ブログトップ
漢城北方でもビラ飛ばす 拉致で情報提供求め

 北朝鮮による拉致被害を調査している「特定失踪者問題調査会」(荒木和博代表)の会員7人と、北朝鮮の人権問題に取り組む韓国の市民団体が24日、ソウル北方の江原道鉄原から、拉致被害者の情報提供を求めるビラ約6000枚を風船につけて北朝鮮へ飛ばした。

 昭和41年に東京都内で失跡し同会が拉致の疑いがあるとみている小林栄さん=当時(23)=の弟七郎さん(62)も参加し、「(ビラの)メッセージが被害者の目に届き、拉致問題の解決に一歩でも近づいてほしいと願っています」と話した。

 23日には、北朝鮮との軍事境界線に近い北西部の江華島から、ビラ1万枚以上を風船を使って飛ばしている。

20.5.24 23:21

ソウル北方でもビラ飛ばす 拉致で情報提供求め
[PR]
by unkotamezou | 2008-05-24 23:21 | 國防 軍事