ブログトップ
麻生氏、集団的自衛権で解釈変更を主張
麻生氏、集団的自衛権で解釈変更を主張

 麻生太郎外相は27日のNHKやフジテレビの番組で、集団的自衛権に関し「あるのに使えないという憲法解釈をしている。できるように解釈を変えた方がより現実的だ」と重ねて解釈変更を主張、同時に憲法改正について「自民党結党以来の党是であり、自主憲法は制定すべきだ」と述べた。

 小泉純一郎首相の靖国神社参拝で途絶えている日中首脳会談については「中国との間では外相や経産相は会談しているので、誰が(首相に)なっても胡錦濤国家主席と会談することは十分可能だ」との見通しを示した。

 消費税率引き上げでは「法人税の伸び、高齢者比率、政府の歳出削減などが見えた段階で考えても遅くない」と述べた。

(08/27 13:14)
[PR]
by unkotamezou | 2006-08-27 13:14 | 國防 軍事