ブログトップ
<   2006年 06月 ( 85 )   > この月の画像一覧
安保、異端から「普通の国」に
安保、異端から「普通の国」に

 【ワシントン=古森義久】日米両国首脳が29日、「新世紀の日米同盟」をうたう共同文書を発表する背景には過去5年余り、ブッシュ政権を触媒に小泉政権下の日本が自国の安全保障という面で戦後の異端から離れ、「普通の国」の方向へと着実な歩みを重ねた軌跡があるといえる。

 米国の歴代政権でも現ブッシュ政権は日本が自国の安全保障や対外的な姿勢という面で「普通の国」になることへの期待を初めて明確にした。

 戦後の日本は憲法第9条の下、自国の防衛にも制約を課し、自国領土外では自国民の生命や自国の利益、安全を守るためでも戦闘にはかかわれないという徹底したパシフィズム(無抵抗平和主義)の枠組み内に自らを置いてきた。自国の安全も含む国際的な安全保障のためにさえ、他国と防衛行動をともにする集団的自衛権は行使できないという点でも日本は全世界で類例のない「異端の国家」「ハンディキャップ国家」となってきた。

 米国の歴代政権も戦後、日本が安保面での自縛を保ち、同盟国の米国に依存しきることを奨励する政策をとってきた。90年代の民主党クリントン政権も日本の憲法改正や集団的自衛権の禁止解除には難色を示し、「普通の国・日本」には反対の立場を示してきた。

 ところが2001年に誕生したブッシュ政権は日本が日米同盟の枠内にとどまる限り、安保面でより普通となり、より強くなることをむしろ求める姿勢を明確にした。日本が米国と民主主義の価値観を堅固に共有する限り、より対等で、より成熟したパートナーとして安保分野での対外的な影響力をも拡大することを求めるようになった。日本の「普通の国」化が日米同盟の強化を通じ米国自身の国益を利するという思考からだが、過去の政権にくらべ、日本を成熟した民主主義の同盟相手としてより信頼するという面も否定できない。

 ブッシュ政権は本来、保守主義に立ち、対外政策では国家主権、軍事力、民主主義の価値観などを歴代政権よりはずっと顕著に重視する。その結果、価値観を共有する国家同士が有事の軍事協力を誓いあう同盟のきずなも当然、重要視することになる。対日同盟の強化はその帰結でもあった。

 同盟強化では両国間の均質性が自然と求められ、日本の安保面での異質性、特殊性、対米同盟での片務性も減っていくこととなった。日本が対テロ戦争への協力としてインド洋に自衛隊を送り、イラクでの米国の民主化闘争を助けるために自衛隊を駐留させ、国内での有事法制を整備し、米国との共同のミサイル防衛に着手し、中国の軍拡や台湾海峡の危機への懸念を米国との共通戦略目標として明示していったのも、みなそうした流れであり、「普通の国」へ向かう動きとなった。ブッシュ政権はさらに日本の集団的自衛権行使や憲法第9条改正への動きを奨励することをためらわない。

 小泉・ブッシュ時代の5年余、ブッシュ政権のこうした期待や要請が触媒となって小泉政権が動いた面が大きい一方、日本自体の安保面での対外認識が異端から普通へと変わったことも「世界の中の日米同盟」の実体を固める結果を招いた。

 北朝鮮の核兵器開発や日本人拉致の自認、韓国の竹島不法占拠、中国の大軍拡や東シナ海での恫喝(どうかつ)的な行動などは、日本側の戦後パシフィズムを切り裂き、米国との協力を強めて防衛や抑止の実効措置をとることへの世論を高めたわけである。
[PR]
by unkotamezou | 2006-06-30 05:00 | 國防 軍事
「天覧試合」ON初アベック弾
「天覧試合」ON初アベック弾

c0027730_132584.jpg
天覧試合で長嶋が放ったサヨナラホームランは人々の記憶に刻まれた(1959年6月25日、後楽園球場)

 入団2年目のシーズンはワンちゃん(王貞治)が加入しました。彼と初めて会った時のことはよく覚えています。前年の9月の初めの夕方でしたね。広島へ遠征する夜行列車に乗り込む東京駅でした。巨人への入団を決めた直後で、水原(茂)監督にあいさつに来たんですよ。

