ブログトップ
「きく八号」アンテナ展開をすべて完了
技術試験衛星「きく八号」、アンテナ展開をすべて完了

平成十八年十二月二十七日

 今月十八日にH-ⅡAロケット十一号機で打ち上げられた技術試験衛星「きく八号 (ETS-VII) 」は、予定より一日遅れたが、二十六日に大型アンテナの展開をすべて完了した。衛星の状態はすべて正常で、今後は約二週間かけて静止軌道へ向けて軌道調整が行われる。

 十八日に打ち上げられた「きく八号」は、二十五日十七時三十一分から受信アンテナの展開が開始された。しかし、送信用アンテナ上部の保持機構の開放状態の確認に時間がかかり、鏡面展開の予定時間を経過したため、アンテナの展開は一時中止され、受信アンテナのみ展開を終了させた。

 翌二十六日の十八時五十六分には、送信用アンテナの鏡面展開を行うコマンドが沖縄局から実施され、その後、衛星からのテレメトリデータと搭載カメラの画像から、アンテナが正常に展開したことが確認された。これでアンテナ展開のすべてが完了した。

 二十七日の午前四時十四分、「きく八号」は姿勢制御を定常モードへ移行し、すべて正常な状態であることが確認されている。今後は、クリティカルフェーズを終了し、初期機能確認フェイズへ移行する。初期機能確認フェイズでは、現在のドリフト軌道から静止軌道(東経約百四十六度)へ向けて軌道の調整が約二週間かけて行われる。また、三か月半にわたり、「きく八号」の共同開発期間である情報通信研究機構 (NICT) と日本電信電話株式会社 (NTT) と協力して搭載機器などの確認が行われることになっている。
[PR]
by unkotamezou | 2006-12-27 00:58 | 自然 科學 技術