ブログトップ
麻生外相 露外相にG8で拉致の主要議題化要請
拉致の主要議題化要請/麻生氏、ロ外相検討姿勢

 【ドーハ23日共同】麻生太郎外相は23日午後(日本時間同日夜)、カタール・ドーハ市内のホテルでロシアのラブロフ外相と会談した。麻生氏は7月中旬にロシアで初開催される主要国(G8)首脳会議(サンクトペテルブルク・サミット)で、北朝鮮による拉致問題を主要議題とするよう要請。ラブロフ氏は「議長国としてしっかり対応したい」と述べ、検討する意向を示した。

 麻生氏は「核、ミサイルならびに、拉致問題を含む北朝鮮の人権問題を取り上げることが極めて重要。サミットで力強いメッセージを出す必要がある」と強調。

 イラン核問題についても「G8外相、首脳会議できちんと議論し、国際社会が一致して毅然(きぜん)とした対応をすることが必要」と述べ、サミットで解決へ向けた協議を行うべきだと主張した。

2006/05/24 00:29
[PR]
by unkotamezou | 2006-05-24 00:29 | 國防 軍事