ブログトップ
<   2007年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧
「化学兵器支那で遺棄」覆す文書、防衛研究所にあった

 終戦後、中国大陸で旧日本軍が化学兵器を中国側に引き渡したことを示す文書が、防衛省防衛研究所などに保管されていることが分かった。日本軍が中国で遺棄したことを前提に進められている遺棄化学兵器処理事業は見直しを迫られることになりそうだ。

 この事実は、防衛省の関係団体「財団法人ディフェンスリサーチセンター」が外務省の依頼で行った調査資料の中から、ジャーナリストの水間政憲氏が見つけた。調査資料は今年1月、外務省に報告されているが、中身は公表されていない。

 それによると、防衛研究所には、「支那方面艦隊引渡目録」と書かれた3点の文書が保管され、いずれも、引き渡した時期、場所、日本側と中国側の責任者名、品目などが記されている。

 例えば、昭和21年1月18日の文書では、引き渡し場所は「上海地区」、日本側責任者は上海海軍特別陸戦隊「海軍中尉 古田小作」、中国側(国民政府)は中国海軍陸戦隊「海軍中尉 陳永禄」、品目は「手投涙弾(催涙弾)二一四〇個」とある。他の2点も、引き渡された品目は「手投涙弾」だ。

 手投涙弾は通称「みどり」とも言われた非致死性の兵器だが、遺棄化学兵器の処理を求めた化学兵器禁止条約(平成9年)に伴う日中覚書(平成11年)では、日本が全額負担して廃棄すべき遺棄化学兵器に含まれた。

 同センターの資料には、山形県のシベリア史料館に保管されている「旧日本軍兵器引継書」の分析結果もあった。水間氏が存在を確認し、政府が調査していた文書だ。そこからは、台湾で、日本側が中国国民政府に「緑筒」「赤筒」などを引き渡したことを示す文書2点が見つかった。

 緑筒は防衛研究所の文書にある「手投涙弾」と同じ催涙弾だ。赤筒は「くしゃみガス」とも言われた非致死性化学兵器で、日本が全額負担すべき兵器とされている。

 これまでに、台湾で日本側から化学兵器が引き渡された文書が防衛研究所にあることは、雑誌「正論」編集部の取材で明らかになっていたが、中国大陸での引き渡し文書が見つかったのは今回が初めてだ。

 中国に残っている化学兵器はすべて旧日本軍が遺棄したものとされ、日本が全額負担しなければならない理由を、外務省は「引き渡したことを証明する書類がない」としてきたが、水間氏の調査により、外務省の主張はますます根拠を失った。

 水間氏の調査結果は、1日発売の雑誌「正論」来年1月号で詳しく報告される。

19/11/30 21:49

「化学兵器中国で遺棄」覆す文書、防衛研究所にあった
[PR]
by unkotamezou | 2007-11-30 21:49 | 歴史 傳統 文化
インドが支那抜き首位 有望な投資先

 国際協力銀行が30日発表した2007年度の海外直接投資に関する企業調査によると、今後10年を見通した有望な販売・投資先として、インドが中国を抜き初めて首位になった。

 インドを挙げた企業(複数回答)の比率は70%を占めた。2位は中国(67%)で、ロシア(37%)、ベトナム(28%)が続いた。

 特に自動車関連企業の支持を集めた。経済成長を続け市場としての魅力が高まっている上、優秀な人材が豊富との評価も多かった。一方で、道路や電力といったインフラ整備の遅れが課題として指摘された。

 中国は今後3年程度の中期的な有望先としてトップを維持しているが、回答企業の比率は4年連続で低下。不透明な法制度運用や人件費高騰もあって、インドやベトナムに日系企業の関心が分散してきた。

 調査は今年7-8月に海外に生産拠点を持つ970社に実施し、600社が回答した。

19年11月30日17時42分

インドが中国抜き首位 有望な投資先、企業調査
[PR]
by unkotamezou | 2007-11-30 17:42 | 産業 經濟
朝鮮総連施設に非課税措置は違法

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の関連施設「熊本朝鮮会館」への固定資産税などの減免措置は違法として、拉致被害者と家族を支援する「救う会熊本」のメンバーが、熊本市長の徴税権不行使の違法確認などを求めた訴訟の上告審で、最高裁第2小法廷(中川了滋裁判長)は30日、市長側の上告を棄却する決定をした。税減免措置の違法性を認め、税減免措置の取り消しを命じた2審福岡高裁判決が確定した。

