ブログトップ
カテゴリ:歴史 傳統 文化( 166 )
三十年ぶりに常用漢字を改定
 「語彙」「捻挫」「妖艶」。文化審議会国語分科会の漢字小委員会が23日、現行の常用漢字表に新たに196字を追加する新案を示した。

 30年ぶりとなる見直しでは、パソコンや携帯電話での「変換文化」を背景に多くの難しい漢字が登場、「読んで書ける」という趣旨に、「読んで変換できる」という考え方も加わった。同小委はふりがな使用も勧め、学校現場からは「書くのも基本、丁寧に教えたい」との声が上がった。

 「学校では手で書いて覚えるのが基本。完全には無理でも書くことを意識して丁寧に教えたい」。横浜市立西中学校の阿部康彦教諭(45)はそう話した。

 来年以降に実施される新学習指導要領では、中学2年までに小学校の「配当表」にある1006字が読み書きでき、3年までに常用漢字の「大体」が読めるのが目標だ。「社会で定着しつつある漢字を習うのは大事。新聞や本を活用して触れられるようにしたい」と見据える阿部教諭だが、「淫」や「艶」などの漢字については「どういう例示を出したらいいか」と戸惑っていた。

 高校の指導要領は、「主な常用漢字」が書けるように、とされている。東京都立野津田高校の佐藤和彦副校長(47)は「大学入試で『鬱』『彙』などが出題される可能性がある。読めても書くのは大変で受験生には負担だろう。大学には良識ある出題を期待したい」と話した。

 小学生向け辞典を手がける小学館(東京都千代田区)では、新入生用に今年秋以降の販売を目指し、急ピッチで改訂作業を進める。約2900の漢字を掲載している辞典に新漢字を約80字追加するといい、編集者がゲラ刷りに一つ一つ直しを入れる作業に追われる。同社の松中健一・国語辞典編集長(49)は「正式な発表後の発売になるので告示時期が気になる」と話した。

 三省堂(同)も小学生用辞典を改訂する予定で、担当者は「30年ぶりの節目。全ページ見直す」と意気込んでいた。

 一方、教科書検定を控え中学の新教科書作りが佳境の教科書会社。東京書籍(東京都北区)の林雅也・中学国語編集長(46)は「文部科学省の指示次第では、補充資料を作ることも考えられる。新たな費用や手間がかかるかも」と予想する。

 新常用漢字表では196字が新たに加わる一方、「匁」など使用頻度の低い5字が削除されるため、現行の1945字から2136字になる。6月の文化審議会で文科相に答申された後、早ければ今年11月に内閣告示され、一般に使われるようになる。

◆携帯やパソコンでの使用頻度など重視◆

 常用漢字の趣旨は、「一般の社会生活での漢字使用の目安」とされる。パソコンや携帯電話の急速な普及を背景に、今回の新案では「変換して書く」ことを強く意識した。

 平成17年からの見直し作業では、新聞、書籍、インターネット上などで目にすることが多い約3500字を選定。この中から使用頻度が比較的高い字や、「堆積」のように漢字の方が意味が伝わりやすい字などを中心に絞り込んだ。

 結果、新しい案には、29画もある「鬱」など読み書きとも難しい字が多数入った。文化庁によると、「鬱」の出現頻度は1803位。現行の常用漢字には3000位以下の字もあった。ただ同庁の調査では「読みにくい」という意見も半数を超えており、小委ではこうした漢字について「場合によってはふりがなの活用を」と提案している。

平成22年4月24日3時2分

新漢字「変換文化」意識 読めれば良し、難字も
[PR]
by unkotamezou | 2010-04-24 03:02 | 歴史 傳統 文化
かぐや姫は月ではなく富士山に登った

