ブログトップ
<   2006年 08月 ( 35 )   > この月の画像一覧
一都三県、日本史必修を文科省に要望へ
1都3県、日本史必修を文科省に要望へ

 東京と埼玉、千葉、神奈川の1都3県の首都圏教育長協議会が31日、千葉市のホテルで開かれ、公立高校で「日本史」を必修科目にするよう1都3県の教育委員会が合同で文部科学省に要望することを決めた。各教育長の連名で9月中旬までに文書で要望する。

 文科省の高校学習指導要領では、世界史が必修科目の一方、日本史は地理との選択科目となっており、教育関係者らの間には「自国の歴史を『必修』で学ぶのは当然」との声が上がっている。

 協議会では、神奈川県の引地孝一教育長が学習指導要領の変更を求めることを提案。「国際社会で主体的に生きるため、自国の伝統や文化、歴史を尊重する態度をはぐくむことが必要」と説明、各教育長も同意した。

 千葉県の県立高校135校で現在、3年生の日本史選択率は76.2%。神奈川県では県立高152校の生徒の約7割が履修しているが、2~3割の生徒は日本史を学ばずに卒業している。

 拓殖大の藤岡信勝教授は「国民の基礎教養として高校で自国の歴史をきちんと学ぶことは大切で、今回の決定は卓見。こうした声が全国に広がってほしい」と話した。

(08/31 23:14)
[PR]
by unkotamezou | 2006-08-31 23:14 | 教育 學問 書籍
外務省、ロシア側の抗議に対し「違法操業なし」と回答
外務省、ロシア側の抗議に対し「違法操業なし」と回答

 外務省は30日、北方領土付近の海域で日本漁船39隻による大掛かりな領海侵犯があったとしてロシア政府が日本側に抗議していた問題に関し「日露間の『貝殻島昆布協定』に基づいており違法操業ではない」とロシア側に回答した。

 坂場三男外務報道官が同日午後の記者会見で明らかにした。

 ロシア側は29日、北方領土の歯舞諸島・貝殻島付近の海域で27日朝に多くの日本漁船が領海侵犯をしたと外交ルートを通じて日本側に抗議。外務省は、これに関し調査したところ、日本漁船37隻が協定に基づいた通常のコンブ漁を行っていたことが判明したとして、ロシア側に伝達するとともに再度の事実確認を求めた。

(08/30 23:22)
[PR]
by unkotamezou | 2006-08-30 23:22 | 國防 軍事
首相、タシケントの日本人抑留者慰霊碑に献花
首相、タシケントの日本人抑留者慰霊碑に献花

 【タシケント=高木桂一】ウズベキスタンを訪問した小泉純一郎首相は30日午前(日本時間同日午後)、タシケント市内にある「日本人死亡者慰霊碑」と「日本人抑留者記念碑」に訪れ、献花した。

 第二次大戦後、シベリアからウズベクに約25000人の日本人が強制移送され、過酷な労働を強いられた。このうち帰国の夢かなわず死亡した813人が国内10カ所に埋葬されている。首相が足を運んだ慰霊碑はそのひとつ。

 これに先立ち首相は、日本人抑留者が建設した「ナボイ劇場」に立ち寄り、先人たちの「遺産」に目を細めた。

(08/30 20:22)
[PR]
by unkotamezou | 2006-08-30 20:22 | 歴史 傳統 文化
七歳九カ月で暗算十段 黒木君が最年少記録更新
7歳9カ月で暗算十段 黒木君が最年少記録更新

 7月16日に浦添市の全国珠算教育連盟県支部で開かれた第314回検定試験で、7歳9カ月の黒木優君=浦添市立港川小2年=が暗算最高位の十段に合格し、これまでの七歳十カ月の全国最年少記録を更新した。黒木君は「うれしかった。ちょっと自信あった」とうれしそうに話した。

 もともと数字が好きで、そろばんにも興味があったという黒木君は、2004年5月から宮城珠算学校(宮城忍人校長)に通い始めた。暗算で06年1月に八段、3月に九段を取得した。宮城校長も「2年3カ月での十段は早い。九段から十段になるのには大人でも時間がかかる。優君はプレッシャーにも強い」と実力をかっている。