 総連関連施設への税減免措置は違法との判断を最高裁が是認したのは初。全国の各自治体で対応の分かれている総連関連施設の税減免措置に影響を与えるとみられる。

 2審判決は、熊本朝鮮会館が有限会社の所有になっていることを指摘。その上で「有限会社は熊本朝鮮会館を所有するために設立されたもので、会社としては何の活動もしていない」と判断。有限会社は「公益のための固定資産を所有する者」という税減免対象には該当しないと結論付けた。

 さらに、2審判決は「熊本朝鮮会館は総連の活動拠点として使用されている。総連の活動は、在日朝鮮人の利益を擁護するもので、わが国の利益のために行われているものではない」と認定していた。

 市長側は「熊本朝鮮会館は公民館のような施設で公益性があり、税減免の対象になる」と主張。1審熊本地裁は「公益性がある」と判断し、原告側の請求を退けていた。

 総務省の今年度の課税状況調査では、総連関連施設のある全国131自治体で75の自治体が固定資産税などを減免する優遇措置を取っている。

19.11.30 15:51

朝鮮総連施設に非課税措置は違法確定
[PR]
by unkotamezou | 2007-11-30 15:51 | 事件 犯罪 司法
天皇誕生日の一般参賀要領

 宮内庁は30日付で、12月23日の天皇誕生日に皇居・宮殿東庭で行われる一般参賀の要領を発表した。

 天皇、皇后両陛下は午前10時20分、同11時5分、同11時40分の3回、皇族方とともに長和殿ベランダに姿を見せ、参賀を受ける予定。受付時間は午前9時半から同11時20分までで、皇居正門(二重橋)から入り、坂下門や大手門などから退出する。

 午後は宮殿での祝賀行事のため、両陛下のお出ましはないが、午後零時半から同3時半まで、宮内庁庁舎前の特設記帳所でお祝いの記帳を受け付ける。希望者は坂下門から入門できる。

19/11/30 05:27

天皇誕生日の一般参賀要領=宮内庁
[PR]
by unkotamezou | 2007-11-30 05:27 | 皇室
足湯で心臓血管機能が改善
移植待機患者 ポンプ機能の負担軽減か

 「足湯」による温熱治療で、心臓移植を待つ患者の心臓血管機能が改善することが、国立循環器病センター(大阪府吹田市)の研究でわかった。

 体の深部の温度が上がって末梢血管の血流がスムーズになることで、心臓のポンプ機能への負担が軽減するらしい。

 駒村和雄・心臓動態研究室長は、これまでに、全身浴のできない20~40歳代の移植待機患者4人に対して、温かい蒸気の出る「足湯」装置を使い、42度で15分間温め、30分間保温する治療を2週間行った。

 最も効果があったのは、重症の拡張型心筋症で人工心臓を装着した20歳代の男性で、足湯治療により、心筋に酸素や栄養を送る血管の広がりやすさ(血管内皮機能)が正常値まで改善した。さらに、心臓が血液を送り出す能力も向上して、左心房の内径が縮小、リハビリで歩く速度も速くなったという。

 別の40歳代の男性も、血管内皮機能が正常値になり、「夜に熟睡でき、不安感が消えた」と話す。

 効果があった2人はいずれも、足湯治療後、深部の体温が、約1度上がった。

 駒村室長は「足湯は、血管の機能を改善して、従来の薬物治療を後押しする効果がある。心臓にも効果があるのか研究を積み重ねて検証していきたい」と話している。

拡張型心筋症

 心筋の収縮力が弱まり、体に必要な量の血液を送り出すことができなくなる病気。結果的に心臓が拡張し、心不全に陥る。原因には、心筋に血液を送る冠動脈の機能悪化や、ウイルス感染症などがある。20~60歳の人に多く発症し、患者数は男性が女性に比べ3倍多い。

19年11月25日 読売新聞

足湯で心臓血管機能が改善
[PR]
by unkotamezou | 2007-11-25 09:44 | 自然 生活 社會 医療
「ニッポンウミシダ」を継続飼育 東大臨海実験所