◇日吉浅間神社保存「富士山大縁起」市立博物館で公開

 竹取物語の主人公、かぐや姫は使者に迎えられて月へ向かったのではなく、富士山に登った。各地のかぐや姫伝説の中で、富士市では、かぐや姫が富士山に登る物語が伝わるが、その根拠が地元で見つかり、富士市立博物館(同市伝法)で開催中の企画展「富士山縁起の世界」で公開されている。同館の大高康正学芸員は「かぐや姫が富士山に登る物語は金沢文庫(横浜市)の資料にあるが、伝説の基になる文献が地元で確認された意義は大きい」と話している。

 この文書は同市今泉の日吉浅間神社(六所芳和宮司)の蔵に保存されていた「富士山大縁起」。約4万点に上る六所家旧蔵資料の寄贈を受けた同館が調査中に見つけた。六所家は明治初めまでは寺院「東泉院」だった。正別当(僧職者)が嘉祥元年に原本から書き写したものを天文15年に正別当が見つけ、書写した。かぐや姫は「赫夜姫」とある。

 この文書での伝説の大意は全国できさき探しをしていた桓武天皇の使者が姫と対面、きさき候補に勝手に決めてしまう。姫は望まず、世の中と隔絶し、富士山の洞くつに入ると老夫婦に告げ、かぐや姫は「浅間大菩薩」という神になった。

 当時の富士山は深い信仰の対象。企画展では、富士山や富士山信仰に関する寺社の由来や伝説を記した書物を「富士山縁起」と位置づけ、計77点を紹介している。

平成22年4月23日15時45分

かぐや姫 月でなく富士山に登った伝説の根拠、富士市に
[PR]
by unkotamezou | 2010-04-23 15:45 | 歴史 傳統 文化
欧州連合大統領が俳句集を出版

 欧州連合のファンロンパイ大統領(62)の初めての俳句集が15日に出版され、ブリュッセルで本人も出席した出版記念会が開催された。

 ファンロンパイ大統領は、多くの人が詰めかけた会場で自作の句を朗読。物静かでまじめな態度で知られる同大統領だが、この日は笑顔で冗談を飛ばすなど、普段とは違う一面をのぞかせた。

 初版が2500部の句集には、過去6年の間にファンロンパイ氏が書きためた約40句が載せられている。

 ファンロンパイ氏の俳句好きは、昨年11月の臨時欧州首脳会議で初代欧州連合大統領に選出されたのをきっかけに有名になり、ネット上には同氏が読む俳句のファンクラブまで登場していた。

平成22年4月16日 10:35

欧州連合のファンロンパイ大統領、初の俳句集を出版
[PR]
by unkotamezou | 2010-04-16 10:35 | 歴史 傳統 文化
開かずの門が四百年ぶりに開く

 世界文化遺産に登録されている京都市南区の東寺で不開門と呼ばれる東大門の解体保存修理が行われることになり14日午前法要が営まれた。開門の儀が執り行われ前回の大規模な修理以来405年ぶりに門が開いた。

 東寺によると東大門は建武3年(西暦1336年)東寺に布陣した足利尊氏が後醍醐天皇の命を受けた新田義貞の軍勢との戦いで閉ざして以来災害や修理以外で開門したことがないとされる。

 応永30年(西暦1423年)に強風で門が開いたほか文禄5年(西暦1596年)に起きた地震で破損し慶長10年(西暦1605年)に豊臣秀頼らが修理した際に一時的に開門した記録があるという。

 東寺では東大門に加えて国宝の五重塔なども保存修理する。修理費用は東大門が約2億円で、総額は約3億1000万円。

平成22年4月14日 11:02

開かずの門400年ぶり開く 解体修理 足利尊氏ゆかり 京都東寺
[PR]
by unkotamezou | 2010-04-14 11:02 | 歴史 傳統 文化
山崎さんが琴を演奏 宇宙で初めて和楽器合奏

 国際宇宙処に滞在中の山崎直子さん(39)が日本時間12日夜、念願だった琴を弾き、「さくらさくら」を演奏した。野口聡一さん(44)も雅楽で使う横笛を吹き、宇宙で初めて和楽器の合奏が実現した。

