ブログトップ
麻生外相「発射なら制裁も」政府、テポドン警戒を継続
麻生外相「発射なら制裁も」 政府、テポドン警戒を継続

 政府は18日、北朝鮮が進めているとされる長距離弾道ミサイル「テポドン2号」の発射実験準備に関し、同日中の発射の可能性もあるとみて、米国などと連携して情報収集、警戒態勢の強化を継続した。

 これに関連し麻生太郎外相は18日午前のフジテレビ番組で「法律的な措置を取れる制度(整備)は終わっている。それを発動するようなことが出てくる」と述べ、北朝鮮が発射した場合は、特定船舶入港禁止特別措置法や改正外為法などによる経済制裁発動も辞さない考えを表明した。

 同時に「打たれる可能性があるとの前提で考えないと、後から慌てる」と述べ、政府として発射された場合を想定して対応策を検討する考えを示した。

 また北朝鮮のミサイルは精度が低いと指摘した上で「(日本に落下すれば)攻撃とみなされる。国内に落ちる可能性もゼロではない」と述べた。

 麻生氏は、北朝鮮がミサイル発射凍結を2003年以降も延長することを確認した日朝平壌宣言について「(発射なら)違反する。いろいろな反応が出てくる」と述べ、国際的圧力が強まることを強調しながら北朝鮮をけん制した。

06/18 11:28
[PR]
by unkotamezou | 2006-06-18 11:28 | 國防 軍事