ブログトップ
<   2006年 02月 ( 35 )   > この月の画像一覧
荒川が「金」フィギュアスケート女子
荒川が「金」 フィギュアスケート女子

 トリノ冬季五輪第14日の23日(日本時間24日)、フィギュアスケート女子はフリーを行い、荒川静香(あらかわ・しずか)(24)=プリンスホテル=が金メダルを獲得し、不振が続いた今大会の日本にようやく初メダルをもたらした。五輪フィギュアでアジア選手の優勝は史上初の快挙となった。日本選手のメダルは1992年アルベールビル大会銀の伊藤(いとう)みどり以来2個目。

 冬季五輪で日本の金メダルは通算9個目。荒川は、女子では98年長野大会フリースタイルスキー・モーグルの里谷多英(さとや・たえ)に次いで2人目の金メダリストになった。村主章枝(すぐり・ふみえ)(avex)は4位で惜しくもメダルに届かず、18歳の安藤美姫(あんどう・みき)(愛知・中京大中京高)は15位。サーシャ・コーエン(米国)が2位、イリーナ・スルツカヤ(ロシア)が3位だった。

 ショートプログラムで3位につけた荒川は、難度の高いプログラムをこなして得点を伸ばし、SP1位のコーエン、同2位のスルツカヤを鮮やかに逆転した。村主も前回ソルトレークシティー大会5位に続く入賞。安藤は五輪初となる4回転ジャンプに挑んだが、失敗するなどミスが相次ぎ、順位を下げた。

 荒川は16歳で出場した長野大会で13位。ソルトレークシティー大会は代表を逃したが、2004年世界選手権で優勝。優雅で伸びやかな演技で五輪でも世界の頂点に立った。

 ■荒川静香の話 まさかメダルがとれるとは思ってなかったので、信じられない。あす、あさってになれば実感がわいてくると思う。8年ぶりの五輪では楽しめればいいと思っていた。今回の五輪では楽しく滑れたし、ショートプログラム(SP)のときから冷静に臨めた。

≪「続けてきてよかった…周りの人すべてに感謝」≫

 トリノ冬季五輪フィギュアスケート女子で23日、金メダルを獲得した荒川静香選手(24)=プリンスホテル=は金メダルを首にかけて記者会見に臨んだ。すっきりと晴れやかな表情で答えた。

―今大会、日本がメダルなしというプレッシャーはあったか。

 「まさか私が取れるとは思っていなくて、プレッシャーはなかった。メダルを手にしてびっくりしたし、それが第1号になってよかった」

―2004年の世界選手権優勝に比べると。

 「あの時もまさかのメダル。今回もメダルというより、スケート人生の中で最高の舞台にしたいという思いが強かった。あの時とも似ているが、滑っていて、今ここで滑れることがスケート人生の集大成になるなと不思議な感じがした」

―フリーの曲目「トゥーランドット」に後押しされた。

 「大いにある。この曲で世界チャンピオンになれたし、スケートが楽しいと思った転機の時の曲でもあった。今回、それで最高のものに手が届いた。終わってから運命を感じた」

―一度は引退を決意しながら、引退しなかった理由は。

 「もう一度、満足して達成感を持ってやめたいと思った。本当に今、続けてきたことがよかったと思うし、続ける道をつくってくれた周りの人すべてに感謝したい」

―今後やりたいことは。

 「アイスショーなどで滑っていければ、幸せなこと。1日でも長く、見たいと思ってもらえるスケートを滑っていけたらいい」

【プロフィル】荒川静香

 あらかわ・しずか 東北高1年の98年長野五輪13位。02年ソルトレークシティー五輪出場は逃したが、04年世界選手権優勝。昨季はGPファイナル2位。全日本選手権は2度優勝。早大出、プリンスホテル。165センチ、53キロ。宮城県出身。24歳。

02/24 08:11
[PR]
by unkotamezou | 2006-02-24 08:11 | 冒險 競技 藝能 娯楽
支那、日本の防空識別圏へ侵入急増 偵察活動を既成化
中国、日本の防空識別圏へ侵入急増 偵察活動を既成化

 東シナ海の「情報戦」が激化している。中国は自衛隊の活動監視などで東シナ海に航空機と監視船を頻繁に出動させたことを公表したが、防衛庁によると、日本の防空識別圏に侵入した中国機による電波収集活動はこの一年間、急増。中国側による公表は「偵察活動を既成事実化する戦略」(防衛庁幹部)とみられる。「情報戦」に有効な対抗措置が取れない日本の領空に近づく布石ともいえそうだ。(半沢尚久)