 赤っぽい海藻に見えるが、脳に当たる中枢神経節があり、身体を複雑に動かして移動できる「ニッポンウミシダ」を代々継続して飼育することに、三浦半島・三崎の東京大臨海実験所が24日までに世界で初めて成功し、国内外の研究者への提供体制を整えた。

 既に米国やオーストラリアの研究者から提供を求められており、動物の進化過程や身体再生メカニズムの解明に幅広く利用が期待される。

19/11/24 17:26

海藻みたいでも脳がある動物=「ニッポンウミシダ」を継続飼育-東大臨海実験所
[PR]
by unkotamezou | 2007-11-24 17:26 | 自然 科學 技術
ヒト皮膚から万能細胞…京大チーム

「拒絶なき移植」前進

 人間の皮膚細胞から、さまざまな臓器や組織の細胞に成長する能力を秘めた「万能細胞」を作ることに成功したと、京都大学の山中伸弥教授(幹細胞生物学)らの研究チームが発表した。患者と遺伝情報が同じ細胞を作製でき、拒絶反応のない移植医療の実現に向け、大きな前進となる成果だ。山中教授は「数年以内に臨床応用可能」との見通しを示している。米科学誌「セル」電子版に20日掲載される。

 山中教授らはやはり万能細胞として知られる「胚性幹細胞(ES細胞)」の中で、重要な働きをしている4個の遺伝子に着目。30歳代の女性の顔から採取した皮膚細胞に、ウイルスを使ってこれらの遺伝子を組み込み、約1か月培養したところ、ヒトES細胞と見かけが同じ細胞が出現した。

 培養条件を変えることによって、この細胞が、神経細胞や心筋細胞などに変化できる「万能性」を備えた「人工多能性幹細胞(iPS細胞)」であることを確認。作製効率は皮膚細胞約5000個につき1個で、臨床応用するのに十分という。

 これまで再生医療で脚光を浴びていたES細胞には〈1〉人間に成長する可能性がある受精卵を壊して作るため、倫理的な批判を伴う〈2〉移植に使うと拒絶反応が避けられない――という問題があった。クローン技術を利用するクローンES細胞を使うと拒絶反応を回避できるが、材料となる卵子の確保が困難だ。iPS細胞なら、これらの問題をすべて克服できる。

 ただ、山中教授らが遺伝子の組み込みに利用したウイルスは、発がん性との関連が指摘されているほか、組み込んだ遺伝子の一つはがん遺伝子だ。移植後にがん化しないような工夫が課題として残る。

 山中教授らは昨年8月、同じ4遺伝子をマウスの皮膚細胞に組み込み、iPS細胞の作製に成功したと報告。人間でも可能かどうか実験していた。

 米ウィスコンシン大の研究チームも人間の皮膚細胞からiPS細胞の作製に成功したと発表、こちらの成果は米科学誌「サイエンス」電子版に20日掲載される。方法はほぼ同じだが、京大とは、組み込んだ遺伝子4個のうち2個が違うという。今後、万能細胞を用いる再生医療は、iPS細胞を中心に展開していく可能性が高い。

平成19年11月21日 読売新聞

ヒト皮膚から万能細胞…京大チーム
[PR]
by unkotamezou | 2007-11-21 22:25 | 自然 科學 技術
「勉強忍耐」乃木大将に学ぶ

■第4部 忘れてしまったもの(9)

 「勉強忍耐は才力智徳の種子なり」。日露戦争で旅順を攻略した明治の陸軍大将、乃木希典の言葉である。耐えて勉強することが才能、知識、道徳を伸ばす基になるという意味だ。

 この言葉を保育園の子供同士がすらすらと使う。その姿を目の当たりにした福岡県久留米市の水天宮保育園保育士の井上里恵さん(29)は感慨深げだ。

 「子供たちは難しい言葉でもすぐに覚えます。ただ『がまんしなさい』と言うより、偉人の言葉で伝えるとよくわかってくれます」

 さらに驚いたのはほとんどの園児が30分間、背筋をぴんと伸ばして講話を聞き続けることができたことだ。今年4月の最初の講話には10分も集中力が続かなかったのにである。

