ブログトップ
<   2006年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧
盆栽が人気
ミニ盆栽で小宇宙楽しむ 「中高年の趣味」今や昔…若者に人気

≪魅力的な「想像の遊び」、手軽さも受け≫

 「中高年の趣味」というイメージが強かった盆栽。最近は草花をアレンジした寄せ植え風や苔(こけ)をあしらったミニ盆栽が女性や若い男性に人気だ。マンションの一室で育てられる手軽さもあって、ミニ盆栽作りにチャレンジする人も少なくない。草花が一番美しいこの季節、小さな鉢の中の“小宇宙”を楽しんでみては。(中曽根聖子)

≪インテリア感覚≫

 若者の街、東京・渋谷にある東急ハンズ。地下二階にある日比谷花壇のフラワーショップ「ベリーメリー」では、苔に覆われた土に山野草やモミジ、松などを植えた苔玉が新しいタイプの盆栽として人気を集める。

 苔の大きさは直径十センチ程度。手のひらに乗る小ぶりなサイズに加え、千五百円から数千円と価格も手ごろだ。春先には梅、桃、桜など季節にあわせて十数種類をそろえる同店では、二、三十代の男性が自宅用に購入するケースが多く、週末には十個程度が売れる。「和洋どちらのテースト(嗜好(しこう))にも似合うおしゃれなインテリアとして楽しんでいるようです」(同店)

 買い物に訪れた会社員の男性(31)は「苔玉を見ているとなんとなく落ち着く。サボテンと違って適度な水やりも必要だし、少しだけ手間がかかるかわいい奴」と、その魅力を語る。

≪盆栽町で教室≫

 一方、古くからの盆栽業者が点在するさいたま市北区盆栽町には、全国から受講者が集まる盆栽教室がある。

 主宰は江戸時代創業の老舗「清香(せいこう)園」五代目、山田香織さん。盆栽の基本を踏襲しながら、「若い人にも気軽に親しんでほしい」と、枝ものと草花を寄せ植え風に組み合わせた華やかな「彩花(さいか)盆栽」を教える。

 教室を訪ねた日曜日は約二十人が参加。初心者のグループは、ピンクの花をつける姫フウロ草やオダマキなど三種類の苗で植え付けにチャレンジした。「いきなり鉢の中に入れないで、花束を作るように組み合わせて」「根と根の間にしっかり土を押し込んで」。丁寧なアドバイスを受けながら仕上げていく。

 五月に盆栽町で開かれる「大盆栽祭り」の出品作を創作するグループは、山田さんの指導でモミジやクマシデの枝や葉の形を整える作業にかかった。

 「こんなに小さな鉢でも手入れを続ければ春には芽吹き、季節を感じられる。自分が育てた盆栽がいとおしくて三十分眺めていても飽きない」と、さいたま市の主婦(50)は目を細める。「うちの子をよろしく」と、作品を置いて帰る女性もいた。

≪女性が8割≫

 七年前にスタートした教室の参加者は現在五百人を超え、女性が八割以上。首都圏をはじめ東北各県から新幹線で通う人もいるほどの人気ぶりで、清香園では通信講座も開始した。

 盆栽町に鑑賞に訪れる観光客も様変わり。従来の愛好家のほか、女子大生や若者グループ、赤ちゃん連れの夫婦の姿も目立ち、「かわいい」「かっこいい」と楽しんでいくのだ。

 「日本の伝統文化である盆栽は『生きた小宇宙』と言われるように、一本の木で大自然の風景を表現する想像の遊び。かつては古くさいイメージもあったが、今時の若者は外国人と同様に新鮮な魅力を感じるのでは」と山田さん。

 伝統的な盆栽に比べ、リビングやベランダで気軽に楽しめるミニ盆栽。山田さんは「今の季節なら新緑が美しいモミジや花を咲かせるヤマアジサイ、フジなどがお勧め。土のにおいや四季の移ろいを感じさせてくれる盆栽との暮らしを始めてみては」と呼びかける。



 彩花盆栽教室(TEL048・663・3991)は一日体験教室も開催している。

04/29 07:55
[PR]
by unkotamezou | 2006-04-29 07:55 | 歴史 傳統 文化
訪米の早紀江さん支えた横田拓也さん「母に早く楽させたい」
訪米の早紀江さん支えた横田拓也さん 「母に早く楽させたい」