 学生帽に白ワイシャツ姿でしたが、体がとにかく大きくて大人びた印象でしたね。私は、「これから大変だが、自分を大切にした方がいいぞ」と声をかけました。投手としての入団でしたが、高校時代から打力も注目されていましたからね、翌年春の宮崎キャンプで打者に転向することになったんですよ。

 《のちに世界のホームラン王となる王貞治は、1957年(昭和32年)、早稲田実業高2年の春、甲子園の全国選抜高校野球大会で投手として優勝。58年8月に巨人と入団契約を結ぶ。王がデビューした59年のシーズンには、関西大学のエース、村山実が、阪神に入団する》

 忘れもしません、6月25日、後楽園での阪神戦に天皇陛下(昭和天皇)、皇后陛下(香淳皇后)を迎えて初めての「天覧試合」が行われました。4月には皇太子殿下のご成婚がありまして、その喜びもさめやらない中、今度は陛下がプロ野球をご覧になるというんですから、興奮と緊張で前夜はなかなか寝つけませんでした。

 当時、東京・野沢の川上(哲治)さんの家の近くに下宿していましたから、川上さんの車で球場入りしました。水原監督は風呂で体を清めてきたといいますし、応援のカネ、タイコも禁止でね、球場全体が異様な雰囲気の中で試合は始まりました。

 《巨人が藤田元司、阪神が小山正明の投げ合いで始まった試合は、阪神が1点を先取、長嶋が小山から同点本塁打。逆転、また逆転のシーソーゲームは、七回に王が同点本塁打を放ち小山をKO。4―4の場面で、マウンドには村山が上がる》

 われわれもよく打ったし、阪神もよく打った。いいゲームでした。

 そして九回裏。先頭打者で私がボックスに入りました。カウントは2―2。インハイの球。見逃せばボールです。だけど、好きな高めですからね。迷わず振りぬいたらボールは夜空をレフトスタンドへ一直線。二塁。三塁。ホームへと回りながら背中がぞくっとしましたね。他のゲームでも劇的なホームランは打ちましたが、このサヨナラホームランだけは、うれしさが違いますね。生涯のベストシーンです。

 陛下もお帰りの予定の9時を過ぎて、もう少し、とおっしゃって席を立たれる寸前だったそうです。

 村山さんは、「あれはファウルだ」と言ったそうですが、完全なホームランです。「ほんとならファウルになるボールだ」と言ったのが誤って伝わったんじゃないでしょうか。

 それからね、この試合が、ワンちゃんと私の初めてのONアベックホームランだったんです。

 村山さんは、この屈辱から、生涯、長嶋をねじ伏せることに執念を燃やしたんですね。静かな中に闘志を秘めたいい投手でした。

 《59年、世の中は「岩戸景気」に沸いた。同年18勝を挙げ最優秀防御率に輝いた村山はその後、1500奪三振と2000奪三振を、いずれも長嶋を相手に記録している》(敬称略)

2006年6月29日 読売新聞
[PR]
by unkotamezou | 2006-06-29 13:01 | 冒險 競技 藝能 娯楽
サミットで拉致・ミサイル議題に、日露外相会談で一致
サミットで拉致・ミサイル議題に、日露外相会談で一致

 【モスクワ=栗林喜高】麻生外相は28日午後(日本時間同日夜)、ロシア外務省でラブロフ外相と会談した。

 両外相は、北朝鮮による日本人拉致問題と長距離弾道ミサイル「テポドン2号」の発射準備の問題について、29日の主要8か国(G8)外相会合と7月中旬にロシアで開かれる主要国首脳会議(サンクトペテルブルク・サミット)で取り上げることで一致した。

 麻生外相は、北方領土問題について「1956年の日ソ共同宣言、93年の東京宣言など、これまでの諸合意、諸文書に基づき、双方が受け入れ可能な領土問題の解決に向けて、努力すべきだ」と述べ、歯舞、色丹、国後、択捉の4島の帰属問題を解決し、平和条約を締結するとの日本の基本的立場を改めて伝えた。

