ブログトップ
両陛下、あすサイパンご訪問
両陛下、あすサイパンご訪問

 天皇、皇后両陛下は、先の大戦で激戦地となった米自治領サイパン島を、慰霊のために二十七日から一泊二日の予定で訪問される。戦後六十年の節目で、両陛下の強い思いから実現した。通常、両陛下の外国訪問は友好親善を主な目的としており、今回はきわめて異例。

 サイパン島は第一次大戦後、日本の委任統治領となった。

 沖縄から多くの人が移住、主に製糖業に携わり、栄えた。しかし、大戦勃発(ぼっぱつ)後、米軍は日本本土に対する攻撃の拠点とするため、昭和十九年六月十五日、同島に上陸。激しい戦闘の末、日本軍は玉砕した。米側は七月九日に占領を宣言。犠牲者は日本側が軍人、民間人合わせて約五万五千人、米側も近くのテニアン島を含めて約五千人、現地人約九百人とされている。

 両陛下は二十七日夕、サイパン入りされる。二十八日午前、日本政府が島北端に建てた中部太平洋戦没者の碑、民間人らが多数自決したスーサイドクリフ、バンザイクリフと呼ばれる崖(がけ)、アメリカ慰霊公園をご訪問。高齢者施設に立ち寄り、同日夜帰国される。

 両陛下は戦後五十年にあたる平成七年には国内で広島、長崎、沖縄、東京を訪れる「慰霊の旅」をされている。
[PR]
by unkotamezou | 2005-06-26 05:00 | 皇室