 演奏は宇宙開発担当相の前原誠司国土交通相らとの交信会で披露された。米航空宇宙局の映像などによると、2人は12日午後8時ごろ、日本実験棟「きぼう」の船内実験室で演奏を開始。えんじ色のポロシャツ姿の山崎さんは、実物の5分の1の小型の琴を弾き、終了後、宙返りをして笑顔で手を振った。

 小さいころから琴を習っていた山崎さんは、平成11年に宇宙飛行士候補者に選ばれたとき、「宇宙で琴を弾いてみたい」と語っていた。11年をかけて夢をかなえた瞬間だ。

 山崎さんが弾いた小型の琴は、全国一の生産地である広島県福山市の業者が製造した桐製の特注品。米宇宙便に搭載する個人用の携行品は大きさに制限があるため、長さ35センチ、幅13センチに小型化したものを持参した。

平成22年4月12日20時49分

山崎さんが琴を演奏 宇宙で初の和楽器合奏
[PR]
by unkotamezou | 2010-04-12 20:49 | 歴史 傳統 文化
益子焼の陶工がカンボジアの伝統を再興

 幻の陶器と呼ばれるクメール焼をはじめかつて高度な陶芸技術があったカンボジア。内戦の影響もあって一度は廃れた陶器文化を復活させようと益子焼(栃木県)の陶工ら2人の日本人が現地で技術を教え産業として再興しようと支援を続けている。目指すのはカンボジアの焼き物と益子焼の技術をブレンドした新たな陶器だ。

 朝、集落の作業場に村の女性たちが集まってきた。同国で焼き物づくりが盛んなコンポンチュナン州中部オンドーンルセイ。昨年11月からこの集落近くに住み込んでいる益子焼の陶工、岩見晋介さん(45)は、片言のクメール語に身ぶり手ぶりを交えて、前日焼き上がった素焼きの器に釉薬を塗る実演を始めた。

 釉薬をつけて焼けば素焼きの器が光沢に富んだ陶器に変わる。材料や調合で白黒緑とさまざまな色が出せる。初めて見る釉薬の使い方を学ぼうと女性たちの視線は岩見さんの手から離れない。

 焼き物に適した土がとれるためこの集落では素焼きの器づくりは昔から盛んだ。320世帯のうち9割が焼き物で生計を立てている。「焼く技術は高い。釉薬について学んでもらい製品化していきたい」と岩見さんは話す。

 岩見さんは、コンポンチュナン州の要請で平成17年に同州と栃木県の間で始まった窯業支援事業に参加して初めてカンボジアの地を踏んだ。オンドーンルセイ集落に陶器用の日本式窯を造ったが現地指導が始まる前に支援事業の期間は終わってしまった。

 「村人のために何とか形にしてから終わりたい」。岩見さんは通訳としてかかわっていた首都プノンペン在住の山崎幸恵さん(37)と取り組みを続ける決心をし日本財団の資金を得た。仲間の陶工にも協力を求めて平成24年9月まで現地指導を続ける計画だ。

 陶器づくりの技術を学ぶのは20歳代を中心にした女性13人。リーダー格のパウさん(45)は、ドイツのカンボジア援助の一環で平成10年に陶芸技術研修生としてドイツを訪れた際に同国の陶芸関係者から見せてもらって初めてクメール焼を知った。

「こんな美しい陶器を作る技術が私の国にあったと知り衝撃を受けた。陶器文化を復活させたいと思った」

 クメール焼は19世紀にカンボジア北西部で窯跡が発見されたのを機に研究が始まっていた。しかし、長い内戦とポルポト政権のもとで資料は失われてしまった。

 岩見さんもクメール焼の再現を考えたがとても短期間でできることではない。ならばとコンポンチュナンと益子の技術を融合させた新しい陶器を作り出しカンボジア陶器文化の再興を目指すことにした。それは同時にカンボジアの地方の人びとの自立支援にもなる。

