ブログトップ
紀子さま「前置胎盤」 帝王切開の必要も
紀子さま「前置胎盤」 帝王切開の必要も

 宮内庁の金沢一郎・皇室医務主管は18日、記者会見し、ご懐妊中の秋篠宮妃紀子さまが、胎盤の位置がずれて出血の恐れがある「前置(ぜんち)胎盤」の状態であると発表した。ご出産時は帝王切開が必要としており、9月末の出産予定が同月初旬から中旬に早まる可能性が高い。胎児の発育は順調という。

 金沢医務主管や主治医の中林正雄・愛育病院院長によると、超音波検査の結果、胎盤が子宮口の一部にかかる「部分前置胎盤」と診断された。現在妊娠8カ月ですぐにご入院の必要はないが、大量出血が起きる危険があることから安静が必要という。

 予兆的な出血や頻繁な腹部の張りの症状が出た場合、投薬治療などのため入院されることになる。現在のところ軽度のお疲れはみられるものの、出血や痛みなどの症状は出ていない。

 前置胎盤は、妊婦の200-500人に1人の割合でみられる症状。超音波検査が普及する以前は母体の生命の危険が10%にのぼったが、現在は早期に診断が可能となったことから0.2%程度。

 天皇、皇后両陛下は前置胎盤が以前は危険性が高かったことを知っていたため大変驚かれたが、詳しい説明を受けて安心されたという。

 秋篠宮さまと紀子さまは冷静に説明を受け、秋篠宮さまは出血の可能性などを尋ねた後、「医師団を信頼していますのでよろしくお願いします」と話され、紀子さまは「できるだけ安静にします」と話されたという。

 ご公務に影響することなどから、秋篠宮さまと紀子さまの「隠し立てすることはない」とのご意向で発表された。

【用語解説】前置胎盤

 通常は子宮の上部にある胎盤が下にずれ、赤ちゃんの通り道となる子宮口を覆ってしまう状態。主に子宮口の全部をふさいでしまう「全前置胎盤」と、部分的にふさぐ「部分前置胎盤」がある。妊娠中の超音波検査で診断できる。

 妊娠の後半に痛みもなく突然出血し、大量出血すると母子の生命にかかわる危険もあるが、近年は医療の進歩により的確に対応できるようになったという。帝王切開で出産するケースが多い。何回も出産を経験した女性ほど、前置胎盤の状態が出やすいという。

07/18 15:36
[PR]
by unkotamezou | 2006-07-18 15:36 | 皇室