ブログトップ
自動ブレーキで衝突回避 トヨタ、世界初の新安全技術
自動ブレーキで衝突回避 トヨタ、世界初の新安全技術

≪カメラとレーダーで瞬時に歩行者認識≫

 トヨタ自動車は25日、レーダーと映像で歩行者を認知し、自動的にブレーキを作動させて衝突の回避を支援する世界初の新安全技術を発表し、「富士スピードウェイ」(静岡県小山町)で報道陣に公開した。9月に発売を予定するレクサスブランドの最高級車種「LS460」(「セルシオ」後継車)に搭載する。トヨタは同装備を他の車種にも順次投入する方針で、安全性能の向上を加速させる。

 衝突回避支援の新技術は、トヨタとデンソー、NECエレクトロニクス、NECが共同開発した。自動車の前部に取り付けたカメラとレーダーが、視野に入った歩行者や道路の白線などを瞬時に認識し、コンピューターで画像を高速処理して対象物の位置を把握。警報音とシートベルトの締め付けを強くすることで運転者に注意を喚起し、それでも車が減速されなければ、ブレーキを作動させて衝突時のショックを軽減する仕組み。

 現在主流の衝突回避装置は、レーダーで電波を飛ばして障害物との距離を測るが、車や大きな障害物の検知には優れても、歩行者の認識は弱かった。新システムは、撮影対象との距離を測定できる特殊なカメラとレーダーの併用で、歩行者の認識を可能にした。

 特に、システムの中核をなす新開発の車載用画像認識LSI(大規模集積回路)「IMAPCAR」は、処理速度が従来品の約5倍で、毎秒10億回の演算能力で1秒あたり30コマの動画を認識できるという。

 LS460にはまた、後方車両が接近すると、自動的にハザードランプを点灯させたり、座席のヘッドレストを移動させて衝撃に備えたりする新システムも導入。超音波センサーによる自動駐車や、高速道路の渋滞時などに前方の車にあわせて自動的に加減速するシステムも、既存の性能を向上させて導入する。

 トヨタはこれらの新安全技術を「全車に採用すべき技術」(岡本一雄副社長)としているが、コストアップの側面もあり、当面は高価格車種から導入する見通しだ。

 同日記者会見した渡辺捷昭社長は、「交通事故死傷者ゼロの実現に向け、事故を起こさない車をとことん追求していく」と述べた。

(08/26 08:15)
[PR]
by unkotamezou | 2006-08-26 08:15 | 自然 科學 技術