ブログトップ
竹島問題研究会が最終報告書

 竹島問題の資料収集と歴史研究を目的に島根県が設置した竹島問題研究会(座長・下条正男拓殖大教授)は28日、研究成果をまとめた最終報告書を溝口善兵衛知事に提出した。

 下条教授は報告書について「歴史研究者が読めば竹島が日本領だと分かる内容」とし、「竹島問題は日韓間の歴史問題などにもかかわるから、国は解決に向けた組織づくりを進めてほしい」と話した。

 報告書を受けて溝口知事は、秋ごろまでに県のホームページに開設する「Web竹島問題研究所」(仮称)に報告書の内容などを掲載、研究者や県民らが意見交換ができる場もサイト上に設けると表明。溝口知事は「国民の間で関心が高まり、理解が進む」と話した。

19/05/29 06:34 産經新聞

「竹島は日本領」…問題研究最終報告書
[PR]
by unkotamezou | 2007-05-29 06:34 | 國防 軍事