ブログトップ
H2Aロケット十一号機打ち上げ 最重量の技術試験衛星搭載
H2Aロケット11号機打ち上げ 最重量の技術試験衛星搭載

2006-12-18 17:04

 宇宙航空研究開発機構は18日午後3時32分、日本の衛星としては最大の技術試験衛星「きく8号」を搭載したH2Aロケット11号機を、種子島宇宙センター(鹿児島県南種子町)から打ち上げた。

 ロケットは打ち上げ約30分後に衛星を予定の軌道に投入、成功した。H2Aの成功は、7号機から5回連続で、今年は年間4機の打ち上げに成功した。

 きく8号は重さ約5・8トンと、これまで打ち上げた衛星の中で最も重い。このため11号機は、通常は2本の固体補助ロケットを4本同時に装着して、打ち上げ時の推進力を高めた初めての形式だった。

 第1段ロケットの機体やエンジンの強度を上げる改良を加えたほか、地上設備にも打ち上げ時の音響を抑える対策を講じた。

 きく8号は、日本を見渡す赤道上空の高度約3万6000キロの静止軌道に投入され、地上から携帯電話大の機器で直接、衛星との通信を可能にする技術の実証をめざす。広げると縦17メートル、横19メートルのテニスコート大になる巨大なアンテナ2つを持ち、1週間後にアンテナを展開する。

 実験には独立行政法人情報通信研究機構やNTTも参加、衛星にかかわる開発費は約522億円、ロケットは約119億円。
[PR]
by unkotamezou | 2006-12-18 17:04 | 自然 科學 技術