ブログトップ
<   2008年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧
天皇皇后両陛下のご健康問題について

 天皇陛下には、前立腺がんの再発に対するご治療として、平成十六年七月よりホルモン療法をお続けいただいておりますが、現在のところマーカーは完全に抑制されています。しかし、定期的な皮下注射というご負担をおかけしており、このたびの定期検査の結果、ホルモン療法の副作用としての骨密度の低下傾向が明らかになりました。このまま放置すれば骨粗鬆症に至ることは明白です。両陛下は、これまでも、早朝のお散歩や、テニス等の御運動をなさっておられますが、このような骨密度の低下に歯止めをかけるために、これらの御運動に加えて、これからは一定の時間を優先的に運動療法のために確保していただく必要があります。

 運動療法の具体的メニューについては現在専門家の意見に基づいて作成中です。

 また、皇后陛下については、先月後半にめまいなどのご症状があり、これらをお身体からの「警告」と考えるべきであるとし、定期検査にて精査を行うと発表したところです。その数日後に発熱されたために検査スケジュールの変更があり、ごく最近一応の精査を終了したところです。その結果、めまいについては特異的な疾患は否定できました。けれども、原因不明のめまい感は現在でも断続的に続いています。平成十七年の愛知万博の頃に生じた頸部のお痛みは克服されましたが、頸椎及び脊椎の変形に伴う胸背部鈍痛が今も不定期におありになり、大腸の疾患は完治しましたが、胃の所見は、一昨年と変わらず、注意を要する状況が続いております。

 従って、先に述べました「警告」はいまだに継続している状態であり、今後とも、こうした「警告」を勘案しつつ、御日程を作成することが肝要と考えます。

平成二十年二月二十五日:皇室医務主管

 ただ今、皇室医務主管から説明のあった両陛下の御健康問題に関して、取りあえず、以下のことを考えています。

一、天皇陛下の御健康については、 金沢医務主管が述べた通り、現在、運動療法の具体的なメニューを作成中ですが、今後規則的に運動療法を実施するべく一定の時間を確保するよう、従来の御日程のパターンを一部見直す必要があると考えています。

 また、皇后陛下の御健康については、金沢医務主管が述べた「お身体からの警告」を受けとめつつ、今後の御日程を作成していきたいと考えています。

二、宮中三殿の工事の完了に伴い、三月末からは、宮中祭祀が宮中三殿で執り行われることになります。昭和の時代にも、次第にお年を召されつつあった昭和天皇の御負担軽減という観点から、累次、所要の調整が行われた経緯がありますので、今般、宮中三殿での祭祀が再開されるのを機会に、御日程の見直しの一環として、いろいろと調整を行なうことを検討しておりますが、やはり平成の御代が二十年を超える来年からという陛下のお気持ちに沿って、その時期を待って調整を実施に移すことと致しました。

宮内庁次長補足説明

天皇皇后両陛下のご健康問題について
[PR]
by unkotamezou | 2008-02-25 21:51 | 皇室
「竹島の日」松江で記念式典

知事、参加の県民らに訴え

 日韓両国が領有権を主張する竹島を巡り、県が定めた「竹島の日」の22日、松江市の県民会館で県などの主催による、3回目の記念式典が開かれ、約500人の県民らが出席した。溝口知事は「問題の解決には国民の理解や世論の盛り上がりが不可欠」と訴え、引き続き国に早期解決を求めていく考えを示した。県は外相、農相の出席を要請したが、今年も欠席だった。

 記念式典では、溝口知事が、竹島資料室設置やWeb竹島問題研究所開設、隠岐の島町の小・中学校での竹島問題を扱った副教材の活用など、この1年間の新たな取り組みを紹介した。

 溝口知事は「竹島問題を所管する国の組織設置や、国民への啓発活動、領土権確立に向けた政府間交渉などを国に働きかけていく」と述べた。条例制定で途絶えた韓国・慶尚北道との交流再開については、「引き続き呼び掛ける」とした。

