ブログトップ
伊勢神宮で秋篠宮さまらが「お木曳」ご視察
伊勢神宮で秋篠宮さまらが「お木曳」ご視察

 秋篠宮さまと長女の眞子さまが30日、三重県伊勢市を訪れ、伊勢神宮の式年遷宮の御用材を神宮に運び入れる行事「お木曳(きひき)」を視察し、一部で参加もされた。

 この日は内宮(ないくう)を流れる五十鈴川で、御用材を載せたそりを引いてさかのぼる「川曳(かわびき)」が行われ、約4900人が参加して、6つのそりを引いた。

 秋篠宮さまと眞子さまは、色とりどりの法被を身に着けた地元住民らが「エンヤ、エンヤ」と勇ましく引く様子を川岸から視察。その後、川から上げられ、内宮の神苑に運ばれたそりを、自らも白い法被姿になって住民らと一緒に笑顔で数十メートル引くなど、伝統行事を楽しんだ様子だった。

 視察に先立ち2人は、伊勢神宮の外宮(げくう)と内宮をそれぞれ参拝した。

 お木曳は、20年ごとに社殿などを建て替える式年遷宮の行事の1つで、2年にわたって実施され、今年は同日で終了。来年も5月から7月にかけて行われる。

(07/30 18:15)
[PR]
by unkotamezou | 2006-07-30 18:15 | 皇室