ブログトップ
<   2006年 09月 ( 50 )   > この月の画像一覧
日本女子、ここまで全四階級制覇 レスリング世界選手権
日本女子、ここまで全4階級制覇 レスリング世界選手権

 レスリングの世界選手権第6日は30日、中国・広州の天河体育館で行われ、女子55キロ級アテネ五輪金メダリストの吉田沙保里(綜合警備保障)が決勝でマリア・ヤホラワ(ベラルーシ)に判定勝ちして4年連続4度目の優勝を果たした。

 吉田はアテネ五輪を含め、2002年から5年連続で世界大会を制覇。今大会は5勝で、1996年から続く国際大会に限った連勝は101、国内大会を含めた01年からの連勝は97に伸びた。

 同51キロ級の坂本日登美(自衛隊)は決勝でリンゼイ・ベリズル(カナダ)に判定勝ちして2年連続4度目の優勝。同59キロ級の正田絢子(ジャパンビバレッジ)も蘇麗慧(中国)を判定で下して2年連続3度目の優勝を果たした。日本女子は29日の48キロ級を含めここまで全4階級を制覇。大会最終日の10月1日に3階級を残している。

■ 吉田沙保里の話

「連勝が101まで伸びたので本当にうれしい。準決勝まではきつかったが、最後は自分のレスリング、タックルでいこうと思っていた。北京五輪まで無敗でいきたいので、これは通過点」

(09/30 21:23)
[PR]
by unkotamezou | 2006-09-30 21:23 | 冒險 競技 藝能 娯楽
吉田、レスリング国際大会で百連勝
吉田、レスリング国際大会で100連勝

 【広州(中国広東省)30日共同】30日に当地で行われたレスリングの世界選手権第6日で、アテネ五輪の女子55キロ級金メダリスト、吉田沙保里(綜合警備保障)が1996年から続けている国際大会での連勝を100に伸ばした。また2001年からの国内大会を含めた連勝記録も96とした。

 吉田は1回戦からの4試合を順当に勝ち進み、快挙を達成。同日夜に行われる決勝で世界選手権4連覇を目指す。

(09/30 13:43)
[PR]
by unkotamezou | 2006-09-30 13:43 | 冒險 競技 藝能 娯楽
女子四十八キロ級、伊調千が金メダル 世界レスリング
女子48キロ級、伊調千が金メダル 世界レスリング

 【広州(中国広東省)29日共同】レスリングの世界選手権第5日は29日、当地の天河体育館で行われ、女子48キロ級でアテネ五輪銀メダリストの伊調千春(綜合警備保障)が決勝で前回覇者の任雪層(中国)にフォール勝ちし、金メダルを獲得した。51キロ級で出場した03年大会以来2度目の優勝。

 男子フリースタイル96キロ級の小平清貴(警視庁)は初戦の2回戦で敗れ、同五輪金メダリストのハジムラト・ガツァロフ(ロシア)が2連覇。同120キロ級は北村克哉(専大)が1回戦で敗退し、同五輪覇者のアルトゥール・タイマゾフ(ウズベキスタン)が優勝した。

(09/29 21:05)
[PR]
by unkotamezou | 2006-09-29 21:05 | 冒險 競技 藝能 娯楽
安倍首相 拉致解決 強い姿勢 対策本部を設置
安倍首相 拉致解決 強い姿勢 対策本部を設置

 政府は29日午前の閣議で、北朝鮮による日本人拉致事件の解決や被害者の家族支援などに総合的に取り組む「拉致問題対策本部」の設置を決定した。安倍晋三首相が本部長に就き全閣僚が参加する常設機関とし、手詰まり状態にある拉致問題の解決に向け、新政権の強い姿勢を示すねらいがある。近く初会合を開く。

 対策本部の副本部長には、拉致問題担当相を兼務する塩崎恭久官房長官、事務局長には被害者の家族からの信頼が厚い中山恭子首相補佐官が就いた。首相官邸の情報の収集・分析能力を強化し、国際的な圧力強化策などを戦略的に決定する。内閣官房の拉致問題連絡・調整室のスタッフを増員したうえで対策本部事務局に衣替えする方針。ただ「二元外交」を避けるため、外交交渉は外務省が引き続き担う。