 暗算十段では、4けたのかけ算、8けたの割り算、見取り算などを3分で各40問ずつ解く。一問五点で、1つの種目でも3問以上間違えると合格できない。

 黒木君は、土日も含めて毎日教室へ通い、練習を重ねている。スタートの合図が出ると、目にも留まらぬ速さで、リズムを取りながら次々と問題を解いていく。

 黒木君は「(現在五段の)珠算でもフラッシュ暗算でも十段を目指したい」とさらなる目標を掲げ「将来は、そろばんの先生になりたい」とにっこり笑った。

(8/30 10:20)
[PR]
by unkotamezou | 2006-08-30 10:20 | 教育 學問 書籍
首相主導で教育改革 安倍氏当選なら「推進会議」設置へ
首相主導で教育改革 安倍氏当選なら「推進会議」設置へ

 下村博文自民党副幹事長は29日、9月の自民党総裁選で安倍晋三官房長官が当選し、首相に就任した場合、首相直属の「教育改革推進会議」(仮称)が設置されるとの見通しを明らかにした。東京都内で開かれた教育基本法改正シンポジウムで語った。

 教育行政の方針は文部科学相の諮問機関である中央教育審議会で審議されてきたが、安倍氏は教育再生を政権の最重要課題と位置づけており、既得権益を排した大胆で迅速な改革のため首相直属機関の設置を総裁選の公約に盛り込む方針だ。

 安倍氏に近い下村氏は「文科省だけに任せずに、かつての教育改革国民会議のような首相主導で教育改革を行う組織を、新政権が発足したらすぐに設置しなければならない」と述べた上で「新政権発足から半年以内に結論を出すくらいのことが必要だ」とスピーディーな審議を訴えた。

 推進会議が設置されれば、安倍氏が主張する(1)学力の向上(2)教員の資質向上(3)児童・生徒が学校を選択し、自治体などが配布する利用券を授業料として納める教育バウチャー制度の導入-などが論議されるとみられる。

 同じく安倍氏に近い山谷えり子内閣府政務官は来賓あいさつで、「推進会議と国民運動の連携が望ましい」と述べ、教育再生に向けたネットワークが必要との認識を示した。

(08/30 10:08)
[PR]
by unkotamezou | 2006-08-30 10:08 | 教育 學問 書籍
「さよなら名機YS-11」 武骨さと温もり漂う
「さよなら名機YS-11」 武骨さと温もり漂う

 全長約26メートルのずんぐりした胴体。両翼のエンジンには大きなプロペラがついている。ジェット機に比べると、武骨なイメージは否めない。だが、フライトを終え、夕暮れのスポットに駐機した姿は、人間のような温もりを漂わせていた。

 日本を代表した翼が今年9月末、国内の定期航空路線から姿を消す。YS-11。日本初の国産旅客機として設計され、昭和37年の試作機の初飛行から現在まで、国内をはじめ世界の空で44年間飛び続けてきた。

「性能に古さはあるが、まだまだ飛ぶ能力は十分。残念です」

 約40年のパイロット歴を持つエアーニッポン(ANK)の川上聖治機長(59)は、14年間親しんだ“元パートナー”の引退を惜しむ。

 現在、国内の航空路線で運航されているYS機は、日本エアコミューター(JAC)の3機だけとなった。最終フライトを前に「名旅客機」の軌跡をたどる。

≪"じゃじゃ馬"操縦しがい≫

 YS機の最大の特徴は短距離離着陸性能。ジェット機は比較的小型の機種でも、1500メートルの滑走路が必要とされる。しかし、YS機は1200メートルの滑走路で離着陸が可能。64人もの乗客が搭乗できるため、小さな空港の多い離島や途上国、海外の山岳地域などで重宝され今も人気が高い。

 昭和48年の製造終了までに、試作の2機を含め182機が誕生した。新造機は国内以外に世界10数カ国に輸出され、海上自衛隊や海上保安庁などにも配備されている。また、多くの中古YS機は海外に輸出され、今も飛行を続けている。

 そんなYS機が、なぜ引退を余儀なくされるのか。理由は5年前の国交省の決定にある。決定はほぼすべての旅客機に、航空機衝突防止装置など高価な安全装備を義務付ける内容。YS機には今年12月末まで猶予が与えられたが、費用がかかるため航空各社は順次、“退役”を進めることになった。

