ブログトップ
韓国が竹島に不在者投票所、日本政府が抗議
韓国が竹島に不在者投票所、日本政府が抗議

 麻生外相は31日の衆院外務委員会で、韓国が不法占拠している竹島に統一地方選挙のための不在者投票所を設置したことについて、「日本の領有権を侵害する行為だ」として韓国に抗議したことを明らかにした。

 外務省によると、ソウルの日本大使館が5月23日、口頭で韓国外交通商省に抗議した。

 韓国の統一地方選挙は31日に投開票された。竹島に不在者投票所が設置されたのは初めて。

 韓国側は「独島(竹島の韓国での呼称)は慶尚北道鬱陵郡に属する」と主張している。25、26両日、ヘリポートに野外投票所を設けて不在者投票を実施した。同島に住んでいる民間人の夫婦、警備隊員ら計55人が投票したという。

 麻生外相は委員会で、「領有権にかかわるこれまでの日本の立場から、容認できるものではない」と強調した。

 竹島を巡っては、4月に日本が周辺海域で海洋調査を計画。韓国側が拿捕(だほ)も辞さない姿勢を示して緊張が高まり、両国の外務次官協議で結論を先送りした。

2006年5月31日20時14分
[PR]
by unkotamezou | 2006-05-31 20:14 | 國防 軍事