 首相は閣議で「すべての拉致被害者の生還を実現すべく対策本部で政府一体となった取り組みを推進する」と述べた。

産経新聞 9月29日16時15分
[PR]
by unkotamezou | 2006-09-29 16:15 | 國防 軍事
韓国「対馬の日」条例廃止を要求、対馬市議会が決議
韓国「対馬の日」条例廃止を要求、対馬市議会が決議

 長崎県対馬市議会は28日、韓国・馬山市議会が昨年3月に対馬を韓国領土とする「対馬の日」(6月19日)条例を制定したことに対し、条例廃止を求める決議をした。

 近く馬山市議会議長あてに決議文を郵送する。

 決議案は、「対馬が韓国の領土だったと証明するものはない」などとして、議員5人が提出。全会一致で可決した。

2006年9月28日22時46分
[PR]
by unkotamezou | 2006-09-28 22:46 | 國防 軍事
「皇室の伝統を守る国会議員の会」十七日発足
「皇室の伝統を守る国会議員の会」17日発足

 伝統的な皇位継承を尊重し、不備の多い皇室経済法改正を目指す超党派の議員連盟「皇室の伝統を守る国会議員の会」(仮称)が来月17日に発足することが27日、分かった。会長には、天皇陛下の同窓生である自民党の島村宜伸・元農水相が内定。民主党の渡部恒三・前国対委員長、無所属の平沼赳夫・元経済産業相ら30人以上が設立呼びかけ人になっている。

 同会は、これまで例外なく受け継がれてきた父方に天皇を持つ「男系」による皇位継承を将来にわたって安定的に続けるための皇室典範改正案策定や特別立法の検討を行う方向で調整している。

 具体的には、連合国軍総司令部(GHQ)の意向で昭和22年に皇籍離脱した旧皇族やその子孫の一部について、皇籍復帰・皇籍取得などの方策を検討。このほか、(1)基本的人権や私的経済行為を制限されている皇族は、一般国民と同様に住民税や相続税を支払うなどの義務を課せられている(2)皇位継承儀礼や皇室祭祀などに根拠法がなく、予算措置も不十分-などの諸問題に関しても議論を進める。

 また、今月30日に東京・日比谷公会堂で開かれる「悠仁親王殿下のご誕生をお祝いする集い」についても、同会準備委員会が共催者として参加する。

 皇室典範改正のあり方に関しては、安倍晋三首相も今月15日、フジテレビの番組で「ずっと男系できたこの伝統をすぐ変えるかどうか、慎重になるのは当然ではないか」と強調。男系維持の方法として、旧宮家の皇籍復帰や旧皇族による現在の宮家継承などを挙げている。

(09/28 02:23)
[PR]
by unkotamezou | 2006-09-28 02:23 | 皇室
新内閣は教育再生が柱
新内閣は教育再生が柱 山谷首相補佐官ら岡山でシンポ

 教育について考える第6回教育シンポジウム(心の教育・女性フォーラム、敬神婦人連合会主催)が27日、岡山市門田本町の岡山国際ホテルで開かれ、安倍新内閣で首相補佐官(教育再生担当)に就任した山谷えり子参院議員がディスカッションの進行役として参加するなど、白熱した議論が繰り広げられた。

 全国から同連合会の女性ら1200人が参加。料理学校長の服部幸應さんが「食育のすすめ」と題して基調講演し、「食育は子供だけの話ではなく、大人がまず勉強してから教えなければ」などと話した。

 パネルディスカッションでは、山谷えり子補佐官をコーディネーターに、服部校長▽有村治子参院議員▽冨田和巳・こども心身医療研究所長-が議論。

 パネリストからは食育の重要性について、朝食の意義▽学校給食の役割▽「もったいない」という感謝の気持ちを持つこと▽食卓でのしつけの大切さ-など具体例が示され、意見が飛び交った。