 ラブロフ外相は「麻生外相が言及した諸合意、諸文書を考慮して、平和条約の締結交渉を継続することがロシアの立場だ」と述べるにとどまり、歩み寄りはなかった。

 東シベリア産原油を東アジアに運ぶ石油パイプラインの「太平洋ルート」構想については、早期の建設実現を目指し、両国の協議を加速させることで一致した。

 イランの核問題について、ラブロフ外相は「G8外相会合で議論する。日露間でも情報交換をしたい」と語った。

2006年6月29日0時3分
[PR]
by unkotamezou | 2006-06-29 00:03 | 國防 軍事
子ども条例「愛国心」盛り込む 長崎・佐世保市議会が可決
子ども条例「愛国心」盛り込む 長崎・佐世保市議会が可決

 長崎県佐世保市議会は28日、「国を愛する心を養う」との基本理念を盛り込んだ「子ども育成条例」を賛成多数で可決した。佐世保市によると、子供の育成に関する条例に愛国心についての文言が明記されたのは全国初という。30日にも施行される。

 条例は15歳未満の子供の育成に地域社会や学校などが果たすべき努力目標を示した。基本理念の項で「人を愛し、郷土や国を愛し、世界の平和を願い自然を大切にする心を養うことができるよう」支援するなどとしている。

 当初、学識者らでつくる検討会議では「郷土愛や愛国心など、個人の価値観を字句として入れるべきではない」との意見があり、同市は「平和を愛し、自然を大切にする心」などと記した条例案を提出していた。

 しかし、議会では「郷土や国を愛し」などとの表現に修正。賛成26、反対8で可決された。

 委員会で修正を提案した自民党議員は「郷土や国を愛する子に育ってほしいとの願い」と説明した。

06/28 23:46
[PR]
by unkotamezou | 2006-06-28 23:46 | 政治 行政 立法
長島茂雄 大物新人続々 日本中に活気
大物新人続々 日本中に活気

c0027730_19322944.jpg
ラジオ番組を収録する石原裕次郎(右)と長嶋(1959年)=ラジオ日本提供

 新人王のタイトルを引っさげて、1958年(昭和33年)の日本シリーズは、西鉄と覇権を争うことになりました。巨人の水原、西鉄の三原の因縁の対決でもありました。

 《戦前の六大学時代からライバルとして戦ってきた巨人監督・水原茂(慶応出身)と西鉄監督・三原脩(早稲田出身)。「巌流島の対決」とマスコミが名づけた56年のシリーズでは、ルーキーでエースの稲尾和久を擁し、豊田泰光、中西太を中軸とする西鉄強力打線の前に巨人は2勝4敗で敗退。57年にも、投打充実の西鉄がすべて逆転勝ちの4連勝(1引き分け)で巨人を退けた》

 巨人としては、今度こそはと臨んだシリーズで、1戦、3戦で稲尾さんをたたいて巨人が3連勝。これで日本一はもらったと思いましたが、そこから4連敗で敗れました。稲尾さんは6試合を投げて、そのうち、勝ちも負けも合わせて4試合で完投しました。西鉄ファンにしてみれば「神様、仏様、稲尾様」ってね、頼りがいがあったでしょう。悔しいけれど、そりゃそうですね。

 私は最終戦の九回に稲尾さんからランニングホームランを打ちましたが、チームは抑え込まれましたね。彼の球は、速くて重くて、外角低めにコントロールされた球がびしーっとくる。手こずりましたね。

 日本シリーズの後、川上(哲治)さんは現役を引退します。もう一人、ミスター・タイガースと呼ばれた阪神の藤村(富美男)さんもこの年のシーズンを最後にバットを置きます。私が子どものころに藤村さんにあこがれたのは、彼の持つショーマンシップの精神でした。「魅せる野球」ですね。私はそれを学びました。

 球界も世代交代の時期にさしかかっていました。そうしたプロ野球の新しい時代が花開く時に、私はプロデビューを果たしました。

 《56~58年には、その後の球界を支える大物ルーキーが次々とデビューし、新人王をさらう。各年の新人王は次の通り。【56年】(セ)秋山登(明大―大洋・投手)、(パ)稲尾(別府緑ヶ丘高―西鉄・同)【57年】(セ)藤田元司(慶大―日石―巨人・同)、(パ)木村保(早大―南海・同)【58年】(セ)長嶋、(パ)杉浦忠(立教大―南海・投手)。このほか長嶋と同期には、森徹(早大―中日)、本屋敷錦吾(立教大―阪急)、近藤和彦(明大―大洋)、森永勝也(専大―熊谷組―広島)ら、各球団の看板となる野手たちがずらりと並ぶ》

