ブログトップ
「飛鳥美人」の顔に黒い染み 肩にも、急がれる対策
「飛鳥美人」の顔に黒い染み 肩にも、急がれる対策

 国宝壁画を修復・保存するため、石室解体が決まった奈良県明日香村の高松塚古墳(特別史跡、7世紀末―8世紀初め)で、「飛鳥美人」と称される西壁の女性像の顔に黒い染みができていることが9日、文化庁などの調査で分かった。

 高松塚壁画は劣化が明らかになり、数カ所にカビが見つかっているが、顔など中心部に汚れを確認したのは初めて。肩にも染みがあった。カビの可能性が高く、あらためて修復・保存の緊急性が裏付けられた形だ。

 奈良市で開かれた「国宝高松塚古墳壁画恒久保存対策検討会」(座長・渡辺明義元文化財研究所理事長)で報告した。

 文化庁によると、2日の定期点検で撮影した写真を精査。目元にほくろのような黒い染みがあると気付いた。過去の写真も調べ、昨年9月ごろ既にあったと分かった。

 同じ女性像の肩に縦2センチ、横3センチの黒い染みがあるのも判明した。2004年に発行した写真集で、わずかに黒ずんでいたが、さらに濃くなり拡大したらしい

 高松塚はカビ対策の緊急処置として冷却パイプを設置。昨年9月から、石室内部の温度を下げている。一時は壁画上に大量発生したゲル状の細菌やカビがほとんどなくなり、全体的に落ち着いた状況になっているという。

02/09 20:18
[PR]
by unkotamezou | 2006-02-09 20:18 | 歴史 傳統 文化