 中国国家海洋局は昨年の「中国海洋行政執法公報」を公表。その中で一昨年七月から昨年六月にかけ、海洋監視航空機を百四十六回、監視船も十八回、日本が排他的経済水域(EEZ)の境界線と主張する東シナ海の日中中間線周辺に出動させたと明らかにした。

 国家海洋局と中国空軍などの所属区分は明確ではないが、公報で挙げた海洋監視航空機には、本土防衛のため領空より広く設けられた日本の防空識別圏に侵入したとして、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)で対処したものが多数含まれるとみられる。

 防衛庁によると、中国機に対する空自のスクランブルは、平成十四年度はゼロ、十五年度は二回、十六年度には十三回だった。だが、今年度は上半期だけで三十回と急増し、下半期も増加傾向は続いている。

 中国の偵察機は東シナ海のガス田周辺を飛行し、自衛隊の航空機や基地が出すレーダーの周波数などの電子情報を収集している。この情報を分析し、戦闘機で攻撃する際、日本の防空レーダーを妨害電波で無力化する狙いがある。

 中国の偵察活動について、「自衛隊の対処を見極めながら、徐々に行動範囲を広げてくる」(制服組幹部)との分析がある。最も中国寄りに設定された日本の防空識別圏に入り、次に日中中間線を越えるという既成事実を積み重ねた上で、最後に日本領空に近づくというものだ。そのときには、自衛隊の電波はすっかり収集されている可能性も高く、「スクランブルだけでは偵察活動への抑止にならない」(政府筋)との危機感も強い。

 今回の中国国家海洋局の公表も、日中両国が対立しているガス田での中国側の権益のために、航空機や船舶を出動させたという“正当性”を強調する意味合いが強い。日本側が黙認すれば、中国側はこの主張を盾に、偵察活動をさらに活発化させてくるとみられる。

 また、日本政府が試掘権を与えた帝国石油がガス田で実際に試掘を始めれば、中国が航空機や艦艇で妨害に出てくる恐れもある。「日本政府として経済権益をどう守るか対処方針を示すべきで、自衛隊がEEZで活動するための法整備も不可欠」(同)だ。

 米政府は「四年ごとの国防計画見直し」(QDR)の中で、中国の軍事力の近代化について、電波・電子情報を収集する電子戦を例示し、「大規模な投資を継続する可能性が高い」との警戒感を示している。
[PR]
by unkotamezou | 2006-02-22 05:00 | 國防 軍事
領事館員自殺 暗号表の譲渡強要 外相、支那を批判
領事館員自殺 暗号表の譲渡強要 外相、中国を批判

 麻生太郎外相は十八日、都内で記者会見し、首脳外交が途絶えている日中関係について、「靖国問題が決着したら日中関係のその他の問題が解決するかといえば、いろいろもめている点はある。この問題にこだわりすぎると話が難しくなり過ぎ、不必要な摩擦をおこす」と述べ、小泉純一郎首相の靖国神社参拝を理由に首脳会談を拒否している中国側の姿勢を批判した。

 また、麻生氏は会見に先立ち開かれた外務省主催のタウンミーティングで、一昨年五月に在上海日本総領事館員が自殺した問題に言及。中国側から女性問題に付け込まれ、領事館員が「暗号の乱数表を渡せ」と強要されたと明かした。その上で「(中国側は)追い込みをかけたみたいなもの。断固対応するのは当然だ」と述べた。

 同種の問題の再発防止については、「(異性が)来たら、『危ねえな』と思うような訓練をしなくてはいけない。訓練、教育、しつけは非常に大事。外務省は真摯(しんし)に反省すべきだ」と強調した。
[PR]
by unkotamezou | 2006-02-19 05:00 | 政治 行政 立法
H2A9号機、打ち上げ成功 国際市場へ軌道乗る
H2A9号機、打ち上げ成功 国際市場へ軌道乗る

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は十八日午後三時二十七分、鹿児島県の種子島宇宙センターからH2Aロケット9号機を打ち上げた。9号機は二十八分後に運輸多目的衛星新2号「MTSAT2」を分離、予定の軌道に投入し、打ち上げは成功した。MTSAT2は、昨年二月に打ち上げたひまわり6号とともに航空管制を担い、気象観測では6号のバックアップ機となる。(日野稚子)

