ブログトップ
紀子さま、きょうご出産
紀子さま、きょうご出産

 ご出産準備のため東京都港区の愛育病院に入院されている秋篠宮妃紀子さま(39)は6日午前、帝王切開により出産される。秋篠宮家の第3子で天皇、皇后両陛下にとっては4人目の孫となる。皇族のご誕生は男児の場合、秋篠宮さま以来、41年ぶり。皇位継承順位は皇太子さま、秋篠宮さまに次ぐ第3位になる。女児ならば皇太子さまの長女、愛子さま以来、5年ぶり。帝王切開によるご出産は皇室では初めて。

 両陛下は5日、札幌市で開催される国際顕微鏡学会議ご出席のため、9日までの日程で北海道を訪問された。両陛下は吉報を旅先でお待ちになる。

 宮内庁によると、紀子さまのご体調の急変などの危険を回避するため、正常出産の目安となる妊娠37週目となる6日が選択された。中林正雄院長が執刀し、手術は1時間ほどで終わる予定。ご体調が回復すれば、ご出産後、10日ほどで退院される。

 紀子さまは、前置胎盤の場合に起きやすい大量出血の予防とご出産準備のため、8月16日からご入院。個室で安静に過ごされている。

 部屋はナースステーションの近くにあり、緊急時に備えて万全の準備態勢が取られている。

 秋篠宮さまは連日のように、長女の眞子さま、二女の佳子さまはほぼ毎日、お見舞いに訪れられている。紀子さまはとてもお元気で、ベッドの上で音楽を聴いたり、読書などをしながら静かに過ごされている。食事も普通に取られており、胎児の発育は順調という。

 秋篠宮家は平成2年、宮さまと紀子さまのご結婚に伴い創設された。紀子さまは平成3年に眞子さま、6年に佳子さまを出産されており、12年ぶりのご出産となる。

 愛育病院では高円宮妃久子さまが出産されるなどしているが、天皇ご一家が民間病院で出産されるのは初めてという。

(09/06 06:37)
[PR]
by unkotamezou | 2006-09-06 06:37 | 皇室