ブログトップ
初期虫歯 削らず治療
初期虫歯のエナメル再生 削らず治療、山梨大など

 歯の表面に塗るとエナメル質と一体化し同じ結晶を作る人工エナメルを開発したと、FAP歯科研究所(山岸一枝代表、東京都目黒区)や山梨大工学部の鈴木喬教授らのグループが、24日付の英科学誌ネイチャーに発表した。

 初期虫歯で歯の表面が溶けた部分に人工エナメルを塗れば、歯を削ることなく治療できる。虫歯がなくてもエナメル質を強化し、虫歯予防に役立つという。

 山岸代表らは、歯の主成分ハイドロキシアパタイト(HA)を構成する水酸基の一部を、フッ素イオンに置き換え、酸性溶液で溶かしてペースト状にした。これを歯の表面に塗ったところ、酸の影響で表面がごくわずかにいったん溶け、そこにペーストのHAが元のエナメル質と同じ配列で新たな結晶を作り一体化したという。

2005/02/24 06:14
[PR]
by unkotamezou | 2005-02-24 06:14 | 自然 科學 技術