ブログトップ
坂道もスイスイ 村田製作所、自転車型ロボット新モデル
坂道もスイスイ 村田製作所、自転車型ロボット新モデル

 村田製作所は26日、独自に開発した自転車型ロボット「ムラタセイサク君」に、坂道やS字平均台を走行できる機能を追加した新モデルを報道陣に公開した。

 身長約50センチのムラタ君は大出力の充電池を搭載したことで「瞬発力がアップした」という。傾斜角度が25度、幅が2センチの坂道を上り、バランスを取りながら静止。センサーで姿勢を制御する機能も向上させ、幅が10センチのS字カーブを脱輪せずに走りきった。携帯電話を使って直進などの遠隔操作もできるという。

 同社は平成2年に、初代自転車型ロボットを開発。昨年、15年ぶりに改良モデルを発表した。今回のモデルは、10月3日から千葉県の幕張メッセで開かれる情報技術機器の展示会「シーテックジャパン2006」でお披露目する。

 同社は「当社の技術がを集めて実現したことを広く知ってもらいたい。子どもたちの科学への関心を高められれば」と話しており、工場がある富山、石川など各県の小、中学校に出向き実演するという。

(09/27 02:46)
[PR]
by unkotamezou | 2006-09-27 02:46 | 自然 科學 技術