一番つらいのは姉本人、1秒でも早く返してあげたい

 【ワシントン=中村将】米下院の公聴会での証言に続き、米大統領と面会した横田めぐみさん=拉致当時(13)=の母、早紀江さん(70)を陰で支えていたのは、めぐみさんの弟、拓也さん(37)だった。滞在先のホテルで母と同じ部屋に泊まり、体調管理に努めた。訪米のヤマ場となった公聴会では、母の後ろの席に座り、寂しげに写るめぐみさんの写真を掲げた。姉に対する拓也さんの思いもまた強い。

 訪米して、早紀江さんの疲労の色は濃い。「夜眠っていて、寝返りをうつだけでも体が痛いといっています」。拓也さんはそういって早紀江さんを気遣う。

 「本来ならば、家族会代表である父(滋さん)が来るはずでしたが、昨年暮れに体調を崩し、一時は重篤な状態になりました。今回は大事をとって見送ったため、母が来ました。母も七十を超え、何かあったら大変なので、同じ部屋で滞在しています」。拓也さんは在ワシントン日本商工会が主催する昼食会の席でこうあいさつした。

 米政府高官らとの面会が終わって、部屋に戻った早紀江さんがぐったりしたときは、そっと肩をもんであげた。

 めぐみさんについて必死で訴える母。公聴会で早紀江さんは、亡命工作員から聞いためぐみさんが工作船で連れ去られる場面を涙声で説明した。拓也さんは「『助けて、おかあさん助けて』というフレーズの所で母はいつも、その場面を頭に浮かべて泣きそうになってしまいます。その度に母の頭にはつらさがよぎるんです」と話す。

 米下院公聴会で初の証言。「ありがたい機会だった。一方で、またつらい思いをさせる機会でもあった」と拓也さん。早紀江さんには「早く楽をさせてあげたい」という。

 五月に予定される訪韓。滋さんと同行する早紀江さんは、米国から帰国して間もない時期に再び飛行機に乗ることになる。「母を思うと行ってほしくない。でも、姉のことを思うと行ってほしい。複雑です」

 めぐみさんが生まれてくる前、「拓也」という名前が用意されていた。両親は男の子が生まれてくると思っていたからだ。その名前はめぐみさんの双子の弟の一人につけられた。それが拓也さん。もう一人の弟、哲也さん(37)は今回、日本で滋さんの体調に気を配っている。

 めぐみさんは小さいころから双子の弟をかわいがり、弟たちはめぐみさんを慕った。拓也さんはいう。「こんなに長い間、家族はつらい思いをしている。でも、一番つらいのは姉本人なのです。一秒でも早く返してあげたい」

 米政府高官や議員にはこうした思いが伝わった。その思いを日本でも伝えたいという。「文明社会の常識を超えた北朝鮮の非礼な、無礼な対応が続いています。日本国民全員が自分に課せられた問題として、拉致問題を考えてほしい」。拓也さんはそう語る。
[PR]
by unkotamezou | 2006-04-29 05:00 | 國防 軍事
奈良時代の木簡に「この家売ります」
奈良時代の木簡に「この家売ります」 福岡・大宰府条坊跡

 福岡県太宰府市の大宰府条坊(街区)跡で、「此家賣(売)」と墨書された奈良時代の木簡が28日までに出土した。
 同市教委は、3文字が「この家売ります」と読めることから、家屋売買の表示札とみている。

 市教委によると、木簡は、縦12.6センチ、最大幅4.1センチ、厚さ0.35センチ。下端が欠損しており、続きの文字があった可能性もある。その場合は、この家で何かを売っていたことを示した札とみられる。木簡の上部にはくびれがあり、家屋の柱などにひもでつり下げていたらしい。

 福岡大の小田富士雄名誉教授(考古学)は「奈良時代の不動産売買用の木簡なら極めて珍しい。識字のレベルからみて役人や富裕層の商人らが使っていた可能性がある」と話している。

04/28 14:16
[PR]
by unkotamezou | 2006-04-28 14:16 | 歴史 傳統 文化
韓国大統領の談話は誤り 竹島問題で麻生外相
韓国大統領の談話は誤り 竹島問題で麻生外相

