ブログトップ
防衛庁、「省」昇格へ 自民、次期国会成立目指す
防衛庁、「省」昇格へ 自民、次期国会成立目指す

 自民党は二十二日、防衛庁を省に昇格させるための「防衛省設置法案」などの関連法案を、来年の通常国会に政府法案として提出し、成立を目指すことを決めた。同日午前、党本部で開かれた党行政改革推進本部(衛藤征士郎本部長)の総会で満場一致で了承された。

 衛藤本部長は総会で「平成十三年の中央省庁再編で防衛庁が残念ながら省に昇格できなかった。行革推進本部として省庁再編の問題に取り組まないといけない」と強調。「公明党とも十分な調整を行い、野党の協力も十分いただいて、必ず政府提出法案として次の通常国会に成立を期するよう、あらゆる努力をしたい」と「防衛省」実現への決意を表明した。

 これについて、安倍晋三官房長官は同日午前の記者会見で「防衛庁の省昇格は従来、自民党内でもあった議論だ。党でその方向が決まった重みを政府も受け止めないといけない」と述べ、与党内での協議を経て政府・与党で前向きに対応する考えを示した。

 法案提出について、同本部幹部は「すでに党幹部だけでなく、首相官邸サイドの同意を得ている話だ」と語ったほか、これまで提出に難色を示していた公明党も「反対はしていない」として、法案成立に強い自信を示した。
[PR]
by unkotamezou | 2005-11-22 15:00 | 國防 軍事