 新しい陶器の販売はプノンペンでカンボジア伝統工芸品の販売店も営む山崎さんが受け持つ。集落の伝統的な焼き物と益子焼の技術を組み合わせたコンポンチュナン焼として定着させようと販路開拓に走り回っている。

 指導が終わった後も作業場に残って予習や復習を続けるパウさんら陶工の卵を見ながら「一生懸命な姿に心を動かされる。『もう私たちだけでできる』と言ってくれるまで僕の仕事は終わらない」と岩見さんは言う。

〈クメール焼〉

 アンコールワットで知られるクメール王朝(9~15世紀)時代に盛んに作られた陶器で高い技術に裏打ちされたものとして知られる。櫛目や唐草模様がほどこされ動物をあしらったデザインもある。13世紀後半王朝衰退に伴い技術継承が途絶え幻の陶器となった。昭和50年代のポルポト政権時代に研究資料の多くが破壊され原料や釉薬の詳細はわかっていない。

平成22年4月10日午後2時53分

益子の技、カンボジアに咲く 日本の陶工、伝統再興支援
[PR]
by unkotamezou | 2010-04-10 14:53 | 歴史 傳統 文化
日本のカレーライスは幸せの味

 「日本のカレーライスは幸せの味がしますね」。上海市内の日本総領事公邸でこのほど開かれた「日本観光食品フェアー」のハウス食品カレー試食ブースで浴衣姿の陸依柳さん(22)は、こういって笑顔をみせた。

 陸さんは上海にある交通大学で日本語を専攻する4年生だが、優しい主婦が夫や子供にカレーライスを作る日本のテレビドラマで見たシーンに「幸せ」を感じて、自分でもカレーライスを作って食べるようになったという。

 このフェアは、上海の日本総領事館や日本政府観光局などが、日本の観光地や食品を支那に紹介する目的で開き、日系企業や地方自治体など40のブースが出店した。陸さんのような日本語を学ぶ学生や地元の中高生、旅行業者など1千人近くを上海周辺から招き、口コミに期待して日本のよさを広めていく作戦だ。

 大阪城の桜の写真に見とれていた上海外国語大1年の来菲さん(20)は、「大阪に行ってみたい。たこやきやみそ汁が大好き。日本の牛乳がとても新鮮でびっくりした」と目を輝かせた。

◆安全美味健康

 富裕層や中間層が消費パワーを高めている上海など沿岸都市部では、安全でおいしく、健康にも良いというイメージを持つ日本の食品に関心が高まっている。背景には粉ミルクや冷凍ギョーザなど支那製食品の品質問題もあるようだ。

 お茶の本場、支那で不思議な現象に思えるのは、上海地区でサントリーが昨年4月に発売した「黒烏龍茶」の爆発的な売れ行きだ。このフェアで黒烏龍茶を配っていたサントリー上海食品貿易の福山泰広社長によると、出荷数量はすでに1千万本に達した。

 支那へのお茶の逆上陸で追い風になっているのは、日本発の「脂肪吸収を抑制する」という機能性だ。

 黒烏龍茶はコンビニエンスストアなどで350ミリリットルのペットボトル入りが1本80円前後。一般の清涼飲料が500ミリリットル入りで40円程度なのに比べると割高だが、日本での特定保健用食品指定を知っている若い女性などに人気が高い。すでに2月から北京で、今後は広東省広州でも発売する予定で、福山氏は「支那で2年目の出荷数量は初年度の2倍はかたい」とみる。

◆大卒初任給並み

 国民食とも言えるカレーライスなど日本の味に加え、芸術の域にも達する日本の懐石料理が上海に登場する。

 5月から開かれる上海万博にキッコーマンが出店する高級料亭紫。日本企業や自治体が共同出展する「日本産業館」内に設け、懐石料理は1人3万9千円のコースのみ。上海の大卒初任給に相当する金額で話題になっている。

 京都の「菊乃井」「魚三楼」「たん熊北店」という有名料亭3店から料理人が派遣される。上海で記者会見した菊乃井の村田吉弘代表兼総料理長は、「3店合わせると星がいわば6つという世界でも唯一の料亭の懐石料理を上海で味わってほしい」とアピールした。

