ブログトップ
はやぶさ快挙 微粒子は小惑星イトカワの物質と確認

 今年6月に帰還した小惑星探査機はやぶさが小惑星イトカワから持ち帰ったカプセル内部で確認された微粒子について宇宙航空研究開発機構は16日ほぼ全部がイトカワ由来の物質と判断したと発表した。地球から約3億キロ離れた小惑星イトカワで地表物質を捕らえたことになり人類が月より遠い天体から地表物質の回収に成功したのは初めて。太陽系の起源解明につながる貴重な試料ではやぶさ計画は最大の目的を達成した。

 はやぶさは平成17年11月イトカワに2回着陸した。装置の不具合などで計画通りの試料採取は1度もできなかったが着陸時の衝撃で舞い上がった砂ぼこりなどをカプセルに収めていたと考えられる。

 宇宙航空研究開発機構は回収したカプセルを開封し約1500個の微粒子を確認していた。ほとんどが大きさが100分の1ミリ以下で今月上旬からは電子顕微鏡を使って1粒ずつ組成分析を実施。その結果微粒子の大半はカンラン石と輝石でどの粒も鉄とマグネシウムの割合(組成比)が地球の物質とは大きく異なることが判明した。

 さらにはやぶさによるイトカワ地表の分光観測データなどが微粒子の分析結果とほぼ一致した。宇宙航空研究開発機構ははやぶさチーム以外の専門家をまじえて検討を重ね微粒子のほぼすべてが地球外物質でイトカワに由来すると判断した。

 宇宙航空研究開発機構はこれまで電子顕微鏡による組成分析ではイトカワ由来と判断するのは難しいとしてより詳細な分析を経て結論を出す方針だった。上野宗孝宇宙航空研究開発機構ミッション機器系副グループ長は12個だけでは組成比から由来を断定できない。だが大量の微粒子がそろってイトカワ由来の傾向を示したので科学的にも間違いない。簡易分析でこれほどはっきりした結果が出るとは予想していなかったと話した。

 今回の微粒子は2回目の着陸で用いた試料保管容器で見つかった。宇宙航空研究開発機構は今後1回目の着陸で用いた試料保管容器も開封し来年1月以降にはより詳細な分析を行う。

 小惑星の岩石は太陽系初期の状態が保存されていると考えられる。イトカワの微粒子により太陽系の起源や惑星進化の解明に向けた研究の大きな進展が期待される。

平成二十二年十一月十六日午前九時二十七分

はやぶさ快挙 微粒子は小惑星イトカワの物質と確認
[PR]
by unkotamezou | 2010-11-16 09:27 | 自然 科學 技術