ブログトップ
新宮さま、紀子さまと同じ部屋へ 十日前後で退院予定
新宮さま、紀子さまと同じ部屋へ 10日前後で退院予定

 皇室として41年ぶりとなる親王ご誕生から一夜明けた7日朝、新宮さまは愛育病院(東京都港区)の新生児室のベッドから秋篠宮妃紀子さま(39)と同じ部屋に移られた。退院まで母子でともに過ごされる。宮内庁によると、新宮さまは元気な泣き声を上げられており、紀子さまもお元気という。

 経過が順調なら、紀子さまは10日前後で新宮さまと一緒に退院される。退院後のお世話をするため、宮内庁は同日、20代の女性看護師1人を職員として採用する人事を発表した。

 新宮さまのお世話には、この看護師に加え、愛育病院などから2人の看護師が派遣されて当たる見通し。交代で赤坂御用地内にある秋篠宮邸に詰め、体調管理などを行う。新宮さまのご成長に合わせ、将来は保育士の資格を持つ職員の採用も検討する。

 宮邸では、2階の予備室を専用の子供部屋として改装。転落防止のさくや専用のベッドを設置するなどして男の子が退院した後のスペースを確保している。近くには簡易キッチンも設けて育児の準備を整え、ご退院の日を待っている。

 新宮さまの皇族費は、9月から年額305万円を月割りして支出される。

(09/07 12:19)
[PR]
by unkotamezou | 2006-09-07 12:19 | 皇室