ブログトップ
女性天皇に四氏が賛否 皇室典範に関する有識者会議
女性天皇に4氏が賛否…皇室典範に関する有識者会議

 「皇室典範に関する有識者会議」(小泉首相の私的諮問機関、吉川弘之座長)は31日、第6回会議を都内で開き、国学院大の大原康男教授、静岡福祉大の高橋紘教授、高崎経済大の八木秀次・助教授、流通経済大の横田耕一教授の4人から意見を聞いた。女性天皇については賛否両論が出た。

 大原氏は「男系主義の歴史的重みは大きい」と指摘し、八木氏も「過去にも皇統断絶の危機はあったが、皇統が女系に移ることは厳しく排除した」と語るなど、女性天皇について慎重論を展開した。両氏は、現在は認められていない皇族の養子制度の導入や、旧皇族の皇籍復帰などにより、男系による皇位継承を維持すべきだと主張した。

 これに対し、高橋氏は「象徴天皇にふさわしい皇位継承を考えるべきだ。天皇や皇太子に子供が生まれた瞬間から、男女に関係なく、『将来の天皇はこの方だ』と思える親近感が大事だ」と述べ、女性天皇を認めたうえで、男女を問わず出生順で皇位継承順位を決める「長子優先案」を唱えた。

 横田氏は「いずれの方策をとっても、天皇制の存続は難しい問題をはらんでいる」と語った。同会議は次回の8日も、別の識者4人に意見を聞く予定だ。

2005年5月31日22時23分 読売新聞
[PR]
by unkotamezou | 2005-05-31 22:23 | 皇室