ブログトップ
紀子さまと悠仁さま、元気にご退院 宮邸に戻られる
紀子さまと悠仁さま、元気にご退院 宮邸に戻られる

 東京都港区の愛育病院に入院していた秋篠宮妃紀子さま(40)と、長男の悠仁(ひさひと)さまは15日午後、退院し、病院まで迎えに来た秋篠宮さま(40)とご一緒に、東京・元赤坂の秋篠宮邸に戻られた。誕生10日目の悠仁さまが公に姿を見せられるのは初めてで、病院周辺や沿道では多くの人々から祝福の声があがった。

 午後0時25分、悠仁さまを抱いた紀子さまが、秋篠宮さまと病院正面玄関に姿を見せられた。主治医の中林正雄院長をはじめ、見送りに出た医師や看護師らに丁寧におじぎをし、笑顔であいさつされた。報道陣から声をかけられると、「(悠仁さまは)まだ寝ています」と宮さまが答えられ、紀子さまは白いおくるみに包まれた悠仁さまを報道陣にご披露。車の後部座席のチャイルドシートに乗せ、集まった近隣住民らの歓声の中、病院を後にされた。

 沿道でも、「悠仁さま~」「紀子さまおめでとうございま~す」との声がさかんにかけられ、紀子さまは窓を開けたまま笑顔で応えられた。

 宮邸では、学習院女子中等科3年の長女、眞子さま(14)と学習院初等科6年の二女、佳子さま(11)の帰宅を待ち、ご一家5人で退院を祝われる。紀子さまは術後の経過も良好で、悠仁さまもお元気という。

 悠仁さまのお名前は来週、一般の戸籍にあたる「皇統譜」に正式に登録される。誕生50日目以降には、お宮参りに当たる「賢所(かしこどころ)皇霊殿神殿に謁(えっ)するの儀」が、120日目ごろには、お食い初めに当たる「箸(はし)初めの儀」が行われる。

 紀子さまは「一緒に退院の日を迎えることができたことをうれしく思います」との感想を明らかにされ、宮さまは「心を寄せてくださった多くの方々に感謝申し上げます」と愛育病院関係者らをねぎらわれた。

(09/15 12:49)
[PR]
by unkotamezou | 2006-09-15 12:49 | 皇室