ブログトップ
日本海海戦百周年、東郷元帥曾孫も出席し式典
日本海海戦100周年、東郷元帥ひ孫も出席し式典

日露戦争の日本海海戦から100周年、海上慰霊祭で献花し御神酒を海に注ぐ関係者たち=読売ヘリから 日露戦争の日本海海戦100周年記念式典が27日、神奈川県横須賀市の記念艦「三笠」前で開かれ、国内外の関係者約1000人が参加した。

 1905年(明治38年)5月27日から28日にかけて展開された海戦で、戦艦「三笠」を旗鑑とする日本の連合艦隊が、ロシアのバルチック艦隊を破り、日本に勝利をもたらした。

 式典には、連合艦隊を率いた東郷平八郎元帥のひ孫らも出席。両国の国歌吹奏、黙とうなどに続き、記念大会名誉会長の中曽根康弘・元首相があいさつ。戦没者の冥福(めいふく)を祈り、両国の友好を誓った。



 旧日本海軍の連合艦隊がロシアのバルチック艦隊を破った日露戦争の日本海海戦から100周年を迎えた27日、日露両国の戦没者約5000人を追悼する海上慰霊祭が長崎県・対馬沖で営まれた。

 関係者約350人が乗ったフェリーや海上自衛隊の掃海艇、地元漁船など約80隻が参加、現場海域で菊や供物を海に投げ入れ、戦没者の冥福を祈った。

2005年5月27日13時27分 読売新聞
[PR]
by unkotamezou | 2005-05-27 13:27 | 國防 軍事