学五輪で金銀銅、「化学」は全員が銅
[PR]
by unkotamezou | 2008-07-21 22:14 | 教育 學問 書籍