 JAXAは同日午後四時三十一分、MTSAT2の太陽電池パネルの一部が予定通り展開し、正常に機能していることを確認した。順調なら五日後に高度約三万六千キロの静止軌道に移行、「ひまわり7号」と命名される予定。

 一月二十四日に陸域観測技術衛星「だいち」を搭載したH2A8号機を打ち上げたばかりで、JAXAは初挑戦となった一カ月以内の二度の打ち上げを成功させた。「射場整備や作業員の習熟度が上がった」(JAXA)としており、衛星打ち上げの国際市場参入を目指すうえで、柔軟なスケジュールを組めることをアピールできた。

≪3回連続≫

 今回は、国内打ち上げ史上で最重量(四・六三トン)の衛星打ち上げでもあった。このため、固体ロケットブースターのほかに四本の固体補助ロケットを装備し、H2Aとしては打ち上げ能力を最大限に発揮する形態を採用した。

 平成十五年十一月のH2A6号機の失敗以降、JAXAは総点検に取り組んだ。その成果が、昨年二月の7号機から三回連続の成功に結びついた。能力の増強も達成できたことで、H2Aの技術は信頼回復への軌道に乗ったといえる。

≪航空管制≫

 ひまわり7号となる衛星は、同型の6号とともに国土交通省の新規航空管制システムを担う。赤道上空の静止軌道から二基態勢で航空機の位置を把握し、安全航行と便数増に貢献する。平成二十二年六月ごろには6号から気象観測を引き継ぐ。衛星や観測機器のトラブルがあっても、気象観測の空白は避けられる。

 今回の打ち上げは、民間の「ロケットシステム」が国交省と気象庁から受託し、JAXAへ委託して行われた。同社は来月には解散し、民間衛星打ち上げサービスなどは三菱重工業へ引き継がれる。信頼回復の軌道に乗ったとはいえ、H2Aの実績は欧州などに遠く及ばない。今後も着実に成功を重ねることが不可欠で、関係者は「二十回程度の連続成功」を目標に掲げる。
[PR]
by unkotamezou | 2006-02-19 05:00 | 自然 科學 技術
夜の富士、雨でもくっきり 衛星「だいち」の機器順調
夜の富士、雨でもくっきり 衛星「だいち」の機器順調

 宇宙航空研究開発機構は17日、陸域観測衛星「だいち」が、夜間に取得したデータから作製した、富士山などの画像を公開した。

 だいちに3種類搭載した観測機器のうち、合成開口レーダー「パルサー」は、夜間に雲や地表の植物などに覆われた地面のデータを収集できるのが特長。画像は、富士山や伊豆半島の一部を15日午後10時すぎに観測したデータを処理し、鳥観図に再構成した。当時、富士山の西側には小雨が降っていたが、細かい地形までとらえることができたという。

 もう一つの観測機器「アブニール2」は近赤外線などで、地表の建造物や森林などを見分け、土地利用の実態を調べる。17日に鹿児島県・種子島のデータを取得し、島全域の植生など土地の利用状況が鮮明に再現できた。

02/17 19:41
[PR]
by unkotamezou | 2006-02-17 19:41 | 自然 科學 技術
A級戦犯は犯罪人ではない
A級戦犯 「国内法で犯罪人ではない」 民主「口頭試問」 安倍・麻生氏見解

 先の戦争は自衛戦争だったのか、戦争責任は誰にあるのか-。そんな議論が十四日の衆院予算委員会で、安倍晋三官房長官と麻生太郎外相のポスト小泉候補二人と岡田克也・民主党前代表の間で交わされた。質問に立った岡田氏は、「A級戦犯」を「戦争犯罪人」とした極東国際軍事裁判(東京裁判)の有効性を主張したが、安倍、麻生両氏はそろって、「国内法では、A級戦犯は犯罪人ではない」との見解を示した。

 岡田氏はまず、先の大戦について「自存自衛のための戦争でやむを得なかったとの見方があるが」と麻生氏にただした。麻生氏は平成七年の村山談話や昨年四月の小泉純一郎首相のスピーチに触れながら「自衛の戦争だと申し上げたことはない」と否定した。

 しかし、質問が東京裁判の有効性とそこで断罪されたA級戦犯に及ぶと議論は白熱。「A級戦犯は国内法で裁かれたわけではない」と答弁する両氏に対し、岡田氏は「東京裁判は国内法を超越する超法規的というか、それに上位する概念だ」と反論。東京裁判の国際法上の有効性に疑念をにじませる二人との基本的な認識の違いが浮き彫りになった。

