ブログトップ
EEZ内なら中止要求 海保、韓国の竹島調査で
EEZ内なら中止要求 海保、韓国の竹島調査で

 海上保安庁の石橋幹夫警備救難部長は7日午前の衆院外務委員会で、韓国政府が7月に予定している竹島周辺での「海流調査」について、日本主張の排他的経済水域(EEZ)内で行われた場合、巡視船を出動させるなどして調査活動の中止を求める方針を示した。

 石橋氏は「当該船舶の調査活動を確認した場合には、巡視船などにより厳重に中止要求を行うなど所要の措置を講ずるとともに外交ルートにより申し入れを行う」と述べた。

 また塩崎恭久外務副大臣は、12日から約6年ぶりに再開される日韓両国のEEZ境界線画定交渉に関して、4月に日本の海洋調査計画をめぐり両国が対立したような事態を避けるため「(両国で)ルールができればいいと思っている。その方向で進めるように指示している」と述べた。

 自民党の新藤義孝氏への答弁。

06/07 14:59
[PR]
by unkotamezou | 2006-06-07 14:59 | 國防 軍事