 この後、県の竹島に関する調査に、地図などの資料提供や体験談の記録などで協力した県民らに知事から感謝状が贈呈された。

 溝口知事は式典終了後の取材に対し、「国の尊厳にかかわる問題。竹島問題への日本全体の理解が進み、機運を高めていくことが最も大事だ」と強調した。

 式典に続いて行われた領土問題講演会では、元外務省欧亜局長の兵藤長雄氏が「竹島や北方領土は国家の尊厳にかかわる問題。日本ほど国家の尊厳を軽視している国は世界に無い」と、政府の姿勢を厳しく批判。「外務省内に領土問題を単一で扱う課が無いのが一番の問題。国内の態勢を立て直すためにも幅広い国民世論を盛り上げていかないといけない」などと話した。

 県のWeb竹島問題研究所長を務める下條正男・拓殖大教授も「日韓新時代と歴史問題の処理」と題して講演した。

20年2月23日 読売新聞

「竹島の日」松江で記念式典
[PR]
by unkotamezou | 2008-02-23 20:24 | 國防 軍事
沖縄集団自決で新証言 中尉「死に急ぐな」

 沖縄戦で大規模な集団自決が起きたのは、沖縄本島西方の慶良間諸島の渡嘉敷島と座間味島だ。米軍が上陸した昭和20年3月下旬、渡嘉敷島で320人、座間味島で170人を超える住民が自決したとされる。

 戦後間もない昭和25年に沖縄タイムス社から出された沖縄戦記「鉄の暴風」(初版は朝日新聞社刊)では、それぞれの島に駐屯していた日本軍の隊長の命令によって集団自決を強いられたとされ、大江健三郎さんの「沖縄ノート」や家永三郎さんの「太平洋戦争」など多くの出版物に引用されてきた。

 しかし、座間味島の集団自決については、梅沢少佐に自決用の弾薬類をもらいにいった人たちの中で、ただひとり生き残った女子青年団の宮城初江さんが生前の昭和50年代に、「梅沢少佐の自決命令はなかった。戦後、遺族の方が援護法の適用を受けられるように、事実と違う証言をした」などと娘や梅沢さんに告白している。

 今回、証言した宮平秀幸さんは、旧日本軍との交流について、次のような体験も話した。

 村長の解散指示が出された後の3月26日未明、宮平さん一家7人は梅沢少佐の配下にあった整備中隊の壕に行った。そこで、秀幸さんが中隊長の中尉に忠魂碑前で自決できなかったことを話すと、中尉は「死に急ぐことはない。1人でも多く生き残るべきだ」と話し、軍が保管していた玄米、乾パン、乾燥梅干しなどを与えられた。

 宮平さん一家は第1戦隊第2中隊の壕でも、別の中尉から、コンペイトウ、ミカンの缶詰、黒糖アメなどをもらった。

 日本側の記録によれば、その後、いずれの将校も米軍に斬り込み、戦死している。

 座間味島では今も、宮平さんを含め、日本軍のことを悪く言う住民は少ない。

 一方、渡嘉敷島の集団自決については、作家の曽野綾子さんが同島などを取材してまとめたノンフィクション「ある神話の背景」で、同島に駐屯した海上挺進隊第3戦隊長、赤松嘉次大尉が自決を命じたとする証言がなく、「鉄の暴風」や「沖縄ノート」の記述に疑問が提起された。

 最近、自由主義史観研究会の調査や本紙の取材で、沖縄県の元援護担当者の照屋昇雄さんが「軍命令は遺族に援護法を適用するための創作だった」と証言し、軍命令説はほぼ否定された。

 文部科学省はこうした学問状況を踏まえ、日本軍に集団自決を強制されたとする断定的な教科書記述に検定意見を付けたが、検定意見の撤回を求める沖縄県議会の決議などに押され、検定後の訂正申請で、軍の強制を意味する記述の復活を認める異例の措置をとった。

