ブログトップ
踏切で女性救助の警官、ともに電車にはねられ重傷
踏切で女性救助の警官、ともに電車にはねられ重傷

 6日午後7時半ごろ、東京都板橋区南常盤台の東武東上線ときわ台駅構内の線路上で、池袋発小川町駅行き下り急行電車(10両編成)に男女2人がはねられた。男性は駅近くにある警視庁板橋署常盤台交番勤務の宮本邦彦巡査部長(53)で、線路内に入った女性を保護しようとして事故に遭った。宮本巡査部長は頭を強く打って意識不明の重体、女性も腰の骨を折る重傷を負った。女性は39歳との情報もあり、板橋署で身元確認を急いでいる。

 調べでは、女性はときわ台駅から池袋方面に数メートルのところにある踏切から線路内に入り、ときわ台駅方向に歩いて行った。宮本巡査部長も追いかけて線路内に入り、女性をホーム下の空きスペースに避難させようとしたが、ホームに入ってきた電車にはねられた。

 電車の運転士は「警笛を鳴らし、急ブレーキをかけたが、間に合わなかった」と話している。急行電車はときわ台駅を通過する予定で、事故当時は時速90~100キロ程度で走行していたとみられる。

 2人は約50分後に現場から病院に搬送された。踏切には警報機と遮断機があり、女性が線路内に入る際、遮断機は下りていたという。

 常盤台交番から踏切までは約20メートル。宮本巡査部長は午後7時ごろ、線路内に入った女性をいったん保護。交番まで連れて来たが、逃げ出した女性が再び線路内に入ったため、追いかけ、事故に遭った。

 事故の影響で東上線は池袋~小川町間で上下線が運転を見合わせ、約2時間後の9時半ごろ、運転を再開した。

(2007/02/06 22:28)
[PR]
by unkotamezou | 2007-02-06 22:28 | 事故 災害