 A級戦犯についても麻生氏が戦後、勲一等を受章した重光葵元外相もA級戦犯だったと指摘。安倍氏も国会決議を経て「国民の圧倒的な支持のもとに」連合国との折衝の結果、A級戦犯らが釈放されたことを説明したが、岡田氏は納得しなかった。

 さらに、岡田氏が「日本国として、東京裁判を受諾している以上、そのことに拘束されるのは当然だ」と主張すると、安倍氏は、ため息をついて「岡田先生は何かまるでGHQ(連合国軍総司令部)側に立っておっしゃっているように聞こえる」と答弁していた。

【衆院予算委 答弁要旨】

■人道に対する罪では有罪になっていない 安倍氏

 十四日の衆院予算委での麻生太郎外相と安倍晋三官房長官の答弁要旨は次の通り。

【先の戦争は自衛戦争だったのか】

麻生氏 後からこの戦争は自衛のためだったとか言っても、なかなか証明しにくいところもあるし、侵略戦争の部分があったということは否めない事実。(後の)歴史が判断するところだ。

安倍氏 歴史というものは連続の中に存在する。先の大戦のどこをどう取り上げていくかということもある。政府が歴史の裁判官としてこうだと言うべきではない。

【東京裁判について】

麻生氏 被告人が平和に対する罪で有罪判決を受けた。サンフランシスコ講和条約の十一条でこの裁判を受諾した。それだけだ。

安倍氏 ナチスは人道に対する罪でも有罪だったが、東京裁判では(同罪では)有罪になっていない。この裁判に(政府として)異議を述べる立場にはないが、それ以上のものでもそれ以下のものでもない。

【A級戦犯は戦争犯罪人か】

麻生氏 戦争犯罪人という定義は国際軍事法廷における見解で、少なくとも日本の国内法に基づいて、犯罪人の対象にはなっていない。

安倍氏 連合国によって東京裁判が開かれた。そこで七人が死刑になった。わが国が主体的にこの人たちを裁いたわけではない。日本において彼らが犯罪人かといえば、そうではない。
[PR]
by unkotamezou | 2006-02-15 05:00 | 歴史 傳統 文化
「伊能大図総覧」を発刊へ 実測の“足跡”もくっきり
「伊能大図総覧」を発刊へ 実測の“足跡”もくっきり

 江戸時代の測量家、伊能忠敬(1745―1818)が作成した日本地図「伊能大図」214枚すべてを初めて掲載する「伊能大図総覧」が12月に刊行されることになり、監修する渡辺一郎・伊能忠敬研究会名誉代表が13日、試し刷りを公表した。

 大図は、列島の地形を縮尺3万6000分の1で描き1枚が1畳の大きさ。総覧は約3分の1のB2版に縮小するが、約200年前の海岸線や集落、城や寺社などの記述のほか、天文観測した地点を示す赤い星印もくっきり。実測の跡を示す赤い線は時折脇道にそれ、寺などに“寄り道”した様子もうかがえる。

 渡辺名誉代表は「学術資料として後世に残すためすべての文字が読めるサイズと鮮明さ、彩色の再現にこだわりたい」と話している。

 原図は火災などで失われたが、同会が2001年に米国議会図書館で207枚を発見するなど、04年までにすべての写しを確認していた。

 刊行は河出書房新社、日本地図センター、日本写真印刷の共同作業。全252ページ、36万円の予定。

02/13 19:26
[PR]
by unkotamezou | 2006-02-13 19:26 | 歴史 傳統 文化
皇室典範 首相、改正案を断念 慎重論強く混乱回避
皇室典範 首相、改正案を断念 慎重論強く混乱回避

 小泉純一郎首相は九日、女性・女系天皇を容認する皇室典範改正案の今国会提出を断念した。複数の政府筋が明らかにした。秋篠宮妃紀子さまのご懐妊により、政府・与党内に慎重論がいっそう強まったことを受け、国政の混乱を回避するためにも提出は困難だと判断したものとみられる。これによって、小泉政権下での改正の動きは“凍結”されることになった。

 政府筋によると、首相は九日午後、安倍晋三官房長官と首相官邸内でひそかに皇室典範改正案の取り扱いを協議した。

 首相は、紀子さまが無事に出産されるまでは、国論の深刻な対立を避けるためにも、皇位継承問題をこれ以上、政治の場で取り扱うべきではないと判断。今国会での法案提出を断念する考えを伝えた。