 球界だけではなくて、映画界では石原裕次郎が、「狂った果実」(56年)「嵐を呼ぶ男」(57年)でさっそうと登場しました。裕次郎さんとは、「しげ」「裕ちゃん」と呼び合う仲で、お宅へおじゃましたり、彼が後楽園の試合を見に来たりと、ずいぶんと親しく付き合いました。大相撲では、初代の若乃花が、大きな相手を豪快に投げ飛ばす。日本中が活気に満ちて、新しい時代の到来を告げていました。

 《58年1月の初場所後、若乃花は横綱に昇進し、ライバル栃錦と競い合う栃若時代が幕を開ける。この年、NHKテレビの受信契約数が100万件を突破。お茶の間にいながら、大相撲、プロ野球を楽しめる時代がやってきた》(敬称略)

2006年6月28日 読売新聞
[PR]
by unkotamezou | 2006-06-28 19:27 | 冒險 競技 藝能 娯楽
EEZ 長崎・鳥島基点 政府、韓国要求に対抗
EEZ 長崎・鳥島基点 政府、韓国要求に対抗

 政府は27日、竹島周辺海域の排他的経済水域(EEZ)境界画定をめぐる日韓交渉で、長崎県五島市の鳥島を日本側の基点として東シナ海のEEZを画定するように韓国に求める方針を決めた。韓国が従来の主張を変更して日本固有の領土である竹島を基点に日本海のEEZを画定するよう要求してきたことに対抗するためだ。

 政府は9月にソウルで開かれる次回交渉で、鳥島を基点に日本のEEZを韓国側に拡大するよう主張する考えだ。

 これまで政府は、竹島を基点に日本のEEZの境界を画定するよう求めるとともに、鳥島についても国連海洋法条約上はEEZを設定できる「島」だと指摘してきた。これに対し、韓国は鳥島を「岩礁」だとして、EEZの設定はできないとしてきた。

 しかし、韓国は6月12、13の両日に東京で開かれた境界画定交渉で、それまで「岩礁」としていた竹島を突如、「島」だと主張。韓国は従来、韓国領の鬱(うつ)陵(りよう)島を基点にしてEEZを画定するよう求めていたが、基点を竹島にしてEEZの境界を日本側に大きくずらすように要求してきた。

 韓国が主張を変更した背景には、不法占拠している竹島を領土問題から歴史問題にすり替えて対日攻勢を強めようという盧武鉉政権の思惑や韓国人の漁民夫妻を居住させて有人島化を図るなど着々と既成事実を積み上げていることがあるとみられる。

 日韓双方は、竹島の領有権問題とは切り離してEEZ画定交渉を促進するとした平成8年の日韓首脳会談の合意に基づいて、話し合いを進めていくことで一致している。

 ただ、政府は先の交渉で、竹島を基点とした韓国の主張を受け入れられないと拒否しており、今後は韓国が突然、主張を変更した根拠などをただしていく考えだ。

 外務省幹部は「韓国の主張は矛盾している。鳥島は独自の経済活動を展開できる可能性がある」と指摘している。今後は、日本海側は竹島を、東シナ海側は鳥島をそれぞれ基点にしてEEZを画定するように韓国に強く求めていく考えで、交渉はさらに先鋭化しそうだ。
[PR]
by unkotamezou | 2006-06-28 05:00 | 國防 軍事
長島茂雄 理由あった一塁踏み忘れ
理由あった一塁踏み忘れ

c0027730_19261693.jpg
一塁ベースを踏み忘れてホームランが取り消され、ぼう然とする(左から)水原茂監督、川上哲治と長嶋(1958年9月19日、後楽園球場)

 初めての対戦では完ぺきに封じられた金田さんから、7月に、やっとホームランをお返ししました。金田さんは、6月なかばには8年連続の20勝を達成していました。6月にですよ。大変な投手でしたよ。

 それからも三振はとられましたが、そうは打ち負けていないはずですね。

 《金田正一が1965年(昭和40年)に国鉄から巨人に移籍するまで7年間続く長嶋・金田の対戦成績は、211打数66安打の打率3割1分3厘。本塁打18本、三振31個。長嶋はルーキーだった58年、8月6日の広島戦から、4番に座り、いきなり右翼に17号本塁打を放ち期待にこたえる》

