ブログトップ
北方領土の日 氷の“架け橋”
北方領土の日 氷の“架け橋”

 北方領土の日の七日、知床半島周辺のオホーツク海沿岸に押し寄せた流氷の一部は根室海峡に流れ出し、北方領土の国後島に接岸していた。

 海上保安庁千歳航空基地のYS-11A「おじろ」から望んだ海峡は、真っ白に埋め尽くされ、国後島は北海道につながったように見えた。この日の流氷は、北海道斜里町から知床半島、国後島に接岸。斜里町から北の紋別市方面は、沿岸の海水が凍っており、流氷本体は海岸から十キロ近く沖合を漂っている。
[PR]
by unkotamezou | 2006-02-08 05:00 | 國防 軍事