 また、梅沢元少佐(91)と赤松大尉の遺族は、大江さんらを名誉棄損で訴える訴訟を大阪地裁に起こし、今年3月28日に判決が言い渡される。

 大阪地裁の判決と今後の文科省の検定の行方が注目される。(石川水穂)

20/02/22 23:16

沖縄集団自決で新証言 中尉「死に急ぐな」
[PR]
by unkotamezou | 2008-02-22 23:16 | 歴史 傳統 文化
沖縄集団自決、隊長はいさめた 軍強制説否定する新証言

 沖縄県座間味島で起きた集団自決をめぐり、同島の村長が日本軍の隊長に集団自決をいさめられ、自決のために集まった住民に解散を指示していたことが、当時の防衛隊員の証言で明らかになった。教科書などで誤り伝えられている「日本軍強制(命令)」説を否定する有力な証言といえそうだ。

 証言したのは、座間味村で民宿などを経営する宮平秀幸さん(78)。沖縄戦(昭和20年3~6月)の当初、15歳の防衛隊員として、同島に駐屯した海上挺進隊第1戦隊長、梅沢裕少佐の伝令役を務めていた。

 宮平さんによると、同島に米軍が上陸する前日の昭和20年3月25日午後10時ごろ、野村正次郎村長、宮里盛秀助役ら村三役と国民学校長、役場職員、女子青年団の宮城初江さんが、梅沢少佐のいる本部壕を訪ねた。

 そこで、宮里助役らは「明日はいよいよ米軍が上陸する。鬼畜米英にけだもののように扱われるより、日本軍の手によって死んだ方がいい」「すでに、住民は自決するため、忠魂碑前に集まっている」などと梅沢少佐に頼み、自決用の弾薬や手榴弾、毒薬などの提供を求めた。

 これに対し、梅沢少佐は「そんなものは渡せない。われわれの役目はあなた方を守ることだ。なぜ自決させなければならないのか。ただちに、集まった住民を解散させ、避難させよ」と命じた。

 村側はなお懇願し、30分くらい押し問答が続いたが、梅沢少佐が「おれの言うことが聞けないのか」と弾薬類の提供を強く拒否したため、村の幹部らはあきらめ、忠魂碑前に向かった。

 同日午後11時ごろ、忠魂碑前に集まった約80人の住民に対し、野村村長は「部隊長(梅沢少佐)に自決用の弾薬類をもらいにいったが、もらえなかった。みなさん、自決のために集まってもらったが、ここでは死ねないので、解散する」と話した。このため、住民たちはそれぞれの家族の壕に引き返したという。

 宮平さんは「私は、本部壕での村側と梅沢隊長のやりとりと、忠魂碑前での野村村長の指示をすぐ近くで聞いていた」と話す。

 その後、村長ら村三役や国民学校長らとその家族はそれぞれの壕で集団自決したが、宮平さんら多くの住民は自決を思いとどまり、翌26日に上陸してきた米軍に捕らえられるなどした。宮平さんは米軍の迫撃砲で左足を負傷し、自分の家族の壕に戻ったところを米軍に見つかったという。

 宮平さんはまた、梅沢少佐の元部下から生前に送られた手記を保存している。そこにも、村三役と国民学校長らが自決用の劇薬、手榴弾、ダイナマイトなどをもらいにきたが、与えるべき武器、弾薬類がなかったことが書かれている。

 宮平さんは戦後、これらの事実を話す機会がなかったが、「昨年、集団自決をめぐる教科書の記述が問題となり、真実を伝えておきたいと思った」と話している。

20/02/22 23:15

沖縄集団自決、隊長はいさめた 軍強制説否定する新証言
[PR]
by unkotamezou | 2008-02-22 23:15 | 歴史 傳統 文化
悠仁さま、顔におケガ 庭で転倒され数針縫う

 秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さまが先月、転倒して顔にけがをされていたことが11日、分かった。ただ、大事には至らずご回復も順調という。

 宮内庁によると、悠仁さまがけがをしたのは、ご夫妻が「日本インドネシア友好年オープニング式典」出席などのため、訪問先のインドネシアから帰国された翌日の1月26日。東京・元赤坂の赤坂御用地内にある秋篠宮邸の庭で遊んでいた際に転倒し、顔に軽傷を負われた。

 医療関係者の話では、悠仁さまは都内の病院で数針縫うなどの治療を受けられたという。

 傷口も目立たないまでにほぼ完治したことから、11日には秋篠宮ご夫妻と一緒に皇居・御所を訪れ、天皇、皇后両陛下に元気な姿を見せられた。

20/02/11 18:42

悠仁さま、顔におケガ 庭で転倒され数針縫う
[PR]
by unkotamezou | 2008-02-11 18:42 | 皇室
「支那の軍拡、アジアで懸念が増大」高村外相

 ドイツを訪問中の高村外相は10日昼(日本時間10日夜)、国際シンポジウム「ミュンヘン安全保障政策会議」に出席し、アジア地域の安全保障について講演した。

 中国の軍事力近代化について、「透明性が不十分だ」と警鐘を鳴らす一方、最近の日中関係の改善が急速に進んでいる現状を国際社会にアピールしたのが特徴だ。

 日本の閣僚が同会議で講演したのは初めて。会議には、米国をはじめとする北大西洋条約機構(NATO)加盟国のほか、中国やインド、ロシアの関係者らも出席。講演は、欧米諸国で高まる中国への関心に応えるため、中国に関する説明に重点を置いた。

 外相は、アジアの安定と繁栄のためには、「政治・軍事分野での信頼醸成を通じて透明性を高め、不安定化につながるリスクの軽減が必要だ」と強調。そのうえで、中国が続ける軍事費拡大について「透明性に依然として不十分な部分がある。より詳細な内訳の説明が必要だ。不十分なままでは、地域の懸念の増大につながる」と指摘した。

 外相がこの点を強調した背景には、欧州連合(EU)の対中武器禁輸措置を継続するよう求める狙いもあったと見られる。

 外相は一方で、日中関係について、「両国は、今やアジアと世界の安定に大きな責任を共有し、『戦略的互恵関係』の構築に取り組んでいる」と説明し、「良好な日中関係」をアピールした。欧米諸国では、「小泉政権時代の両国関係悪化の記憶がなお鮮明」(外務省幹部)なため、講演はこうした見方を払拭する目的もあった。

 外相はまた、福田首相が提唱する「日米同盟とアジア外交の『共鳴』」について説明し、「日本がアジアでの活動の場を広げることで日米同盟の価値も高まり、さらなる強化につながる」と強調した。【ミュンヘン(ドイツ)=松永宏朗】

20年2月10日 22時29分 読売新聞

「中国の軍拡、地域に懸念」高村外相が国際安保会議で講演
[PR]
by unkotamezou | 2008-02-10 22:29 | 國防 軍事
北方領土の日!札幌雪祭りで返還を訴える

 北方領土の日の7日、札幌市中央区のさっぽろ雪まつり大通会場で「平成20北方領土祭り」が開かれ、観光客らも参加して「領土返還を実現しよう!」と気勢を上げた。

 ロシアのクレムリン宮殿や自由の女神など主要国首脳会議(北海道洞爺湖サミット)に参加する各国の遺跡や建物をかたどった「守りたい地球、子供たちの未来」像のステージ上で行われたフェスティバルでは、高橋はるみ北海道知事が「この北海道でサミットが開かれる機会にロシアの新しい大統領が来道する。一貫して固有の領土の返還を求めていることをロシアに理解させなければいけない」と強調。日露首脳会談などでの返還交渉進展を強く訴えた。

