ブログトップ
将棋アマ強豪・瀬川さん、プロ入りへ嘆願書
連盟“次の一手”は? 将棋アマ強豪・瀬川さん、プロ入りへ嘆願書

門戸開放…年齢制限の壁

 将棋界で今、一番注目を集めているのが、プロ公式戦で七割を超える勝率を誇るアマ強豪の瀬川晶司さん(35)だ。連盟の規定による年齢制限でプロをいったんはあきらめた経緯がある瀬川さんが、プロ入りを求めて日本将棋連盟(中原誠会長)に嘆願書を提出したからだ。「アマからプロになる道があってもいいんじゃないか」。そう問いかける、トップクラスの実力を持った「遅咲きの大器」に、門戸は開放されるのか。連盟側の“一手”はいかに-。(藤田昌俊)

 瀬川さんは中学3年で連盟のプロ棋士養成機関である奨励会入り。同年代の羽生善治四冠(王位・王座・棋王・王将)から2年遅れの入会で、二段時代の郷田真隆九段と対局したことも。結局、三段まで上がったが、連盟の規定で定められた26歳までにプロと認められる四段に昇格できず退会、サラリーマンとして第二の人生をスタートさせた。

 社会人となって一時は将棋から離れたが、思いは断ち難く、再び将棋盤に向かうようになり、アマチュアの大会に参加。アマ名人戦やアマ王将戦に優勝するなど頭角を現した。アマ名人戦優勝者は棋王戦、アマ王将戦優勝・準優勝者はテレビ棋戦の銀河戦に参加できるため、プロ棋士と対局することに。

 いざ対局してみると、アレヨアレヨと白星を重ね、ここまで24戦17勝7敗、勝率は7割8厘。倒した相手はA級棋士の久保利明八段や、大内延介九段らもいる。持ち時間25分での銀河戦での快進撃ではあるが、勝率を見ても通算7割以上は羽生四冠ら数人しかおらず、プロでも“トップクラス”の実力だ。

 しかし、現行制度でプロになるには、奨励会三段リーグの難関を26歳までに勝ち抜いていくしかなく、プロには年間4人しかなれない。

 26歳を超えてからプロより強くなっても、“敗者復活”などの制度がない現状に、瀬川さんは「プロは本来、実力世界。アマからプロになる道があってもいいのでは」と決心。連盟側に制度の再考を迫ったのだ。

 連盟などによると、戦前には、花村元司さんが奨励会を経ずプロ五段になった例はある。しかし戦後になってからは例はなく、対応を迫られた連盟側も理事会が中心となって、“受け”の手を模索している段階。試験対局を経て順位戦C級2組やフリークラスへの編入などの案があがっているという。

 5月26日に開かれる年一度の棋士総会で、プロ棋士全員の投票によって「瀬川問題」に決着がつけられる。



■「道開拓が私の役割」

--嘆願書を提出したいきさつから

 「勤め先でも『そんなに強いのにプロになれないの』といわれます。一度だめと烙印(らくいん)を押されるとだめなのが将棋界ですが、それが正しいのかわからない。一般の意見も聞いて判断してもらいたくて」

--プロと対局してどんな印象ですか

 「昨年、バリバリのA級棋士(久保利明八段)に勝ったのは自信になりました」

--仮の話ですが、三段(四段からがプロ)から勝ち抜いてこいという判断を下されたら

 「三段は無給なのできつい。私が願うのはあくまでもプロ。当初は少ない収入でもいいから、プロとして指したい」

--三段なら辞退?

 「やむを得ません。しかし、三段からでもやるという人が出るかもしれません。アマからプロへの道を切り開くのも私の役割だと思っています」

--プロになれたら何をしたいですか

 「アマとプロが手をとりあい、垣根をこえて普及を図りたい。(奨励会時代に対局したことがない同世代の)羽生(善治四冠)さんとプロとしてやってみたいですね」



■3番勝負で是非判断を
 作家の安部譲二さんの話「人間には早稲(わせ)と晩生(おくて)がおり、瀬川さんのような晩生の青年を見ていると胸が詰まる。しかし、日本将棋連盟にも格式やプライドがあるだろう。そこで提案がある。連盟は瀬川さんに対して三番勝負を用意し、瀬川さんが勝ち越せばそのままプロとして受け入れ、たとえ負け越しても、中原誠会長が実力を判断して、受け入れの是非を判断する。そうすれば、瀬川さんも納得できるだろうし、将棋ファンも喜ぶ。解決の妙手はこれしかない」



■奨励会制度

 日本将棋連盟のプロ棋士養成機関。19歳以下で試験に合格すれば入会できる。連盟の研修会から仮入会を経て正式入会する方法もある。四段以上がプロ棋士となるが、満23歳までに初段、満26歳までに四段にならなければ退会しなければならない規定がある。プロには、順位戦を戦うA級(名人含めて11人)▽B級1組(13人)▽B級2組(23人)▽C級1組(29人)▽C級2組(45人)と、順位戦を指さないフリークラスの棋士31人がいる。

04/20 12:57
[PR]
by unkotamezou | 2005-04-20 12:57 | 歴史 傳統 文化