 麻生太郎外相は28日午前の衆院外務委員会で、盧武鉉韓国大統領の竹島(韓国名・独島)問題をめぐる先の特別談話について「基本的には竹島の話は領有権の話で、歴史の話ではない。領有権の主張を歴史問題と絡めて言うのは、誤り、妥当ではないと思っている」と批判した。

 さらに麻生氏は、竹島周辺での日本の海洋調査中止などで合意した日韓次官会談後に大統領が特別談話を発表したことに関し「外交通商省と青瓦台(大統領官邸)との意思がなかなかうまく疎通していないというように理解しないと仕方がない」とも述べ、韓国政府の対応に不満を示した。

4月28日12時48分
[PR]
by unkotamezou | 2006-04-28 12:48 | 國防 軍事
外務省、ロシアに抗議 領土めぐる教科書批判で
外務省、ロシアに抗議 領土めぐる教科書批判で

 政府は28日、北方領土の記述に関する文部科学省の教科書検定結果にロシア外務省が先月末、批判の談話を発表したことに対し、ロシア政府側に抗議したことを明らかにした。同日午前の閣議で決定した鈴木宗男衆院議員の質問主意書への答弁書で示した。

 ロシア外務省は3月30日、2007年度高校教科書検定結果について「南クリール諸島(北方領土)があたかも日本領であるかのような考え方が復活した。(返還要求は)第2次世界大戦の結果の見直し要求にほかならない」と批判した。

4月28日12時9分
[PR]
by unkotamezou | 2006-04-28 12:09 | 國防 軍事
「韓国は不法占拠」の表現を今後徹底-竹島問題
「韓国は不法占拠」の表現を今後徹底-竹島問題

 政府は27日までに、韓国が不法占拠する島根県竹島について「『実効支配』は韓国から見た言い方で、不法占拠の正当化につながりかねない」(外務省幹部)として今後は「不法占拠」の表現を徹底する方針を決めた。

 政府はこれまでも「竹島はわが国固有の領土」としたうえで「韓国による竹島占拠は国際法上何ら根拠がないまま行われている不法占拠」とする見解を国会答弁などで示してきた。

 しかし韓国は竹島に警備隊員を常駐させるなどして「実効支配」を強調。わが国の閣僚も会見などでしばしば「実効支配」と発言。このため自民党などから「不法占拠という言い方を徹底させるべきだ」という指摘が出て、政府内で意思統一を図ることにした。
[PR]
by unkotamezou | 2006-04-28 10:49 | 國防 軍事
救う会副会長 島田洋一教授の陳述書 要旨
島田教授の陳述書要旨

 救う会副会長の島田洋一福井県立大教授が米下院に提出した陳述書要旨は次の通り。

 日本政府は公式には11件16人が北朝鮮に拉致されたと認定しているが、この数字は氷山の一角。少なくとも12カ国が北朝鮮の拉致機関の影響を受けている。

 北朝鮮の拉致の目的は(1)工作員に言葉や習慣を教えさせる(2)洗脳して工作員にする-など6つのケースがある。

 中国が北朝鮮への送還を続ける難民の中には、拉致被害者やその消息情報を持つ人が含まれているはずで、拉致被害者を取り戻すわれわれの活動を組織的に妨害していると言わざるを得ない。

 北朝鮮の拉致問題、核問題、ミサイル問題を解決するには政権交代しかない。経済的な圧迫が鍵になる。北朝鮮だけでなく、中国にも圧力をかけるべきだ。米国の金融制裁は正当だ。米国はこうした手段を強め、ほかの国も続いてほしい。

 日本は北朝鮮に対する経済的な圧迫を強めている。2年前、日本の国会を重要2法案が通過した。改正外為法と特定船舶入港禁止特別措置法だ。こうした強力な手段の実行は長年にわたってなされていない。今こそ徹底的な経済圧迫の時だ。

 金正日には絶望している。金正日を取り巻く人々に言いたい。金正日を排除し、拉致被害者や家族、友人らの安全と自由を確保してもらいたいと。そうすれば、北朝鮮は制裁解除と世界からの経済援助を期待できる。

4月27日23時49分
[PR]
by unkotamezou | 2006-04-27 23:49 | 國防 軍事
早紀江さんの陳述書全文
早紀江さんの陳述書全文