 ANKは平成15年8月31日、北海道内の新千歳-女満別便を最後に、YS機の運航に終止符を打った。ANAグループ全体では最大時、42機のYS機を運航。多くのパイロットがYS機で飛行技術を学んだ。川上機長もその1人。「機長昇格訓練を受けたのはYS。まさにプロの技術を教わりました」と話す。

 YS機は、アナログ的な側面を持つ。今の旅客機の多くは、昇降舵や方向舵などの動翼を電気式系統や油圧などで操作する。一方、YS機の場合、動翼はパイロットが操縦桿やペダルを踏み込む人力で制御。重い操縦桿を操りながら飛行させる感覚は「じゃじゃ馬を慣らしていく感じ」なのだという。

 川上機長はANKに入社する前、YS機を国内からアフリカなどの海外に、さらに海外から国内へと輸送するパイロットとして勤務した。

「もう一度、YSを操縦してみたかった。定年になって思い出したとき、寂しさが込み上げてくると思う」と語った川上機長は、YS機への思いを付け加えた。

「私にとって先生のような存在でした」

(08/28 17:24)
[PR]
by unkotamezou | 2006-08-28 17:24 | 自然 生活 社會 医療
安倍氏、ガス田新施設建設で支那に懸念伝える
安倍氏、ガス田新施設建設で中国に懸念伝える

 安倍晋三官房長官は28日午前の記者会見で、中国が東シナ海の日中中間線付近で新たな採掘関連施設を建設していることについて、中国側に懸念を伝えていることを明らかにした。

 安倍氏は「中国側が開発作業による既成事実の積み重ねを行っていることに強い関心と懸念がある」と述べた上で、「わが国の主権的権利を確保すべく、対話を通じた迅速な解決を目指したい」と強調した。新たな施設は中間線の中国側の平湖石油ガス田付近にあり、「八角亭」と呼ばれている。

(08/28 13:30)
[PR]
by unkotamezou | 2006-08-28 13:30 | 國防 軍事
【私の修業時代】元日本将棋連盟会長・二上達也九段 楽しみだった対局の記録係
【私の修業時代】元日本将棋連盟会長・二上達也九段 楽しみだった対局の記録係

 将棋のプロ棋士が一人前扱いされるのは四段以上で、三段以下はプロの卵、つまり修業中の身ということになる。

 現役時代、“北海の美剣士”“攻めの二上”の異名をとり、タイトル獲得は棋聖4期、王将1期の計5期。羽生善治三冠の師匠としても知られる。昭和生まれの棋士として、大正生まれの大山康晴十五世名人らと何度も名勝負を繰り広げ、平成2年に引退。その前年から平成14年まで前人未踏の14年間、日本将棋連盟会長の重責を担ってきた。

 その修業時代といえば、戦後まもない昭和25年ごろ、アマチュア名人戦北海道代表の実績を作って渡辺東一名誉九段宅で内弟子生活を始めたころの話。

 「奨励会では記録係を務めるのが楽しみでした」

 記録係とは、対局するプロ棋士の息づかいを感じるほどの間近に座り、指し手と消費時間を書き記す仕事である。

 当時は持ち時間各7時間の将棋だから、戦いが終わるとすでに真夜中。東京の棋士は帰宅するが、名古屋、大阪からの遠征組は連盟にそのまま宿泊するのが“定跡”となっていた。頭が興奮したままの棋士はすぐには眠れない。そこで、「若いの、一つ教えてやろう」となるわけだ。

 「板谷四郎先生や高島一岐代先生がよく指してくれました。板谷先生に私が勝つわけですよ。そうすると『こんなことがあるものか、もう一回やろう』と…結局朝までやるわけです。勉強になりました」

 詰将棋が好きだから、対局中はいつものように膝(ひざ)元に置いた詰将棋の本を見ていると、「パチン」と駒音がした。あわてて盤上に目を向けると、手に持った駒を将棋盤の横でたたく音だった。

 「おまえが居眠りしているようだから起こしてやったんだ」

 盤上にそっと音無しで駒を置いたため気づかずにいると、「ほら、指したぞ」といたずらっぽく笑いながら言うこともあった。

 声の主はいずれも升田幸三実力制第四代名人だった。

 (藤田昌俊)

