ブログトップ
豊後水道に国籍不明の潜水艦 意図的な侵犯か

 14日午前6時前、九州と四国の間の豊後水道周辺海域の日本領海内を航行中の海軍イージス艦「あたご」が、潜水艦の潜望鏡らしきものを発見、追尾を開始した。海軍司令部などで確認したところ、日本海軍や米海軍の潜水艦でないことから、国籍不明の潜水艦による領海侵犯事案として、林芳正防衛大臣や首相官邸に連絡を入れ、態勢を整えたが、同日午前8時40分ごろ、国籍不明潜水艦を見失った。

 防衛省によると、現在、豊後水道南方の九州東沖合の太平洋の広い範囲で、あたごとP3C哨戒機1機、対潜哨戒ヘリ2機による捜索を継続中、呉地方総監部から護衛艦3隻が現場海域に向かっているという。

 外国の潜水艦は領海内では浮上航行が国際海洋法で決められているが、今回は領海内を潜没航行中で、意図的な領海侵犯の可能性が高いと防衛省ではみており、当該潜水艦の再発見とともに、収集した情報から潜水艦の種類、国籍の特定を急いでいる。

20/09/14 16:53

豊後水道に国籍不明の潜水艦 意図的な侵犯か
[PR]
by unkotamezou | 2008-09-14 16:53 | 國防 軍事