 横田早紀江さんが米下院に提出した陳述書全文は次の通り。

 本日はこのような貴重な機会を与えてくださったリーチ委員長、スミス委員長をはじめとする米議会の議員先生方に感謝いたします。

 私は、今から29年前、1977年11月に13歳で北朝鮮に拉致された横田めぐみの母、横田早紀江でございます。

 めぐみが中学校からの下校途中に行方不明になってから、どうしていなくなったのか分からない長い長い20年間の苦悩の日々を過ごしてまいりました。めぐみが北朝鮮の工作員によって拉致され、北朝鮮平壌郊外の工作員養成学校「金正日政治軍事大学」で工作員の日本人化教育の教員をしている、という情報が入ったのが、20年たった1997年のことでした。

 こんなに長い間、このような大変なことがどうして分からなかったのだろうと感じつつも、私たちは、それでもめぐみが生きていたのだ、すぐにでも会えるという思いで大変喜びました。けれども、北朝鮮にいると分かってから、今日まで9年以上が過ぎたのに、まだ救出できないままです。なぜ、助けられないのか、口惜しくて、悲しくてたまりません。

 一貫して「日本人拉致」を否定してきた金正日は、2002年9月の日朝首脳会談で、一転して13人だけの拉致を認めました。北朝鮮が拉致した日本人は13人どころではありませんが、彼らは、数多くの被害者について、いまだに拉致したことさえ認めていません。拉致の疑いがあるとして家族などが調査を依頼しているケースが450人以上あります。日本政府はそのうち30人以上について北朝鮮との外交交渉で名前を挙げて追及しました。

 娘「めぐみ」と、本日家族がこの席に来ています田口八重子さん、増元るみ子さん、市川修一さんら8人は、死亡と通告されましたが、北朝鮮が8人の死亡の根拠として提供した医師の署名入りの死亡診断書、病院死亡台帳、警察作成とされる交通事故調書などは、日本政府の精査の結果「すべて信じるに値しない」ものでした。一昨年11月「めぐみの骨」とされるものが、日本政府により持ち帰られましたが、日本の高度なDNA鑑定により全く他人で年齢も違う2人の骨であることが証明されました。松木薫さんのものとされる遺骨も本人のものではないという鑑定結果が出ています。

 これは一昨年11月、偽遺骨とともに日本政府に提供された、拉致直後のめぐみの写真です。この寂しそうな顔を見て、私は思わず写真をなでながら「めぐみちゃんこんなところにいたの。どれほど不安だったでしょう。まだ助けてあげられなくてごめんなさい」と話しかけました。本日、一緒にこちらに参っていますめぐみの弟、拓也ももう1人の弟とともに、この写真を見て男泣きに泣きました。

 2002年9月の日朝首脳会談後、めぐみの娘、私たちの孫であるキム・ヘギョンさんの存在が明らかになりました。今月11日にはめぐみの夫、そして私たちの孫の父が、実は「韓国の拉致被害者」である金英男さんであることが、DNA鑑定で証明されました。金英男さんは、めぐみが拉致された1年後の1978年、16歳高校生で拉致されています。英男さんをはじめ5人の韓国の高校生が拉致されたことが分かっています。ところが、北朝鮮はいまだに英男さんら韓国人を拉致したことを一切認めていません。

 あまりにも数々のうそ、偽りを言い続けながら、開き直っている北朝鮮に憤りを覚えます。罪なく、このような理不尽な国家テロの犠牲になって、今も長期にわたり監禁され助けを求めている世界の12カ国に及ぶ多くの被害者を助け出さねばなりません。ひどい人権侵害に苦しんでいる北朝鮮の人々も助けなければなりません。亡命工作員の証言によると、娘は工作船の暗い船底に閉じ込められ「お母さん、助けてお母さん」と壁をかきむしって、絶叫し続けて、暗い海を運ばれたといいます。それから四半世紀を超え、既にどの親も老齢のため、残された時間は多くありません。

 めぐみたちはまだ元気であちらにいるのです。そして、あの国がいかに凶暴であり、人の命を何とも思っていないようなところであるということはもう世界中が知っています。貴国のブッシュ大統領が、「悪の枢軸」と言われる通りです。たくさんの日本の、韓国の、また多くの国の何の罪もない若者たちが数十年間も抑留され、向こうの思ったように動かなければ強制収容所や、銃殺刑にされるかもしれない中で、一刻一刻助けを待っているのです。まだおぼれたままでいるのです。おぼれた人がいれば、私たちはすぐにでも手を差し伸べるのではないでしょうか。ほかのいろんな用事をまずおいて、飛び込んで助けるのが人の心ではないのでしょうか。