【プロフィル】二上達也

 ふたかみ・たつや 昭和7年、北海道函館市生まれ。A級通算27期。平成14年、勲四等旭日小授章を受章。著書に『二上詰将棋選集』『棋士』など多数。

(08/28 05:00)
[PR]
by unkotamezou | 2006-08-28 05:00 | 冒險 競技 藝能 娯楽
麻生氏、集団的自衛権で解釈変更を主張
麻生氏、集団的自衛権で解釈変更を主張

 麻生太郎外相は27日のNHKやフジテレビの番組で、集団的自衛権に関し「あるのに使えないという憲法解釈をしている。できるように解釈を変えた方がより現実的だ」と重ねて解釈変更を主張、同時に憲法改正について「自民党結党以来の党是であり、自主憲法は制定すべきだ」と述べた。

 小泉純一郎首相の靖国神社参拝で途絶えている日中首脳会談については「中国との間では外相や経産相は会談しているので、誰が(首相に)なっても胡錦濤国家主席と会談することは十分可能だ」との見通しを示した。

 消費税率引き上げでは「法人税の伸び、高齢者比率、政府の歳出削減などが見えた段階で考えても遅くない」と述べた。

(08/27 13:14)
[PR]
by unkotamezou | 2006-08-27 13:14 | 國防 軍事
渡嘉敷島の集団自決 「大尉は自ら十字架背負った」
渡嘉敷島の集団自決 「大尉は自ら十字架背負った」

 「大尉は、自ら十字架を背負ってくれた」。沖縄戦の渡嘉敷島で起きた集団自決の「軍命令」を新証言で否定した元琉球政府職員、照屋昇雄さん(82)。島民が年金や弔慰金を受け取れるようにするために名前を使われた赤松嘉次元大尉は、一部マスコミなどから残虐な指揮官というレッテルを張られてきた。照屋さんは、自分のついた「うそ」で、赤松元大尉が長年非難され続けてきたことがつらかったという。

 赤松元大尉は昭和19年9月、海上挺身隊第3戦隊の隊長として渡嘉敷島に赴任した。任務は120キロ爆雷を積んだベニヤ製特攻艇を使った米艦船への体当たり攻撃。ところが、20年3月の米軍主力部隊上陸前、作戦秘匿を理由に出撃前に特攻艇の自沈を命じられ、終戦まで島内にとどまった。

 戦傷病者戦没者遺族等援護法では、日本軍の命令での行動中に死傷した、沖縄やサイパンの一般住民は「戦闘参加者」として準軍属として扱うことになっている。厚生労働省によると、集団自決も、軍の命令なら戦闘参加者にあたるという。

 照屋さんは、本来なら渡嘉敷島で命を落とす運命だった赤松元大尉が、戦後苦しい生活を送る島民の状況に同情し、自ら十字架を背負うことを受け入れたとみている。

 こうして照屋さんらが赤松元大尉が自決を命じたとする書類を作成した結果、厚生省(当時)は32年5月、集団自決した島民を「戦闘参加者」として認定。遺族や負傷者の援護法適用が決まった。

 ただ、赤松元大尉の思いは、歴史の流れのなかで踏みにじられてきた。

 45年3月、集団自決慰霊祭出席のため渡嘉敷島に赴いた赤松元大尉は、島で抗議集会が開かれたため、慰霊祭に出席できなかった。中学の教科書ではいまだに「『集団自決』を強制されたりした人々もあった」「軍は民間人の降伏も許さず、手榴弾をくばるなどして集団的な自殺を強制した」(日本書籍)、「なかには、強制されて集団自決した人もいた」(清水書院)と記述されている。

 渡嘉敷村によると、集団自決で亡くなったと確認されているのは315人。平成5年、渡嘉敷島北部の集団自決跡地に建てられた碑には、「軍命令」とは一切刻まれていない。渡嘉敷村の関係者が議論を重ねた末の文章だという。村歴史民俗資料館には、赤松元大尉が陸軍士官学校卒業時に受け取った恩賜の銀時計も飾られている。

 同村の担当者は「命令があったかどうかは、いろいろな問題があるので、はっきりとは言えない。しかし、命令があったという人に実際に確認するとあやふやなことが多いのは事実。島民としては、『命令はなかった』というのが、本当のところではないか」と話した。

