ブログトップ
「すこぶる健やか」 術後の経過も順調 医師団ら会見
「すこぶる健やか」 術後の経過も順調 医師団ら会見

 金沢一郎・皇室医務主管と主治医で手術を執刀した愛育病院の中林正雄院長が6日午前、記者会見した主な一問一答は次の通り。

 金沢氏 午前8時27分に親王さまがご誕生された。ご体重は2558グラム、ご身長48・8センチ。すこぶる健やかで、妃殿下におかれても予想外の出来事はなく、術後の経過も順調。手術後、数日間はできるだけお静かに過ごされることを希望する。

――母子の健康状態や経過は。

 中林氏 40週より少し早いが、親王さまは大変お元気です。妃殿下には「これで手術は終わりです」と申し上げると「大変ありがとうございました」とお元気にお答えいただいた。順調に回復過程にある。

――秋篠宮さまらのご様子は。

 金沢氏 「男の子です」と言ったのですが分かっていらっしゃらなかったのかどうか、淡々と「ありがとう」とおっしゃられた。平静心を失われない方だなと。妃殿下は出て来られたときに「ご苦労さまでした」との問い掛けに、「帰ってまいりました」とおっしゃられました。

(09/06 15:12)
[PR]
by unkotamezou | 2006-09-06 15:12 | 皇室