ブログトップ
麻生外相「忍耐は無限ではない」と北朝鮮への圧力強化を訴え

 【ハンブルク=松永宏朗】アジアと欧州諸国の関係強化を目的としたアジア欧州会議(ASEM)の第8回外相会議が、28日夜(日本時間29日未明)、開幕した。

 麻生外相は夕食会で、北朝鮮が2月の6か国協議で約束した核放棄の「初期段階の措置」を履行していないことについて、「忍耐は無限ではない。必要があれば北朝鮮への圧力を強化すべきだ。(北朝鮮の)すべての核兵器と既存の核計画の放棄を実現することが大事だ」と強調。拉致問題の解決に向けて、「国際社会との連携を強化していきたい」と訴えた。

 北朝鮮をめぐる問題は、最終日の29日に発表される議長声明に盛り込まれる見通しだ。

 夕食会では、イランがウラン濃縮活動停止を迫った国連安全保障理事会の追加制裁決議を無視していることに対し、各国から懸念の声が相次ぎ、「国際社会が一体となって対処していくべきだ」との意見が大勢を占めた。イラクとアフガニスタンの復興に関しては、今後も復興に協力していく方針を確認した。

 外相会議には、43か国と欧州連合(EU)、東南アジア諸国連合(ASEAN)の外交担当者が参加している。

19年5月29日12時4分 読売新聞

外相、「忍耐は無限ではない」と北朝鮮への圧力強化を訴え
[PR]
by unkotamezou | 2007-05-29 12:04 | 國防 軍事