 この後、首相は、自民党の武部勤幹事長を官邸に呼び、皇室典範改正について「政争の具にすることなく皆が一致することが望ましい」と述べた。

 自民党内では皇室典範に関する勉強会などが予定されているうえ、改正慎重派の国会議員が議員連盟を立ち上げる動きをみせていることも懸念し、慎重な対応を促したものとみられる。

 首相はさらに、山崎拓自民党元副総裁とも会い、「国論の分裂は望ましくない。全会一致が望ましい」と述べた。ただ、首相は記者団には、「よく議論すれば改正が必要だという認識になる」と語り、法案提出断念が苦渋の決断だったことをにじませた。

 皇室典範改正をめぐっては、自民党内で賛成派と慎重派が激しく対立。先月末、麻生太郎外相や中川昭一農水相ら有力閣僚が相次いで慎重な意見を表明したこともあり、「首相が法案提出を強行すれば政権を揺るがす事態になりかねない」(閣僚経験者)との見方が広がっていた。

 首相は九月に退任する意向だが、安倍官房長官や麻生外相をはじめとする「ポスト小泉」候補の多くは、改正そのものに消極的だ。このため、次期政権で再び皇室典範の改正論議が浮上するかどうかは不透明だ。

 首相が提出を断念したことで、ひとまず政局が回避されることになったが、今国会では、他に党内対立を招くような重要法案の提出は、予定されていないため、「逆に緊張感が欠け、急激に政権の求心力が低下するのではないか」(自民党中堅)との見方も出始めた。

 ライブドア問題などの内政の不安定要因に加え、対中国、北朝鮮外交、米軍再編などの外交・安全保障問題も手詰まり状態にあり、各種世論調査では政権支持率が漸減傾向を示している。このため、予算成立後は本格的に「ポスト小泉」レースに突入する可能性もある。
[PR]
by unkotamezou | 2006-02-10 05:00 | 皇室
国会提出時期こだわらず 首相、皇室典範改正で
国会提出時期こだわらず 首相、皇室典範改正で

 小泉純一郎首相は9日夜、女性、女系天皇を容認する皇室典範改正案の国会提出時期について「期日にはこだわらない」と述べ、今国会での提出を見送る可能性を重ねて示唆した。

 与野党で改正案提出への慎重、反対意見が強まっていることに関し「よく議論していけば、改正は必要だという認識を持つようになる」と強調。政府が検討している改正案の内容修正については「議論していかなければならないだろう」と述べるにとどめた。官邸で記者団の質問に答えた。

 これに先立ち首相は自民党の武部勤幹事長、山崎拓前副総裁と官邸で相次いで会談し「全会一致(での成立)が望ましい」との考えを伝えた。

 山崎氏によると、首相は改正案の提出時期について「党内の空気を見極めたい」と指摘したという。武部氏に対しても「政争の具にせず、みんなが一致するのが望ましい」と慎重に対応する考えを強調した。

02/09 21:47
[PR]
by unkotamezou | 2006-02-09 21:47 | 皇室
「飛鳥美人」の顔に黒い染み 肩にも、急がれる対策
「飛鳥美人」の顔に黒い染み 肩にも、急がれる対策

 国宝壁画を修復・保存するため、石室解体が決まった奈良県明日香村の高松塚古墳(特別史跡、7世紀末―8世紀初め)で、「飛鳥美人」と称される西壁の女性像の顔に黒い染みができていることが9日、文化庁などの調査で分かった。

 高松塚壁画は劣化が明らかになり、数カ所にカビが見つかっているが、顔など中心部に汚れを確認したのは初めて。肩にも染みがあった。カビの可能性が高く、あらためて修復・保存の緊急性が裏付けられた形だ。

 奈良市で開かれた「国宝高松塚古墳壁画恒久保存対策検討会」(座長・渡辺明義元文化財研究所理事長)で報告した。

 文化庁によると、2日の定期点検で撮影した写真を精査。目元にほくろのような黒い染みがあると気付いた。過去の写真も調べ、昨年9月ごろ既にあったと分かった。

 同じ女性像の肩に縦2センチ、横3センチの黒い染みがあるのも判明した。2004年に発行した写真集で、わずかに黒ずんでいたが、さらに濃くなり拡大したらしい

 高松塚はカビ対策の緊急処置として冷却パイプを設置。昨年9月から、石室内部の温度を下げている。一時は壁画上に大量発生したゲル状の細菌やカビがほとんどなくなり、全体的に落ち着いた状況になっているという。

02/09 20:18
[PR]
by unkotamezou | 2006-02-09 20:18 | 歴史 傳統 文化