ブログトップ
皇室典範有識者会議「女帝」専門家見解割れる
皇室典範有識者会議 「女帝」専門家見解割れる 次回から委員本格討議

 安定的な皇位継承のあり方などを議論する政府の「皇室典範に関する有識者会議」(座長・吉川弘之元東大総長)は8日、都内で第7回会合を開き、前回に続き日本近代史などの学識経験者から意見聴取を行った。これにより有識者会議は1月の発足時以来続けてきた「勉強会」を終了。30日の次回会合で、委員同士の本格的な議論をスタートする。

 八日の会合では、焦点の女性・女系天皇を容認するかについて、神道古典・祭祀(さいし)に詳しい高森明勅・拓殖大客員教授と、日本法制史専門の所功・京都産業大教授が、女性天皇の容認を主張した。

 高森氏は「女系も皇統に含まれ得る」として皇位継承資格の制約緩和を主張した上で、「直系優先で兄弟姉妹間では男子優先がいい」との見解を提示。所氏は「可能な限り男系男子による継承の維持に努めるべきだが、男系女子皇族の即位も、女系継承も制度的に可能性を開いておく必要がある」と指摘した。

 日本近代史専門の鈴木正幸・神戸大副学長は女性天皇容認の是非には触れず、「次世代と価値観を共有できるものでなければならない」と述べるにとどめた。宗教学者の山折哲雄・国際日本文化研究センター名誉教授は「男系であろうと女系であろうと構わない」と述べた。

 二度にわたる計八人の専門家からの意見聴取の結果、二人が現行の男系男子維持の優先、三人が女性天皇容認を主張。残る三人は、立場を明らかにしなかった。専門家らの見解は真っ向から対立しており、有識者会議の今後の意見集約も難航が予想される。

 今年一月に発足した有識者会議は、三十日の会合からようやく本格討議に入るが、まだ「勉強を終えたばかりのメンバーがどういう意見を持っているのかわからない」(政府関係者)状態だ。

 一方、政府は今秋までに有識者の報告を得たい考えだが、「問題の重要さなどから、場合によっては報告が年末、あるいは来年にずれ込む可能性もあるのではないか」(別の関係者)との見通しも浮上している。



≪鈴木正幸・神戸大副学長≫

■次世代と価値観共有

 天皇、皇室は社会秩序を理想的に体現し、(変わり行く)社会に適応しながら、国民にあるべき姿を示してきた。現在、皇室の伝統ということがいわれているが、伝統は後の時代に選択されて取り入れられたものだ。今日、(皇位継承に関して)新しい伝統を作ろうということになれば、次世代と価値観を共有できるものであらねばならない。今回の皇室典範改正には、皇位継承に関しては家督相続という側面もある。皇族の方々の意見を何らかの形で配慮する必要がある。



≪高森明勅・拓殖大客員教授≫

■兄弟姉妹は男子優先

 現皇室典範では、皇位継承資格が歴史上、例をみない窮屈なものとなっている。危機を打開するには、女性・女系天皇を認めるべきだ。旧宮家の皇籍復帰により皇族の数を確保するという提案があるが、仮に旧宮家の復帰が実現しても、男子限定を解除しないと早晩、行き詰まる。問題の先延ばしに過ぎない。また、皇位継承順位については直系を優先し、兄弟姉妹間では男子を優先するのがよい。天皇という立場で行う公務は、生理的、肉体的条件から男子の方が望ましいと考える。



≪所功・京都産業大教授≫

■可能な限り男系男子

 皇位が千数百年以上にわたり男系の皇族により継承されてきた史実は重いが、女系継承も制度的に可能性を開いておく必要がある。可能な限り男系男子皇族による継承の維持に努めながら、同時に女系継承を認め、継承順位は「男子先行」とするのがよい。女性天皇の結婚相手は、皇室に十分なじむ方が望ましい。皇族減を食い止めるため、女性皇族が結婚後も宮家を立て皇族にとどまるようにすべきだ。女性天皇や女性宮家に、旧宮家の男子孫が入り婿することも期待したい。



≪山折哲雄・国際日本文化研究センター名誉教授≫

■男系女系こだわらぬ

 象徴天皇は、日本の歴史が平安時代と江戸時代に長期にわたって平和な時代を築いた上で、最も重要な役割を果たした。象徴天皇の歴史的背景、性格などが担保されるのであれば、皇位継承者は男系であろうと女系であろうと構わない。皇位継承の場合、血統の原理と(天皇が神格を得る)他国にはない即位後の大(だい)嘗祭(じようさい)によって、天皇にカリスマ性が備わることが特徴だ。カリスマ原理が欠けると象徴天皇の維持はできない。また、象徴家族と近代家族とのあり方の検討が必要となる。
[PR]
by unkotamezou | 2005-06-09 05:00 | 皇室