ブログトップ
我が国政府が捕鯨船を襲ったテロリストを強く非難

 環境保護団体シー・シェパードの所属船が南極海の公海上で、日本の調査捕鯨船「日新丸」に酪酸入りの薬瓶などを投げ入れて3人がけがをしたことを受け、政府は3日、シー・シェパードの行為を強く非難した。日新丸には海上保安官が同乗していたが、法的や能力的な壁があり、関係国に外交ルートでの働きかけにより再発防止を訴えるしか手立てがないのが現状だ。

 町村信孝官房長官は同日の記者会見で「公海上で合法的な活動に従事しているわが国の船舶、乗組員の安全に不当な危害を与えようとするものであり、許し難い行為だ」と指摘した。

 小野寺五典外務副大臣はシー・シェパードの船舶が船籍を持つオランダのハーメル駐日大使に遺憾の意を伝えるととともに、国内法に基づく措置をとるよう要請した。船舶が直前に寄港していたオーストラリアのマクレーン駐日大使に対しても、外務省の小田部陽一経済局長が同様の措置をとった。

 これに対し両大使はそれぞれ遺憾の意を表明した。連絡を受けたスミス豪外相は、「公海での傷害を伴う行為を断固非難する。当事者に自制するよう繰り返し求めている」とした声明を発表した。

 海上保安庁によると、事件現場は公海上のため、日新丸に同乗していた海上保安官はシー・シェパードの船舶に乗り込んで犯人の身柄を拘束することは不可能だった。また、同庁は南極海で長期間航行できる砕氷船を保有しておらず、警笛やスピーカーで警告を発することしかできなかったという。

 シー・シェパードの船舶の日本の調査捕鯨活動に対する妨害は1月に発生したばかり。ラッド豪首相は調査捕鯨を「正しいことではない」として容認しない立場を崩しておらず、再発防止が徹底されるかは未知数だ。

20/03/03 20:18

政府、シー・シェパードの捕鯨妨害を強く非難
[PR]
by unkotamezou | 2008-03-03 20:18 | 國防 軍事