 今回の照屋さんの証言について、「沖縄集団自決冤罪(えんざい)訴訟を支援する会」の松本藤一弁護士は「虚偽の自決命令がなぜ広がったのか長らく疑問だったが、援護法申請のためであったことが明らかになった。決定的な事実だ。赤松隊長の同意については初めて聞く話なので、さらに調査したい」とコメント。昨年、匿名を条件に照屋さんから話を聞いていた自由主義史観研究会の代表、藤岡信勝拓殖大教授は「名前を明かしたら沖縄では生きていけないと口止めされていたが、今回全面的に証言することを決断されたことに感動している。また一つ歴史の真実が明らかになったことを喜びたい」と話している。

 照屋さんは、CS放送「日本文化チャンネル桜」でも同様の内容を証言。その様子は同社ホームページで視聴することができる。

≪照屋昇雄さん「真実はっきりさせようと思った≫

照屋昇雄さんへの一問一答は次の通り。

--なぜ今になって当時のことを話すことにしたのか

「今まで隠し通してきたが、もう私は年。いつ死ぬかわからない。真実をはっきりさせようと思った」

--当時の立場は

「琉球政府社会局援護課で旧軍人軍属資格審査委員会委員の立場にあった。以前は新聞記者をしていたが、政府関係者から『援護法ができて、軍人関係の調査を行うからこないか』と言われ審査委員になった。私は、島民にアンケートを出したり、直接聞き取り調査を行うことで、援護法の適用を受ける資格があるかどうかを調べた」

--渡嘉敷ではどれぐらい聞き取り調査をしたのか

「1週間ほど滞在し、100人以上から話を聞いた」

--その中に、集団自決が軍の命令だと証言した住民はいるのか

「1人もいなかった。これは断言する。女も男も集めて調査した」

--ではなぜ集団自決をしたのか

「民間人から召集して作った防衛隊の隊員には手榴(しゅりゅう)弾が渡されており、隊員が家族のところに逃げ、そこで爆発させた。隊長が(自決用の手榴弾を住民に)渡したというのもうそ。座間味島で先に集団自決があったが、それを聞いた島民は混乱していた。沖縄には、一門で同じ墓に入ろう、どうせ死ぬのなら、家族みんなで死のうという考えがあった。さらに、軍国主義のうちてしやまん、1人殺して死のう、という雰囲気があるなか、隣の島で住民全員が自決したといううわさが流れ、どうしようかというとき、自決しようという声が上がり、みんなが自決していった」

--集団自決を軍命令とした経緯は

「何とか援護金を取らせようと調査し、(厚生省の)援護課に社会局長もわれわれも『この島は貧困にあえいでいるから出してくれないか』と頼んだ。南方連絡事務所の人は泣きながらお願いしていた。でも厚生省が『だめだ。日本にはたくさん(自決した人が)いる』と突っぱねた。『軍隊の隊長の命令なら救うことはできるのか』と聞くと、厚生省も『いいですよ』と認めてくれた」

--赤松元大尉の反応は

「厚生省の課長から『赤松さんが村を救うため、十字架を背負うと言ってくれた』と言われた。喜んだ(当時の)玉井喜八村長が赤松さんに会いに行ったら『隊長命令とする命令書を作ってくれ。そしたら判を押してサインする』と言ってくれたそうだ。赤松隊長は、重い十字架を背負ってくれた」

「私が資料を読み、もう一人の担当が『住民に告ぐ』とする自決を命令した形にする文書を作った。『死して国のためにご奉公せよ』といったようなことを書いたと思う。しかし、金を取るためにこんなことをやったなんてことが出たら大変なことになってしまう。私、もう一人の担当者、さらに玉井村長とともに『この話は墓場まで持っていこう』と誓った」

--住民は、このことを知っていたのか

「住民は分かっていた。だから、どんな人が来ても(真相は)絶対言わなかった」

--あらためて、なぜ、今証言するのか

「赤松隊長が余命3カ月となったとき、玉井村長に『私は3カ月しか命がない。だから、私が命令したという部分は訂正してくれないか』と要請があったそうだ。でも、(明らかにして)消したら、お金を受け取っている人がどうなるか分からない。赤松隊長が新聞や本に『鬼だ』などと書かれるのを見るたび『悪いことをしました』と手を合わせていた。赤松隊長の悪口を書かれるたびに、心が張り裂ける思い、胸に短刀を刺される思いだった。玉井村長も亡くなった。赤松隊長や玉井村長に安らかに眠ってもらうためには、私が言わなきゃいけない」

(08/27 12:18)
[PR]
by unkotamezou | 2006-08-27 12:18