 山谷補佐官は「家族あっての食育基本法」と、団欒(だんらん)の教育的意義を改めて強調。「安倍新内閣は教育再生が大きな柱。具体的なプログラムにしていきたい」と意気込みを話した。

(09/28 01:59)
[PR]
by unkotamezou | 2006-09-28 01:59 | 教育 學問 書籍
麻生外相「ハードル上げているのは支那」日支首脳会談で
麻生外相「ハードル上げているのは中国」日中首脳会談で

 麻生太郎外相は26日、産経新聞などとのインタビューで、安倍晋三首相と中国の胡錦濤国家主席との日中首脳会談について「早くやった方がいい。ボールは向こうに投げている」と語り、11月にベトナムで開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議前の実現に積極的な姿勢を示した。

 首相サイドは、10月中の首相訪中も視野に入れるが、中国側が依然として靖国神社参拝自粛を会談の条件にしている。麻生氏は「ハードルを上げているのは中国だ」と指摘し、中国側との調整は時間がかかるとの見通しも示した。

 また、麻生氏は北朝鮮への対応について、「北朝鮮が(核問題に関する)6カ国協議に参加した上で話をしないと、制裁は強まる」と語った。政府は9月末に国連安全保障理事会の決議に基づく金融制裁措置に踏み切ったが、北朝鮮が6カ国協議復帰を拒み続ければさらなる制裁を発動する考えを示したものだ。

(09/27 21:19)
[PR]
by unkotamezou | 2006-09-27 21:19 | 政治 行政 立法
小学校英語「必修化の必要なし」 伊吹文科相
小学校英語「必修化の必要なし」 伊吹文科相

 中央教育審議会が検討している小学校英語の必修化について伊吹文明文部科学相は27日、産経新聞など報道各社のインタビューで「必修化する必要はまったくない。美しい日本語が話せず書けないのに、外国語をやっても駄目だ。子供のころからやりたい人は個人的にやる。小学校は外国語に興味を持つ程度にとどめるべきだ」と話し、必修化の必要性を否定する見解を示した。

 この問題をめぐっては、中教審の専門部会が必修化の方針を決定。小学5、6年で年間35単位時間(平均週1回)の授業を行う方向で、親部会で検討作業を進めている。文科省が今春行ったパブリックコメント(総数471件)では積極論が54.6%、消極論が40.1%と意見が二分している。小坂憲次・前文科相は積極推進の意向を示していた。

 伊吹文科相は「国民として生活する最低限の能力と義務を果たすのを教えるのが義務教育。これが果たせていないのに別のことをやってもいけない」と述べた。さらに、「フランス人はフランス語を大切にしている。小学校では自国語をきっちりやる。中学校から国際感覚を磨き、外国語をマスターするのが良い」との考えを示した。

(09/27 21:03)
[PR]
by unkotamezou | 2006-09-27 21:03 | 教育 學問 書籍
坂道もスイスイ 村田製作所、自転車型ロボット新モデル
坂道もスイスイ 村田製作所、自転車型ロボット新モデル

 村田製作所は26日、独自に開発した自転車型ロボット「ムラタセイサク君」に、坂道やS字平均台を走行できる機能を追加した新モデルを報道陣に公開した。

 身長約50センチのムラタ君は大出力の充電池を搭載したことで「瞬発力がアップした」という。傾斜角度が25度、幅が2センチの坂道を上り、バランスを取りながら静止。センサーで姿勢を制御する機能も向上させ、幅が10センチのS字カーブを脱輪せずに走りきった。携帯電話を使って直進などの遠隔操作もできるという。

 同社は平成2年に、初代自転車型ロボットを開発。昨年、15年ぶりに改良モデルを発表した。今回のモデルは、10月3日から千葉県の幕張メッセで開かれる情報技術機器の展示会「シーテックジャパン2006」でお披露目する。

 同社は「当社の技術がを集めて実現したことを広く知ってもらいたい。子どもたちの科学への関心を高められれば」と話しており、工場がある富山、石川など各県の小、中学校に出向き実演するという。

(09/27 02:46)
[PR]
by unkotamezou | 2006-09-27 02:46 | 自然 科學 技術