ブログトップ
「ニッポンウミシダ」を継続飼育 東大臨海実験所

 赤っぽい海藻に見えるが、脳に当たる中枢神経節があり、身体を複雑に動かして移動できる「ニッポンウミシダ」を代々継続して飼育することに、三浦半島・三崎の東京大臨海実験所が24日までに世界で初めて成功し、国内外の研究者への提供体制を整えた。

 既に米国やオーストラリアの研究者から提供を求められており、動物の進化過程や身体再生メカニズムの解明に幅広く利用が期待される。

19/11/24 17:26

海藻みたいでも脳がある動物=「ニッポンウミシダ」を継続飼育-東大臨海実験所
[PR]
by unkotamezou | 2007-11-24 17:26 | 自然 科學 技術