ブログトップ
歌会始の入選者発表 最年少は佐賀の中二男子

 宮内庁は25日付で、来年1月16日に皇居・宮殿で開かれる新年恒例の「歌会始の儀」の入選者10人を発表した。お題は「火」。今回は海外からの174首、点字38首を含む計2万2321首が選考対象となった。

 最高齢の入選者は山口県下関市、主婦、魚本マスヱさん(86)で、最年少は佐賀県上峰町、久留米大学付設中学2年、田中雅邦君(14)。

 また、天皇陛下に招かれて歌を詠む召人(めしうど)には、歌人で歌誌「コスモス」発行人の宮英子さん(90)=東京都三鷹市=が選ばれた。

 入選歌は天皇陛下、皇族方のお歌とともに披露される。その他の入選者は次の通り(敬称略、年齢順)。

青森県つがる市、   農業、    中村正行 (79)
ブラジル・サンパウロ、無職、    渡辺光  (78)
京都市上京区、    主婦、    浅野達子 (77)
北海道函館市、    無職、    西里喜久男(74)
大分市、       無職、    山崎美智子(67)
愛媛県西条市、    会社員、   岡田まみ (46)
島根県浜田市、    会社員、   吉田友香 (24)
大阪市住之江区、   清風中学3年、宮川寛規 (15)。

19.12.25 08:56

歌会始の入選者発表 最年少は佐賀の中2男子
[PR]
by unkotamezou | 2007-12-25 08:56 | 皇室