ブログトップ
お人柄にじむ五十三首 皇后さま和歌集、仏で近く初出版
お人柄にじむ53首 皇后さま和歌集、仏で近く初出版

 皇后さまの和歌集「瀬音」が、一月下旬にもフランスで翻訳出版される。歌会始や内外へのご旅行など折々のお歌から、五十三首を選んでフランス語訳と原文を収録し、注釈も加えた本格的な歌集で、仏語への翻訳は初めてだ。俳句に比べてフランス社会でなじみの薄い和歌の調べとポエジー(詩情)を紹介するとともに、お歌を通じて日本の皇室への理解も促すものとなりそうだ。(パリ 山口昌子)

 「皇后さまの作品は日本の精神性と深遠な個人的経験の出合い、つまり神聖と、自然と言い換えてもよい創造の結合です」。お歌の魅力をこう語るのは、「瀬音」を出版するシグナチュラ社のアニエス・タピエ・ドセレーラン社主だ。

 皇后さまの作品の仏語訳は、ご講演録「橋をかける-子供時代の読書の思い出」が仏誌「カイエ・デュ・ジャポン」の九九年春季号に掲載されただけで、単行本の出版はフランスで初めてだ。社主の三十年来の友人で、アンドレ・マルローの研究で知られる竹本忠雄・筑波大学名誉教授から皇后さまのお歌を紹介され、一年をかけて準備に奔走。翻訳を竹本氏、仏語監修を「日本待望論」などの作品をもつ作家オリヴィエ・ジェルマントマ氏に依頼して出版にこぎつけた。

 「フランスでは俳句は知られており、作る人もいますが、和歌は少数の人にしか知られていません。皇后さまのお歌を通して、フランス人は和歌という日本の芸術を知るでしょう」とドセレーラン氏。とくに感動したのは、皇后さまの母としての思いや福祉へのご関心がにじむお歌だという。

 あづかれる宝にも似てあるときは吾子(わこ)ながらかひな畏(おそ)れつつ抱(いだ)く(昭和三十五年「浩宮誕生」)

 めしひつつ住む人多きこの園に風運びこよ木の香(か)花の香(平成三年「多摩全生園を訪ふ」)

 仏語監修のジェルマントマ氏は、「かねての日本文化への賛歌の念が一段と強くなった。卑俗になり下がった世の中に対して、人間よ、もっと謙虚になれと教えていただいた」と語る。

 翻訳で苦労したのは仏語の響きや微妙な感覚だという。一首だけ収録された長歌にある「如月」も、古語の語感を伝えるため「二番目の月」と訳した。長歌は特別に詩人のフランチェスカ・Y・カルーチ氏が、十二音節の韻文であるアレクサンドラン様式で翻訳した。

 収録されたお歌は、「瀬音」の原書から選んだ四十七首に別の六首を加えて編集した。五十三首としたのは、「フランスでは広重の東海道五十三次が有名で親しみやすいため」という。仏語訳の「WAKA」がフランスにどんな社会的、文学的影響を与えるか。関係者は楽しみにしている。
[PR]
by unkotamezou | 2006-01-04 05:00 | 皇室