 新人の年に、忘れられない思い出がもう一つあります。一塁ベース踏み忘れ事件です。ホームランがふいになってしまったんですから、忘れられませんよ。

 シーズンも終盤、9月(19日)の後楽園での広島戦でした。五回裏1―1の場面で、鵜狩道夫から打った打球は左中間スタンドへ。二塁、三塁と回ってホームベースへ。これで勝てると思ったんですがね。試合が再開されると広島から「一塁を踏んでいない」とアピールされて、ボールは投手から一塁手に渡って「アウト」ってわけです。水原(茂)監督が執拗(しつよう)に抗議してくれたんですが、審判が、自信を持って「踏んでいない」というんじゃ、仕方がないですよ。私は覚えてないんだから。

 いまでも、ぼんやりだ、うっかりだと、なにかと私のこのボーンヘッドの例が引き合いに出されますけれどね。いいわけじゃないけれど、あの踏み忘れは理由があるんですよ。

 あの打球はショートの頭のすぐ上をライナーで越えていった。私は足に自信がありましたからね、しめた二塁打、いや三塁もねらえるかなと走りながら考えたんです。一つでも次の塁を狙うのが私のベースボールのスタイル。三塁打、そして塁上のクロスプレーは野球の華ですからね。そしたらなんと、ショートが取れそうだった打球が、こうね、ぐーんと伸びていってスタンドにはいっちゃった。一塁を回るころは、二塁だ、三塁だと考えながら打球の行方を追っていたから、ベースを踏んだかどうか、まったく記憶になかったというわけです。

 絶好調でしたからね、ベンチに戻っても、「いいよ、また次に打ちゃいいんじゃないか」と、前向きに考えていましたよ。

 《プロ初年度、長嶋は打率3割5厘(2位)、本塁打29本(1位)、打点92(1位)と三冠王に迫る大活躍で、セ・リーグの二冠に輝き、文句なしに新人王に選ばれた。チームはセ・リーグのペナントを制した》

 打率で最後まで争った田宮謙次郎さん(阪神)は、右に左に打ち分けるいい打者でしたけど、最後は打率温存でベンチに下がっていたんじゃなかったかな。新人に三冠をもっていかれたんじゃ格好がつかないでしょうからね。私はこのシーズン、1イニングも休みませんでした。

 それより春のキャンプで同室の藤田(元司)さんと賭けたんですよ。「君のホームランとぼくの勝ち星とどっちが多いか」って。この年、藤田さんは29勝でMVP(最高殊勲選手)。私が29本。あれがホームランなら30本となって、私の勝ちでしたね。(敬称略)

2006年6月27日 読売新聞
[PR]
by unkotamezou | 2006-06-27 19:26
移転管理の国際的基準を 国連小型武器会議で日本代表演説
移転管理の国際的基準を 国連小型武器会議で日本代表演説

 【ニューヨーク=長戸雅子】国連本部で26日開幕した国連小型武器再検討会議で日本の伊藤信太郎外務政務官が演説し、小型武器の輸出など移転管理について「国際的基準」を設けるよう訴えた。

 伊藤政務官は非合法な小型武器取引を「個人の生命および安全に対する人道上の脅威」と指摘、会議最終日に採択予定の政治文書(最終文書)に輸出管理強化など「移転管理の重要性が強調されるべきだ」とし、主要武器輸出国の参加確保を呼びかけた。

 このほか紛争の影響を受けた地域社会の支援についても言及、非合法武器の回収や元兵士らへの社会復帰支援の重要性を強調した。

 一方、スイスのジュネーブ高等国際問題研究所が同日発表した小型武器に関する調査報告書によると、2003年の年間輸出額ベースでロシアが最大の小型武器輸出国(約4億3200万ドル以上)で米国がこれに続いている。また、イランとクロアチアが輸出額1000万ドル以上の「主要輸出国」として初めて認定された。

06/27 11:05
[PR]
by unkotamezou | 2006-06-27 11:05 | 國防 軍事
麻生外相がモスクワに出発 G八外相会合などに出席へ
麻生外相がモスクワに出発 G8外相会合などに出席へ