 1カ月後、2回目の講話での変貌に「講師もこうも変わるのか、とびっくりしていました」と井上さん。

 水天宮保育園が今年4月からカリキュラムに取り入れた、偉人伝を語り聞かせる寺子屋授業の効果である。

 11月2日、佐賀県多久市の多久聖廟で行われた寺子屋授業をのぞいてみた。

「きょうは、卑怯者には負けなかった西郷さんの話をしたんだよ。君たちは、卑怯者にはならないでください。分かりましたか」

「はい!」

 約30分の授業を締めくくる三林浩行講師(40)の呼びかけに、同県有田町の同朋保育園年長組の子供たち約80人が、元気に返事をした。

 三林講師が題材に選んだのは、西郷隆盛の少年のころの逸話だ。西郷の評判に嫉妬(しっと)した少年たちが、大勢で待ち伏せして西郷を襲う。西郷は1人で戦い、腕にけがを負いながらも勝つ-。身ぶり手ぶりの授業に、子供たちの目もくぎ付けになる。

 こうした日本の偉人伝を主なテーマにした授業を行っているのは、福岡市にある社員6人の企業「寺子屋モデル」だ。

 社長の山口秀範氏(59)は、大手ゼネコン・大成建設の元社員。寺子屋に取り組む契機になったのは1994年、ナイジェリアやアメリカなど延べ15年間に及んだ海外赴任から帰国したときだ。久しぶりに日本の子供たちを見たときの「カルチャーショック」(山口氏)が忘れられない。

 「出勤途中、集団登校で待ち合わせをしている小学生は、友達と会ってもうれしそうな顔をしない。あいさつもしない。心が動いていない。中学生も同じ。子供同士が朝、会って黙っているなんて、海外では考えられなかった」

 その印象を一言で表すと「日本の子供の顔が悪い」。日本が豊かすぎるから、と説明する友人もいたが、それでは米国の子供と比べても「劣悪」と感じた説明がつかなかった。

 「自信がないんだ」と思い至った。「自分にも、自分が育った環境にも、自分の国にも」。子供の心を、動かしてやりたい。ふっと「お手本となる生き方を、偉人伝を語り聞かせる『寺子屋』を作ろう」とひらめき、2年後に退職し、事業を立ち上げた。

 寺子屋授業での最後は、取り上げた人物の言葉を暗唱させる。西郷伝では「幾たびか辛酸を経て志始めて堅し 丈夫玉砕するも甎全(せんぜん)を恥ず(立派な人は玉と砕け散っても何も為さないことを恥じる)」。

 時には釈迦が弟子の半託迦(はんたか)に語ったとされる言葉をそのまま教える。「ただ一言をしっかりと覚えなさい。その一言というのは、『汚い言葉を使わない』ということだよ」と。

 授業を見守った同朋保育園の森山隆子園長は「意味より、美しい言葉を覚えさせたい。子供たちはなにかを感じ取ってくれるでしょう」と語った。

■ただ一言をしっかりと覚える

 「伏してぞ止まん-ぼく、宮本警部です-」。今年2月、東京都板橋区の東武東上線ときわ台駅で、電車に飛び込もうとした女性をかばって亡くなった警視庁の宮本邦彦警部=享年53=を主人公にした伝記が来年1月に発刊される。

 手がけるのは前述の「寺子屋モデル」。過去だけでなく、現代の偉人伝をも親子向けに紹介する。

 「伏してぞ止まん」は、宮本警部が「父親から教えられた言葉」として家訓のように大切にし、現在大学生の長男にも伝えていたという。「前のめりに倒れるまで努力すべし」という意味とされ、宮本警部の最期はその“家訓”を象徴するものとなった。

 会社を対象にした寺子屋で、山口秀範社長は「わが家の家訓作り」を提案した。3年前のことだ。受講したのは食品商社の丸菱(本社・熊本県益城町)社員。参考にするため紹介した過去の家訓の中に、鎌倉幕府の中枢にいた北条重時のものがあった。

 「いかにも人(の)ため世のためよからんとおもひ給ふべし。行く末のためと申也。(中略)我が身を思ふばかりにあらず」(人のため世のために、よきことをしようと思いなさい。それが、これからのためになるのだ。自分のことばかり考えていてはいけない)