 私たちは、本当にもう心身疲れ果てておりますけれども、子どもたちが助けを求めている間はどんなことがあっても倒れることができません。日本の国民、全世界の自由を愛する国民の総意で、「怒っている」と北朝鮮に態度を示していただきたいと私は願っています。「拉致は許せない。全被害者をすぐに返しなさい。それがないなら経済制裁を発動します」とはっきりと言っていただきたいのです。

 先月には、トーマス・シーファー駐日米国大使がわざわざ新潟の「めぐみ拉致現場」をご視察くださり、拉致のむごさを身をもって感じ「私の人生の中でもっとも悲しい話の一つだ」とお語りくださいました。子どもたちの失われた年月は取り戻せませんが、世界各国から拉致されたすべての被害者たちを助け出し、これからの人生を自由の地で過ごさせてやりたい、それが私たち家族の心からの願いでございます。何とぞ、米国議会、政府、国民の皆さまのお力添えをお願いいたします。

 ありがとうございました。

4月27日23時44分
[PR]
by unkotamezou | 2006-04-27 23:44 | 國防 軍事
拉致家族会・救う会、米大統領と面会へ
拉致家族会・救う会、米大統領と面会へ

 【ワシントン=中村将】訪米中の拉致被害者の「家族会」と支援組織「救う会」のメンバーらがブッシュ大統領と面会する方向で調整が進められていることが26日、関係者の話で明らかになった。家族会などの意向を受けた関係機関が米政府首脳との面会を模索しているが、ブッシュ大統領が面会を検討しているという。
 家族らは今回の訪米で、イングランド国防副長官やクラウチ国家安全保障担当次席補佐官らと面会。さらに、28日(現地時間)にホワイトハウス近くの広場で行われる大規模集会ではボルトン国連大使と面会する予定になっている。

 27日午前(日本時間同日夜)には、今回の訪米最大のヤマ場となる下院の公聴会に、横田めぐみさん=拉致当時(13)=の母、早紀江さん(70)と、救う会の島田洋一副会長が出席し証言することになっている。ブッシュ大統領との面会が実現し、直接、拉致問題解決に向けて協力を要請することができれば、訪米の成果はさらに大きなものになる。

04/27 10:56
[PR]
by unkotamezou | 2006-04-27 10:56 | 國防 軍事
からくり儀右衛門展始まる 里帰り祝い“寿”の文字 久留米市
からくり儀右衛門展始まる 里帰り祝い“寿”の文字 久留米市

c0027730_22373612.jpg
来場者が見守る中、人間顔負けの筆遣いで「寿」と書く「文字書き人形」


 久留米市出身の発明家「からくり儀右衛門」こと田中久重(1799―1881)の作品を集めた「久留米からくり儀右衛門展」(久留米商工会議所など主催)が25日、同市城南町の久留米商工会館で始まった。約150年ぶりに里帰りした「文字書き人形」や機械式和時計「万年自鳴鐘」の複製品など約300点を展示している。レトロでありながら精巧な“和製ハイテク”に来場者から驚きの声が相次ぐ。30日まで、入場無料。

 文字書き人形は1840年ごろの作品。50年代に米国に渡ったが、大阪在住のからくり人形研究家・東野進さん(56)が一昨年秋、約150年ぶりに買い戻して修復した。郷里である同市では初めての展示となった。

 この日は約400人が来場し、文字書き人形が巧みな筆遣いで「寿」と記すと、拍手や歓声が沸き起こった。同市教委所蔵の人形「弓曳(ゆみひき)童子」も披露され、首をかしげながら弓矢を次々と放った。

 会場には久重の作品のほか、世界最小のからくり人形なども展示。東野さんは「久重の知名度は故郷でも意外と低い。人形を見て『郷土にすごい人がいた』と思ってもらえれば」と話している。

2006年04月26日11時50分
[PR]
by unkotamezou | 2006-04-26 11:50 | 歴史 傳統 文化