ブログトップ
防衛庁内で亡国のイージス試写会「等身大の隊員の姿」に感動
防衛庁内で亡国のイージス試写会 「等身大の隊員の姿」に感動

 7月30日に公開される映画「亡国のイージス」(日本ヘラルド映画、産経新聞社などが製作協力)の試写会が17日、防衛庁で行われ、職員や幹部自衛官らが観賞した。「亡国のイージス」の製作には防衛庁、海上自衛隊、航空自衛隊が全面協力しイージス艦やF2支援戦闘機、現職自衛官も画面に登場するだけに、防衛庁での試写会には多数が詰めかけた。

 試写に先立って出演者を代表し、イージス艦「いそかぜ」の一等海士を演じた俳優、勝地涼さんが「体験入隊などしてとても勉強になり、映画に役立った」とあいさつ。試写を見た海上幕僚副長の荒川尭一海将は、「亡国のイージスという題名の持つ意味が大変重い映画だった。等身大の隊員の姿を映し出していただいたと思う」と感想を述べた。

06/18 08:32
[PR]
by unkotamezou | 2005-06-18 08:32 | 國防 軍事