 古い時代からの徳目が今の時代でも重みを持つことに、参加者から驚きの声が出たという。

 そして1年後、さまざまな創作家訓が生まれた。

「自分の顔を恥じぬこと」
「いつもニッコリ笑うこと」
「努力せぬ者に、夢を語る資格なし」
「常に前向きに生きる」
「愚痴は一言まで」

 家訓は家族に大切にされてこそ意義がある。持ち帰った家で、父親の立場が試された。

 「奥さんや子供に『お父さん、なにこれ』と突き放され、家訓にできなかった社員もいたようだ」と、丸菱の本田雅裕社長(53)。「社員が自分自身と家庭のあり方を見直す貴重な機会になった」と話す。

 「いろは七訓」=別表。山口氏が27年前、ナイジェリアに単身赴任中、6歳を筆頭とする3人の娘にあてて作った家訓だ。

「半年に1回帰国するだけで、育児は妻に任せきり。父親らしいことは、家訓を作っただけ」

 山口氏はこう苦笑するが、妻はこの家訓を神棚の下に張った。娘たちは毎朝1項目を唱えた。巣立った今でも、「いろは七訓」のことを話題にするという。

 山口氏は、寺子屋活動について「かつて家庭教育で行われていたことをカバーしているつもり」と話す。自身は昭和23年生まれの「団塊の世代」だが、「小学生のころはどの家にも『少年少女日本史』のような本があり、テレビがない時代の娯楽として読みふけった。挿絵まで覚えているのが同じ世代の共通体験」という。

 当時、学校では既に戦前の価値観を否定する教育が始まっていた。

 「われわれの世代が恵まれていたのは、周りに戦前を生きた人がたくさんいて、戦後教育を補ってくれたこと。現代はそうした補完が、いよいよなくなってしまったのではないか」

 寺子屋モデルが補完しようとしているものは、つい最近まで日本の家庭に息づいていた。そのことに気づいてほしい、と山口氏は訴える。(鵜野光博)

19/11/16 02:38

【やばいぞ日本】「勉強忍耐」乃木大将に学ぶ
[PR]
by unkotamezou | 2007-11-16 02:38 | 教育 學問 書籍
ケンウッド、支那での商標権などの侵害訴訟で勝訴確定

 ケンウッドは12日、商標権など知的財産権を侵害したとして支那企業3社を相手に支那国内で起した訴訟で、4件の訴えの全てで勝訴が確定したと発表した。現地の裁判所が支那企業3社に対し総額430万元(約6500万円)の損害賠償や、模倣品の製造販売とソフトウエアの侵害行為の停止などを命じた。

 ケンウッドによると、支那企業3社は、ケンウッドの登録商標に似せた「KENWAY」というロゴを表示したトランシーバーを製造、販売したほか、トランシーバーのデザインやボタンの配列を模倣。また、同1社はトランシーバーの周波数設定のソフトウエアをコピーし、インターネット上で掲載、頒布したという。

 北京第一中級人民法院と福建省福州市中級人民法院での第1審はいずれも侵害を認め、相手が上告していたが、北京高級法院と福建省高級法院がいずれも棄却した。

平成19年11月12日 15:46

ケンウッド、支那での商標権などの侵害訴訟で勝訴確定
[PR]
by unkotamezou | 2007-11-12 15:46 | 産業 經濟
オリンパス、ベトナムにデジカメ工場 支那集中見直し

 オリンパスは平成21年までに、ベトナムにデジタルカメラの工場を建設する。支那での集中生産を見直し、支那に持つ2工場を1カ所に集約して、一部機能をより人件費の安いベトナムに移管する。一連の投資額は約100億円。日本企業がベトナムでデジカメを生産するのは初めて。日本勢はこぞって支那に進出してきたが、同国の人件費上昇などを背景に一極集中リスクを分散する動きが加速してきた。

 オリンパスはデジカメ世界シェア4位で、平成19年度に1180万台の出荷を見込む。生産の約6割を台湾メーカーなどに委託し、残りは支那・広東省深セン地区と広州市に持つ自社工場が担ってきた。支那工場のどちらかを閉鎖し、一方に集約する。

19-11-08 07:00

オリンパス、ベトナムにデジカメ工場・支那集中見直し
[PR]
by unkotamezou | 2007-11-08 07:00 | 産業 經濟