ブログトップ
蓮池さん夫妻拉致で男二人に逮捕状
蓮池さん夫妻拉致で男2人に逮捕状 新潟県警

 北朝鮮による蓮池薫さん(49)夫妻拉致事件で新潟県警は22日、拉致を指示したとして国外移送目的略取と国外移送の疑いで、事件当時、北朝鮮の工作機関「朝鮮労働党対外情報調査部」の指導員だった男2人の逮捕状を取った。警察庁は国際刑事警察機構(ICPO)を通じて国際手配する。北朝鮮には身柄の引き渡しを求めた。

 2人は通称「ハン・クムニョン」「キム・ナムジン」と呼ばれる元工作員で、同調査部では「対日課」という部署に所属。警察当局は、対日課が組織的に日本人拉致に携わっていたとみて実態の解明を進めている。

 日本人が北朝鮮に連れ去られたケースで、実行犯への指示役に逮捕状が出たのは初めて。2人は現在70歳から80歳ぐらい。北朝鮮にいるとみられる。

 ハン容疑者は事件前後に金正日総書記直轄の貿易会社代表団として複数回来日。入国査証で「韓明一」と名乗り、団体とは別行動するなど不審な動きをしていたという。

 調べでは、2人は蓮池さんと妻の祐木子さん(50)の拉致実行犯とされる工作員チェ・スンチョル容疑者=通称、国際手配中=らに犯行を指示。昭和53年7月31日、新潟県柏崎市で夫妻を拉致し、船で北朝鮮に移送した疑い。

 警察当局によると、蓮池さん夫妻は北朝鮮の清津港から別々に招待所まで連れて行かれ、出迎えたハン容疑者は日本語で話し掛けたという。キム容疑者は招待所での監視役で、その後、夫妻を平壌まで連れて行った。

 ハン容疑者は平成2年ごろ、対日課の課長となり、補佐役だったキム容疑者も副課長になった。夫妻が帰国した14年ごろも、2人は北朝鮮の夫妻の家の近くに住み顔を合わせていたという。

 県警などは18年2月、夫妻拉致の実行犯としてチェ容疑者の逮捕状を取っていた。

(2007/02/22 18:29)
[PR]
by unkotamezou | 2007-02-22 18:29 | 國防 軍事