ブログトップ
「二プラス二」で麻生、額賀氏 支那の「軍拡路線」牽制
「2プラス2」で麻生、額賀氏 中国の「軍拡路線」牽制

 【ワシントン=大谷次郎】麻生太郎外相、額賀福志郎防衛庁長官は1日午前(日本時間1日深夜)、外務・防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会(2プラス2)の席で、中国の軍備拡大路線について「軍事力の近代化に関する一層の透明性が重要だ」とそろって牽制(けんせい)した。ラムズフェルド国防長官も「国防総省として(中国に)透明性の拡大を求めてたい」と応じた。

 麻生氏は1日午後(同2日未明)、ホワイトハウスにチェイニー副大統領を表敬訪問し、東アジア情勢や日米関係の強化に向けた取り組みなどについて意見交換した。また、北朝鮮による拉致被害者の横田めぐみさんの母、早紀江さんらが4月28日にブッシュ米大統領と面会したことを受け、米政府、議会の関係者に謝意を表明した。

05/02 09:05
[PR]
by unkotamezou | 2006-05-02 09:05 | 國防 軍事