 麻生太郎外相は27日昼、主要国(G8)外相会合などに出席するため、成田空港からモスクワに向け出発。引き続きウクライナ・キエフを訪問し、7月2日に帰国する予定だ。

 麻生氏は28日にロシアのラブロフ外相やイワノフ安全保障会議書記、フランスのドストブラジ外相と会談。29日にはG8外相会合に臨むほか、ベケット英外相、イタリアのダレーマ副首相兼外相らと会談する。

 キエフでは30日にユシチェンコ大統領、7月1日にタラシュク外相とそれぞれ会談する予定だ。

06/27 08:29
[PR]
by unkotamezou | 2006-06-27 08:29 | 政治 行政 立法
平成二十一年、支那軍の日本侵攻が始まる
米、元高官 仮想軍事シナリオ共著 「2009年、中国の攻撃で日中開戦」

 【ワシントン=古森義久】「2009年に中国のミサイル攻撃で新たな日中戦争が始まる」という仮想の軍事シナリオを描いた本が、米国の元国防総省高官2人の共著でこのほど刊行された。中国が日本に尖閣諸島の領有権や首相の靖国神社参拝、石油資源獲得などで高圧的な要求を突きつけ、日本側が応じないことから軍事衝突へ、という近未来フィクションだが、米国の新女性大統領が同盟国の日本を支援しないという想定までが含まれている。

 この本は「ショーダウン」(対決)と題され、6月上旬に米国の大手出版社レグネリー社から刊行された。著者は先代ブッシュ政権の国防副次官のジェッド・バビン氏とレーガン政権の国防総省動員計画部長のエドワード・ティムパーレーク氏。両氏とも国際安全保障や中国の軍事動向を専門に研究した実績があり、この本は中国の対外戦略と人民解放軍の実態を分析している。

 副題に「なぜ中国は米国との戦争を求めるのか」とあるように、中国が現在のような大規模な軍拡を続けるのはやがてアジアからグローバルな覇権を追求し、米国と対決する意図があるからだという見解をとっている。その結果、米国やその同盟国側が強固な抑止措置をとらない限り、中国は台湾、韓国、日本や米国自体に軍事的に挑戦してくるという想定で、いくつかの軍事衝突や戦争のシナリオを描いている。

 そのうちの「中国と日本の戦争」のシナリオは、米国で大統領選挙が、中国では北京五輪が終わった2009年の1月から始まる。米国では初の女性大統領が誕生し、その民主党リベラルの親中志向から、中国がロシアと合同で尖閣諸島近くで示威的な軍事大演習をして、日本の首相が抗議を要請しても、「対中関係は重要だから中国を刺激してはならない」とかえって日本を抑える。それ以後の危機の展開では以下のような大筋のシナリオが示される。

▽ 中国では北京五輪後、貧富の差が拡大、失業が急増し、共産党政権は国内でナショナリズムをあおり、対外的には日本への糾弾を強めて人民の不満を抑えようとする。「日本の首相の靖国参拝は中国への戦争行為とみなす」とまで宣言する。

▽ 中国は日本を屈服させるため中国全土で反日デモを組織し、日本人の技師らをスパイ容疑で裁判にかけ、死刑を宣告する。反日デモの参加者は全土で2000万人にまでふくれあがる。中国はさらに日本の首相が靖国に参拝したことをたてに天皇の謝罪を求める一方、尖閣諸島の放棄を迫る。

▽ 中国は日本人「スパイ」数人を処刑し、日本へのサイバー攻撃で東京証券取引所や航空管制システムをまひさせる。さらに日本列島の上空を越える弾道ミサイル数発を発射し、尖閣攻撃の態勢をとる。

▽ 2009年8月、中国は巡航ミサイルを靖国神社に撃ち込み、破壊する。尖閣への攻撃も開始する。日本側も自衛隊が応じ、日中間の海戦が始まる。だが米国の女性大統領は「米国は中国と戦争をしたくない」として日本への支援を拒み、日本の首相に国連の調停を要請せよと説く。

 日本は大被害を受けて中国に降伏するという想定だが、この本はこうした事態を起こさないためにこそ米国は警戒を怠らず軍事面での対中抑止策を保持すべきだと訴えている。
[PR]
by unkotamezou | 2006-06-27 05:00 | 國防 軍事