ブログトップ
両陛下が神馬をご覧に

 天皇皇后両陛下は24日皇居内にある宮内庁車馬課主馬班の厩舎で伊勢神宮の神馬(しんめ)になる予定の国春号をご覧になった。両陛下は人参をあげ笑顔で顔をなでられていた。

 宮内庁によると神馬は神様が乗る馬とされ伊勢神宮の内宮外宮に2頭ずつおり死亡すると皇室から新たな馬が贈られている。昨年11月に内宮の1頭が死亡したことを受け乗馬などに使われていた国春号を陛下がお買いあげになり6月以降に伊勢神宮に贈ることが決まった。

 国春号は21歳のせん馬(去勢馬)で宮内庁の御料牧場生まれ。26日に御料牧場に移されて訓練を開始するため両陛下がご覧になることになったという。

平成二十二年三月二十四日午後三時四十四分

両陛下が神馬をご覧に

日本の病巣
世界の病巣

露西亞平原 本日モ侵略止マス
支那大陸 本日モ反省ノ色無シ
朝鮮半島 本日モ波高シ
[PR]
by unkotamezou | 2010-03-24 15:44 | 皇室