 ミシュランの星は「菊乃井」本店が3つで、「魚三楼」が2つ。さらに「たん熊北店」が1つ。仲居さんになる上海の女子大生ら18人は研修の真っ最中だ。

 懐石料理の値段について日本産業館の総合プロデューサー、堺屋太一氏は「3万9千円が高いか安いかの問題ではなく、日本の最高の食文化を21世紀の支那に紹介することに価値がある」と話した。カレーから懐石料理まで、日本の「食」が13億人の胃袋に受け入れられる日も、そう遠くない。

平成22年4月6日(火)08:00

【上海摩天楼】日本の「食」13億の胃袋狙う カレー、お茶、懐石料理…
[PR]
by unkotamezou | 2010-04-06 08:00 | 歴史 傳統 文化
建築界のノーベル賞に妹島西沢氏

 米ハイアット財団は28日優れた建築家に贈られる「プリツカー賞」の平成22年の受賞者に日本の妹島和世氏と西沢立衛氏の2人を選んだと発表した。

 同賞は建築界のノーベル賞とも呼ばれ財団は繊細さと力強さを併せ持っていると受賞の理由を説明している。日本人では過去に丹下健三さん槙文彦さん安藤忠雄さんが受賞した。

 妹島西沢氏は共同の設計事務所サナーで活動し主な作品にはディオール表参道ニューミュージアムオブコンテンポラリーアートなどがある。

 授賞式は5月17日ニューヨークで行われる。

平成22年3月29日(月)07:11

建築界のノーベル賞に妹島西沢氏
[PR]
by unkotamezou | 2010-03-29 07:11 | 歴史 傳統 文化
雲龍図 狩野探幽作と判明 京都興正寺

 京都市下京区の興正寺に伝わる掛け軸の「雲龍」図が、江戸時代初期の絵師、狩野探幽(慶長7年~延宝2年)の作であることが分かり、同寺が19日、報道陣に公開した。

 三井記念美術館(東京)の樋口一貴学芸員(40)が昨年3月に調査。同美術館が所蔵する探幽の印鑑と、絵に押されていた「筆峯大居士」の印影が完全に一致したことが決め手となった。

 興正寺によると、雲龍図は絹地に描かれた水墨画で、縦115センチ、横202センチ。掛け軸としては通常よりかなり大きい。表面右下の落款に「70歳の探幽が描いた」との署名があったが、真贋不明のまま保管していた。

 樋口学芸員は「若いころの雲龍に比べ、顔の輪郭が力強く臨場感がある。大きな掛け軸に描こうという強い意志を感じる。探幽の画業を考える上で貴重」と話している。

22/03/19 17:17

「雲龍」図、狩野探幽作と判明 京都・興正寺
[PR]
by unkotamezou | 2010-03-19 17:17 | 歴史 傳統 文化
北野監督に芸術勲章 フランス文化省

 フランス文化省は9日、映画監督でタレントの北野武さん(63)に、同国の芸術文化勲章の最高章コマンドール章を授与すると発表した。同日、ミッテラン文化相から授与される。

 パリの現代美術館ジョルジュ・ポンピドー芸術文化センターでは11日から3カ月にわたり、北野さんの監督した映画の連続上映会が行われるほか、市内の美術館でも同日から美術作品の展覧会が予定されており、芸術家としての北野さんがパリで脚光を浴びることになる。

 北野さんは平成元年年に「その男、凶暴につき」で映画監督デビュー。9年に「HANA-BI」でイタリア・ベネチア国際映画祭の最高賞金獅子賞を受賞。11年には「菊次郎の夏」がカンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品された。フランスの芸術文化勲章は3段階あり、コマンドールは最上位の勲章。

22/03/09 22:06

北野監督に芸術勲章 フランス文化省
[PR]
by unkotamezou | 2010-03-09 22:06 | 歴史 傳統 文化