ブログトップ
インドネシアへ巡視船艇三隻を無償供与 政府閣議決定
インドネシアへ巡視船艇3隻を無償供与 政府閣議決定

≪ODAでは初≫

 政府は13日午前の閣議で、マラッカ海峡でのテロや海賊対策のためにインドネシアに対し、巡視船艇3隻を政府開発援助(ODA)で無償供与することを決定した。ODAでの外国への武器供与は初めて。

 これを受けて安倍晋三官房長官は「武器輸出三原則との関係についての談話」を発表した。この中で安倍氏は「国際社会が取り組んでいる海賊行為の防止に積極的に協力していくことは日本の国益にかなう」と指摘。「巡視船艇がODAの対象のテロ、海賊行為などの取り締まり、防止に限定して使用されることと、巡視船艇を日本政府の事前同意なく第三者に移転しないこと」を条件とすることで、武器輸出三原則が担保されると強調した。

 巡視船艇は防弾用に装甲が強化されているため軍用船舶とみなされる。平成16年12月の官房長官談話でテロや海賊対策の場合には「個別に検討する」とし、武器輸出三原則の例外扱いにすることが可能になっていた。

06/13 11:10
[PR]
by unkotamezou | 2006-06-13 11:10 | 國防 軍事