 小泉敏夫千島歯舞諸島居住者連盟理事長は「追い出されて63年。筆舌に尽くしがたい厳しい運動をしてきた。返還されるのをこの目で見るまで、やめるわけにはいかない」と語った。

 これに先立ち、雪まつり会場内に設置された北方領土返還要求署名コーナーでは、外務省の片上慶一欧州局参事官や高橋知事らが来場者に署名を呼びかけた。

20/02/07 18:54

北方領土の日!返還を訴え、さっぽろ雪まつりでフェス
[PR]
by unkotamezou | 2008-02-07 18:54 | 國防 軍事
北方領土の日!札幌雪祭りで返還を訴える

 北方領土の日の7日、札幌市中央区のさっぽろ雪まつり大通会場で「平成20北方領土祭り」が開かれ、観光客らも参加して「領土返還を実現しよう!」と気勢を上げた。

 ロシアのクレムリン宮殿や自由の女神など主要国首脳会議(北海道洞爺湖サミット)に参加する各国の遺跡や建物をかたどった「守りたい地球、子供たちの未来」像のステージ上で行われたフェスティバルでは、高橋はるみ北海道知事が「この北海道でサミットが開かれる機会にロシアの新しい大統領が来道する。一貫して固有の領土の返還を求めていることをロシアに理解させなければいけない」と強調。日露首脳会談などでの返還交渉進展を強く訴えた。

 小泉敏夫千島歯舞諸島居住者連盟理事長は「追い出されて63年。筆舌に尽くしがたい厳しい運動をしてきた。返還されるのをこの目で見るまで、やめるわけにはいかない」と語った。

 これに先立ち、雪まつり会場内に設置された北方領土返還要求署名コーナーでは、外務省の片上慶一欧州局参事官や高橋知事らが来場者に署名を呼びかけた。

20/02/07 18:54

北方領土の日!返還を訴え、さっぽろ雪まつりでフェス
[PR]
by unkotamezou | 2008-02-07 18:54 | 國防 軍事
ヒト胚性幹細胞から網膜 失明治療に期待

 あらゆる細胞に分化する万能性を持つヒト胚性幹細胞(ES細胞)から、網膜の細胞を効率よく作ることに理化学研究所と京都大の共同研究チームが成功した。細胞移植によって網膜を再生できれば、失明の恐れがある網膜疾患の根本的な治療法につながると期待される。米科学誌「ネイチャー・バイオテクノロジー」(電子版)に3日、掲載された。

 視野が著しく狭くなる網膜色素変性や、視力が低下する加齢黄斑変性などの網膜変性疾患は、高齢者の失明原因の上位を占める。網膜はいったん損なわれると修復が極めて困難なため、有効な治療法はほとんど確立されていない。

 理研発生・再生科学総合研究センターの高橋政代チームリーダーは「安全性の検証などまだ多くの課題があるが、10年以内に臨床応用の試験を開始したい」としている。

 研究チームはマウスやサルのES細胞を使った実験から、網膜細胞を誘導するための2種類の物質を特定。これをヒトのES細胞に使って培養した結果、網膜に栄養を供給する網膜色素上皮細胞や、光を電気信号に変えて脳に伝える視細胞を作り出すことに成功した。

 ヒトES細胞由来の視細胞は従来、作製効率が0・01%以下と極めて低かった。今回の手法は効率が20~30%と飛躍的に高まったほか、感染症の恐れがある動物由来の組織を培養過程で使わない利点もあるという。

 研究チームは今回の成果を応用して、人工多能性幹細胞(iPS細胞)から網膜細胞を作る研究にも着手しており、拒絶反応のない網膜再生医療の実現を目指す。

20/02/04 07:49

ヒトES細胞から網膜 失明治療に期待
[PR]
by unkotamezou | 2008-02-04 07:49 | 自然 科學 技術